第2学区の偏差値・実質倍率

目次

  • このページについて
  • 小倉
  • 戸畑
  • 小倉西
  • 小倉南
  • 門司学園
  • 小倉東
  • 北九州
  • 北九州市立
  • 門司大翔館

このページについて

福岡県第2学区の2017(平成29年)3月公立高校入試について「本年度」「昨年度」「入試データ」の順で書いています。

本年度:実質倍率から本年度の入試が難しいかどうかを書いています。中間発表の後に志望先を変更するのに役立ちます。基本的に志望先は変更すべきではないと思いますが、どうしても公立高校に合格しなければならない人は参考にしてください。

昨年度:昨年度の実質倍率を出し、本年度入試が昨年度よりも合格しやすいかしにくいかの判断に利用します。

入試データ:過去数年の入試データをもとに合格最低点・最低限必要な内申点・私立併願先などを書いています。

 中間発表及び確定がされるまでは一部「-」になっています。

北九州地区のその他の公立高校の情報を知りたい人、通知表・内申点の仕組みについて知りたい人は下のページを見てください。

北九州地区の公立高校偏差値一覧
2017年3月入試解答|福岡県公立高校入試情報
通知表・内申点の仕組み

小倉

  • 入学定員  :320人
  • 合格内定  :32人
  • 一般合格枠 :288人
  • 一般受験者 :380人
  • 一般倍率  :1.32倍
  • 昨年実質倍率:1.40倍
  • 難易度   :若干易しい

本年度

推薦入学の合格者枠は32人程度とされていました。実際に合格したのは55人中32人(1.72倍)です。

320人の定員から内定者の32人を引いた288人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が413人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.32倍(288/381)です。数字上は93人が不合格になります。

変更で受験者数が1人減り受験者数が412人になりました。昨年度より実質倍率が0.08倍減りました。

昨年度

定員320人に対し、志願者数434人(変更前438人)。名目倍率1.36倍、内定者(32人)を除いた実質倍率は1.40倍でした。

入試データ

偏差値65以上だった人の合格率は90%前後になっています。

61~64の間だと合格率が50%前後になっています。

62以下で受験した人だけを見ると25%前後になります。

57~59の人は2%程度しか合格ができていないです。

これらを考えると偏差値63が受験するかワンランク下げるかの目安になると思います。

合格者の大半が内申点40以上です。

偏差値65、内申が36・37でも合格している人がいる一方、偏差値65、内申が44・45でも不合格になっている人がいます。

これらを考えると、内申点はそこまで重視されていない学校だと思われます。

私立併願先はほとんどが九州国際大学付属高校です。

倍率は1.4倍前後になることが多いです。

トップ校受験対策

戸畑

  • 入学定員  :240人
  • 合格内定  :52人
  • 一般合格枠 :188人
  • 一般受験者 :263人
  • 一般倍率  :1.40倍
  • 昨年実質倍率:1.51倍
  • 難易度   :若干易しい

本年度

推薦入学の合格者枠は40人程度とされていました。実際に合格したのは69人中52人(1.33倍)です。

240人の定員から内定者の52人を引いた188人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が316人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.40倍(188/264)です。数字上は76人が不合格になります。

変更で受験者数が1人減り受験者数が315人になりました。昨年度より実質倍率が0.11倍減りました。

昨年度

定員240人に対し、志願者数335人(変更前332人)。名目倍率1.40倍、内定者(52人)を除いた実質倍率は1.51倍でした。

入試データ

偏差値が57以上の人だけを見ると合格率が80%前後になります。

56以下だけに注目すると60%前後に下がります。

49~52で合格している人もいますがおそらく推薦です。

内申点は合格者の多くが36以上です。偏差値が60を超えている人は内申が33でも合格している人が複数います。

これらを考えると偏差値57以上、内申36以上が受験の目安になると思います。

私立の併願先はほとんどが九州国際大学付属高校です。

倍率は1.3倍前後になることが多いです。

小倉西

  • 入学定員  :240人
  • 合格内定  :60人
  • 一般合格枠 :180人
  • 一般受験者 :254人
  • 一般倍率  :1.41倍
  • 昨年実質倍率:1.48倍
  • 難易度   :若干易しい

本年度

定員が200名から240名に増加

推薦入学の合格者枠は48人程度とされていました。実際に合格したのは63人中60人(1.05倍)です。

240人の定員から内定者の60人を引いた180人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が316人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.42倍(180/256)です。数字上は76人が不合格になります。

