高校(大学受験)英語が難しく感じる原因

中学生の時は英語が得意だったのに高校になったら英語ができなくなったという人が多くいるはずです。特にトップレベル校にギリギリで合格してしまった人や中堅校の人はそのように感じることが多いと思います。

高校英語を難しく感じる原因をしっかりと把握することで、やってもやっても成績が伸びないイライラと不安を軽減させることができるはずです。

当たり前のことしか書いていませんが、英語が苦手だと思っている人は読んでください。

難しく感じる2つの原因

原因を大きく分けると次の2つです。

  • 覚えることが多い
  • 文のつながりを把握するのが難しい

英語が苦手だと感じている人のは「そんなことわかっている」と思はずです。しかし、高校英語を難しいと感じるのはこの2つ以外ないです。

「高校英語が難しい」と感じている人はこの2つがどういうことなのかをしっかりと理解してください。「難しい」と感じる原因を知ることができれば、大学受験までに自分が何をすべきなのかが見えてくるはずです。

難関大学を目指している人も「英語は難しい」と思っている人が多くいると思いますが、それは「英検2級程度なら余裕で合格できるけれど、早稲田・慶応の英語になると全く…」「京大の英語など一生できないよ…」という次元での“英語が難しい”です。高校1年生が中学英語と高校英語の違いに戸惑い“英語が難しい”と感じるのとは全く異なります。

参考:高校英語は覚える量が多い
参考:文の構造把握する

 

具体的な文法の勉強法は?

「じゃあ、具体的にどうやって文法を勉強をすればいいのかを教えてもらいたい」と思った人もいるはずです。

残念ですが「英文法が分からないから誰かに教えてもらわなければならない」と考えている時点で高校英語はできるようにならないです。

なぜならば、上述の通り高校英語は1回教えてもらっただけで理解できるようにはならないからです。

高校英語は繰り返し勉強をして初めて理解ができるようになります。「参考書は分からないから教えてもらいたい」と思う気持ちは分かりますが、参考書を読んで理解ができなければ人から教えてもらっても理解できるようになりません。

人から教えてもらっても「その時はなんとなくわかったような気がするけど、テストになると分からない」状態になるだけです。

結局は自分で参考書を何度も読んで理解していくしかないのです。

悪循環

一度に大量のことを覚えさせられると、消化不良になってすべてが中途半端になってしまいます。消化不良の勉強を続けていると勉強をしているのに「何をやっても分からない」という感じにさせます。勉強をしても成績が伸びていることを実感できないと「あ~、もう無理。勉強をしても意味がない」と勉強をしなくなる可能性すらでてきます。

勉強をしなくなると高校英語がさらに分からなくなり、最終的にはどうしようもない状況になります。

この悪循環を絶対に避けなければなりません。

悪循環を避けるために、自分が覚えられる量を超えて勉強ができないということを知ってください。他の人が1日10のことを覚えられるからと言って自分も10のことを覚えられるとは限りません。2・3のことしか覚えられないこともあります。

学校で大量に宿題を出されたとしても、それをすべて消化するのが無理だと思ったら半分でもいいので覚えてください。すべてをやると中途半端になりますが、半分にすれば理解・暗記ができる可能性があります。

自分の許容範囲を超えて無理に全部を覚えようとしてはいけません。中途半端な10の知識よりも、理解・暗記ができている5の知識のほうが点数につながります。

学校の授業進度が早すぎる場合は自分のペースに合わせた計画を自分で作るのもいいでしょう。たとえ学校のテストで点数が取れなかったとしても、最終的に志望大学に合格すればいいのです。学校の順位など気にしていても意味がありません。

1回で分かるわけがない

文法同様、読解がすぐにできるようになるわけがありません。当然、読解に必要な品詞・文型の理解は1ヵ月や2ヵ月くらいで理解できるものではありません。文型を意識しながら繰り返し英文を読むことで初めて理解できるようになります。

始めは、動詞・名詞・形容詞・副詞の4つ品詞をしっかりと見分けられるようにしてください。

品詞が見分けられるようになったら、中学生で出てくるような短い文で5文型の判断ができるようになってください。中学生の文なら1ヵ月もあれば分かるようになるはずです。

それらができるようになれば、高校レベルの英文で5文型を意識した精読をしてください。もちろん文法の理解ができていなければ高校レベルの英文は読めません。英検準2級に合格ができない実力の人は文型を意識する前に準2級に合格できるくらいの文法力を身につけてください。

高校英語は少し勉強をしただけで簡単に問題が解けるようになっていた中学英語とは違います。

「英語ができる」と思えるようになるために必要な知識量が多いです。中途半端な暗記だけしかしていなければ「どれだけ勉強をしても全くできない」という状態が続きます。

中学と同じ勉強量では話にならないということを忘れずに勉強を続けてください。

参考:高校基礎英語のどこが基礎なんだよ