第1学区の偏差値・実質倍率

目次

  • このページについて
  • 第1学区について
  • 京都
  • 育徳館
  • 青豊
  • 築上西

 このページについて

福岡県第1学区の2017(平成29年)3月公立高校入試について「本年度」「昨年度」「入試データ」の順で書いています。

本年度:実質倍率から本年度の入試が難しいかどうかを書いています。中間発表の後に志望先を変更するのに役立ちます。基本的に志望先は変更すべきではないと思いますが、どうしても公立高校に合格しなければならない人は参考にしてください。

昨年度:昨年度の実質倍率を出し、本年度入試が昨年度よりも合格しやすいかしにくいかの判断に利用します。

入試データ:過去数年の入試データをもとに合格最低点・最低限必要な内申点・私立併願先などを書いています。

 中間発表及び確定がされるまでは一部「-」になっています。

北九州地区のその他の公立高校の情報を知りたい人、通知表・内申点の仕組みについて知りたい人は下のページを見てください。

北九州地区の公立高校偏差値一覧
2017年3月入試解答|福岡県公立高校入試情報
通知表・内申点の仕組み

第1学区について

第1学区は年により倍率の変動が起こりやすいです。倍率が1倍以下になった翌年は1倍を超え、逆に1倍を超えた翌年は1倍以下になったりします。

また、入学定員のわりに志願先を変更する人が多いです。昨年度1倍を下回ったから今年も下回ると思い志望先を決めたのにふたを開けてみるといきなり倍率が上がったので変更をするという人が多いのでしょう。

どうしても公立高校に合格しなければならない人は中間発表で必ず倍率を確認しましょう。

京都

  • 入学定員  :280人
  • 合格内定  :52人
  • 一般合格枠 :228人
  • 一般受験者 :264人
  • 一般倍率  :1.16倍
  • 昨年実質倍率:1.11倍
  • 難易度   :ほぼ同じ

本年度

推薦入学の合格者枠は40人程度とされていました。実際に合格したのは75人中52人(1.44倍)です。

280人の定員から内定者の52人を引いた228人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が325人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.20倍(228/273)です。数字上は45人が不合格になります。

変更で受験者数が9人減り受験者数が316人になりました。昨年度より実質倍率が0.05倍増えました。

 

昨年度

定員280人に対し、志願者数305人(変更前318人)。名目倍率1.09倍、内定者(45人)を除いた実質倍率は1.11倍でした。

一昨年度は名目倍率が1.15倍でした。

入試データ

偏差値47以上あればほとんどの人が合格をしています。

70台で合格する人もいれば40台後半で合格する人もいます。

合格者の2割が60以上、7割が50台、1割が40台になることが多いです。

55以上あればほぼ確実に合格できているようです。

合格者の内申点にも幅があります。多くが30台後半なのですが30あればテストである程度点数を取れれば普通に合格できているようです。

倍率は1倍~1.2倍に納まることがほとんどです。

倍率が低いのでこのような状況になっていますが倍率によって状況は変わるので注意してください。

2014年に定員を40名減らし、募集定員が280名になりました。さらに40人減れば推薦入試でしか偏差値40台では合格できなくなるはずです。

育徳館

  • 入学定員  :200人
  • 合格内定  :130人
  • 一般合格枠 :70人
  • 一般受験者 :34人
  • 一般倍率  :0.49倍
  • 昨年実質倍率:0.81倍
  • 難易度   :同じ

本年度

推薦入学の合格者枠は28人程度とされていました。実際に合格したのは28人中28人(1.00倍)です。

200人の定員から内定者の28人を引いた172人が一般入試の合格予定人数です。中間発表では中学生でそのまま進級する生徒を含めた130人が合格内定者になっていたので70人が一般合格枠です。

中間発表で受験者数が155人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた0.36倍(70/25)です。数字上は0人が不合格になります。