変更で受験者数が2人減り受験者数が314人になりました。昨年度より実質倍率が0.07倍減りました。

昨年度

定員200人に対し、志願者数273人(変更前274人)。名目倍率1.37倍、内定者(48人)を除いた実質倍率は1.48倍でした。

入試データ

偏差値61以上であれば不合格になる可能性がほぼゼロです。

59以上の人だけを見ると、合格率は95%前後になります。

55~58の人だけを見ると70%前後が合格しているみたいです。

54以下の人だけを見ると、合格率は50%前後になります。

40台で合格している人も1~2%いますが、おそらく推薦入試で合格をしていると思われます。

合格者の大半が内申手36以上ですが、33でも合格している人が普通に見られます。

これらを考えると偏差値55、内申点33以上が受験するかどうかの目安になると思います。

私立併願は九州国際大学付属高校が多いですが、東筑紫学園を受験している人も一定数います。

倍率は1.4倍前後になることが多いです。

倍率が1.6倍になったら偏差値55で合格するのはかなり難しくなると思います。

小倉南

  • 入学定員  :240人
  • 合格内定  :78人
  • 一般合格枠 :162人
  • 一般受験者 :222人
  • 一般倍率  :1.37倍
  • 昨年実質倍率:1.86倍
  • 難易度   :かなり易しい

本年度

推薦入学の合格者枠は60人程度とされていました。実際に合格したのは91人中77人(1.18倍)です。

240人の定員から内定者の77人を引いた163人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が297人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.35倍(162/219)です。数字上は57人が不合格になります。

※ 推薦合格発表では77人が合格とされていましたが、中間発表では78人に増えていました。

変更で受験者数が3人増え受験者数が300人になりました。昨年度より実質倍率が0.49 倍減りました。

昨年度

この年(平成28年3月)から英語コースがなくなりました。

定員240人に対し、志願者数379人(変更前384人)。名目倍率1.58倍、内定者(79人)を除いた実質倍率は1.86倍でした。

入試データ

偏差値59以上だと不合格になる可能性はゼロに近いです。

51~58の間だと合格率は60%前後になります。

55~58でも相当数が不合格になっています。

合格者の大半が内申点35以上です。

内申点は31でも合格している人が普通に見られます。

ほとんどいませんが内申点が20台でも合格している人もいます。

これらを考えると、偏差値55、内申点31以上が受験をするかどうかの目安になると思います。

推薦入試で60名以上合格者を出すことがほとんどなので一般入試は見た目以上に合格するのが難しいです。定員が多いからといって安心しないでください。

⇒ 中堅校受験対策

門司学園

  • 入学定員  :160人
  • 合格内定  :119人
  • 一般合格枠 :41人
  • 一般受験者 :12人
  • 一般倍率  :0.29倍
  • 昨年実質倍率:0.36倍
  • 難易度   :同じ

本年度

推薦入学の合格者枠は12人程度とされていました。実際に合格したのは14人中14人(1.00倍)です。

160人の定員から内定者の14人を引いた146人が一般入試の合格予定人数です。中間発表では中学生でそのまま進級する生徒を含めた119人が合格内定者になっていたので41人が一般合格枠です。

中間発表で受験者数が131人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた0.29倍(41/12)です。数字上は0人が不合格になります。

昨年度は初回受験合格者数が132人だったの28人の補充募集が行われました。おそらく本年度は40人近い補充募集がされるはずです。

変更後も受験者数に変わりはありませんでした。昨年度同様、実質倍率が1倍を下回りました。

中間発表前に書いた内容

ただし、門司学園は中高一貫校なので110人前後がエスカレータで進学します。ですので、実質的に160人中120人くらいが合格内定者になるので一般で合格できるのは40人くらいになります。

昨年度

定員160人に対し、志願者数135人(変更前135人)。名目倍率0.84倍、内定者(121人)を除いた実質倍率は0.36倍でした。

入試データ

受験者の多くは偏差値50以上で、大学合格実績も比較的すごいです。

合格内定者を除いた定員が例年40人くらいになりますが、門司学園に高校から受験する人は例年20人に満たないこともあります。そうなると、実質倍率は1倍を下回ります。よほどのことがない限り不合格になることはないと思います。

ただし、高校で授業を受けられる程度の実力がなければ合格してから辛いだけなので受験する人は注意してください。

小倉東

  • 入学定員  :200人
  • 合格内定  :65人
  • 一般合格枠 :135人
  • 一般受験者 :159人
  • 一般倍率  :1.18倍
  • 昨年実質倍率:1.33倍
  • 難易度   :易しい

本年度

推薦入学の合格者枠は50人程度とされていました。実際に合格したのは70人中65人(1.08倍)です。

200人の定員から内定者の65人を引いた135人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が213人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.10倍(135/148)です。数字上は13人が不合格になります。

変更で受験者数が11人増え受験者数が224人になりました。昨年度より実質倍率が0.15倍減りました。

昨年度

定員200人に対し、志願者数247人(変更前243人)。名目倍率1.24倍、内定者(58人)を除いた実質倍率は1.33倍でした。

入試データ

偏差値47以上だと90%前後の人が合格しています。

46以下の人だけを見ると合格率は15%前後になります。

合格者の多くが内申点28以上です。

偏差値43~46で合格している人は、内申点が31以上あります。

これらを考えると偏差値47以上なら内申点28、46以下になると内申点31は必要になると思います。

倍率は1.1倍~1.3倍です。

北九州

北九州高校は普通科と体育コースを分けて書きます。

普通科

  • 入学定員  :160人
  • 合格内定  :31人
  • 一般合格枠 :129人
  • 一般受験者 :290人
  • 一般倍率  :2.25倍
  • 昨年実質倍率:1.86倍
  • 難易度   :かなり難しい
本年度