昨年度は初回受験合格者数が187人だったの13人の補充募集が行われました。おそらく本年度は50人近い補充募集がされるはずです。

変更で受験者数が9人増え受験者数が164人になりました。昨年度より実質倍率が0.32倍減りました。

中間発表前に書いた内容

育徳館高校は中高一貫校です。中学からエスカレーターで進学してくる生徒が110人前後はいるはずなので実際は140人くらいが内定しています。

仮にエスカレーターで進学してきても倍率が1倍を超えることはほとんどないので、実際はよほどのことがない限り不合格になることはないです。

昨年度

定員200人に対し、志願者数188人(変更前179人)。名目倍率0.94倍、内定者(138人)を除いた実質倍率は0.81倍でした。

一昨年度は名目倍率が0.97倍でした。

入試データ

ほぼ全入状態なので偏差値はつけられません。

中高一貫高校で合格内定者の数が多いですが、高校から受験する人が少ないので受験者のほとんどが合格しています。

ただし、進学後のことを考えたらある程度の実力がなければ育徳館を勧められません。できれば偏差値55以上の実力であることが望ましいです。

⇒ 中堅校受験対策

青豊

  • 入学定員  :320人
  • 合格内定  :166人
  • 一般合格枠 :154人
  • 一般受験者 :187人
  • 一般倍率  :1.21倍
  • 昨年実質倍率:1.20倍
  • 難易度   :ほぼ同じ

本年度

推薦入学の合格者枠は128人程度とされていました。実際に合格したのは212人中166人(1.28倍)です。

320人の定員から内定者の128人を引いた154人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が346人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.17倍(153/179)です。数字上は26人が不合格になります。

※ 推薦合格で内定者166人とされていましたが、中間発表では167人に増えていました。

変更で受験者数が8人増え受験者数が354人になりました。昨年度より実質倍率が0.01倍増えました。

昨年度

定員320人に対し、志願者数347人(変更前352人)。名目倍率1.08倍、内定者(185人)を除いた実質倍率は1.20倍でした。

一昨年度は名目倍率が0.93倍でした。

入試データ

偏差値30台でも普通に合格しています。これは倍率が低いことと推薦入試で100人以上を合格させていることが原因だと思います。

一般入試で受ける場合、倍率が1倍前後なら特に勉強をしなくてもかなりの確率で合格できると思います。

築上西

  • 入学定員  :160人
  • 合格内定  :42人
  • 一般合格枠 :118人
  • 一般受験者 :110人
  • 一般倍率  :0.93倍
  • 昨年実質倍率:0.80倍
  • 難易度   :同じ

本年度

推薦入学の合格者枠は36人程度とされていました。実際に合格したのは42人中42人(1.00倍)です。

160人の定員から内定者の42人を引いた118人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が152人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた0.93倍(118/110)です。数字上は0人が不合格になります。

昨年度の初回受験合格者数は122人だったので38人の追加募集が行われました。本年度は40人ほど追加募集されるはずです。

変更後も受験者数に変わりはありませんでした。昨年度同様、実質倍率が1倍を下回りました。

昨年度

定員160人に対し、志願者数136人(変更前120人)。名目倍率0.85倍、内定者(39人)を除いた実質倍率は0.80倍でした。

一昨年度は名目倍率が1.27倍でした。

入試データ

偏差値が39以上あればほぼ確実に合格できるようです。

このレベルになると偏差値がどうのこうの考えるより1科目でも2科目でもいから好きな科目を30点以上取れるように頑張ってください。そうすれば合格できます。

合格者の内申点は半数がが20台前半です。10台でも合格している人が普通にいます。

公立高校受験準備
北九州地区の公立高校偏差値一覧

関連記事

高校入試

  1. 塾を利用して地域トップレベル(偏差値60後半以上)の公立高校を目指している中学3年生、且つ、合格圏内...
  2. このページでは福岡県の各科目の対策を書いています。
  3. 過去問を解かずに本番に臨むのはダメです。入試直前期になってから過去問を解き始めるのは少し遅いです。

大学入試

  1. スタディサプリって月額980円でものすごく安いから信用できないのでは?そういう相談を生徒からされたこ...
  2. 偏差値30台・40台から早稲田、半年で早稲田、3ヶ月で早稲田などで良く検索されることがあります。

お勧め

  1. 移動しました。
  2. 中学生は単純暗記をすることが先決です。
  3. 勉強が好きではないけれど、やらなくてはいけないとわかっている子は勉強をします。

大学

  1. 久留米大学の受験情報・対策などをまとめたページです。
  2. 福岡工業大学の受験情報・対策などをまとめたページです。
  3. 九州産業大学を受験する人が知っておきたいであろう情報をまとめています。定期的に更新をします。