推薦入学の合格者枠は24人程度とされていました。実際に合格したのは52人中31人(1.68倍)です。

160人の定員から内定者の31人を引いた129人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が337人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた2.37倍(129/306)です。数字上は177人が不合格になります。

変更で受験者数が16人減り受験者数が321人になりました。昨年度より実質倍率が0.39倍増えました。

昨年度

定員160人に対し、志願者数276人(変更前278人)。名目倍率1.73倍、内定者(25人)を除いた実質倍率は1.86倍でした。

体育コース

  • 入学定員  :40人
  • 合格内定  :35人
  • 一般合格枠 :5人
  • 一般受験者 :11人
  • 一般倍率  :2.20倍
  • 昨年実質倍率:1.00倍
  • 難易度   :難しい
本年度

推薦入学の合格者枠は32人程度とされていました。実際に合格したのは38人中35人(1.09倍)です。

40人の定員から内定者の35人を引いた5人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が43人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.60倍(5/8)です。数字上は3人が不合格になります。

変更で受験者数が3人増え受験者数が46人になりました。昨年度より実質倍率が1.20倍増えました。

昨年度

定員40人に対し、志願者数40人(変更前39人)。名目倍率は1.00倍、内定者(31人)を除いた実質倍率は1.00倍でした。

入試データ

偏差値43以上になると不合格になる人がほとんど見られなくなります。

41以上の人だけを見ると70%前後が合格をしています。

40以下になると極端に合格者数が減ります。

受験者の4割が偏差値30台で受験しています。

合格者の多くが内申点27以上を取っていますが24~26でも合格している人は普通にいるようです。

これらを考えると、偏差値41以上、内申点25以上を受験の目安にしていいかと思います。

倍率は1.7倍前後になることが多いです。

偏差値が低い人がどうしても公立に行きたいという理由で倍率が高くなっているだけなので、偏差値41以上ある人は倍率をそこまで気にする必要は無いと思います。

北九州市立

北九州私立高校は複数のコースがあるので別々に書きます。

普通科

  • 入学定員  :80人
  • 合格内定  :24人
  • 一般合格枠 :56人
  • 一般受験者 :81人
  • 一般倍率  :1.45倍
  • 昨年実質倍率:1.46倍
  • 難易度   :ほぼ同じ
本年度

推薦入学の合格者枠は20人程度とされていました。実際に合格したのは36人中24人(1.50倍)です。

80人の定員から内定者の24人を引いた56人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が105人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.45倍(56/81)です。数字上は25人が不合格になります。

変更後も受験者数に変わりはありませんでした。昨年度より実質倍率が0.01倍減りました。

昨年度

定員80人に対し、志願者数107人(変更前107人)。名目倍率1.34倍、内定者(21人)を除いた実質倍率は1.46倍でした。

情報ビジネス科・ビジネスコース

  • 入学定員  :80人
  • 合格内定  :49人
  • 一般合格枠 :31人
  • 一般受験者 :34人
  • 一般倍率  :1.10倍
  • 昨年実質倍率:1.21倍
  • 難易度   :易しい
本年度

推薦入学の合格者枠は32人程度とされていました。実際に合格したの49人中49人(1.00倍)です。

80人の定員から内定者の49人を引いた31人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が80人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.00倍(31/31)です。数字上は0人が不合格になります。

変更で受験者数が3人増え受験者数が83人になりました。昨年度より実質倍率が0.11倍減りました。

昨年度

定員80人に対し、志願者数87人(変更前86人)。名目倍率は1.09倍、内定者(46人)を除いた実質倍率は1.21倍でした。

情報ビジネス科・情報コース

  • 入学定員  :80人
  • 合格内定  :54人
  • 一般合格枠 :26人
  • 一般受験者 :28人
  • 一般倍率  :1.08倍
  • 昨年実質倍率:1.11倍
  • 難易度   :ほぼ同じ
本年度

推薦入学の合格者枠は32人程度とされていました。実際に合格したの61人中54人(1.13倍)です。

80人の定員から内定者の54人を引いた26人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が81人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.04倍(26/27)です。数字上は1人が不合格になります。

変更で受験者数が1人増え受験者数が82人になりました。昨年度より実質倍率が0.03倍減りました。

昨年度

定員80人に対し、志願者数94人(変更前94人)。名目倍率は1.18倍、内定者(53人)を除いた実質倍率は1.11倍でした。

入試データ

合格者のほぼ全員が偏差値43以上です。

偏差値30台で合格をしている人はほとんどいません。

内申点は30台前半の人が多いですが、20台後半で合格している人もいます。

情報コースはほぼ全員合格しているのでデータがあてになりません。

門司大翔館

  • 入学定員  :200人
  • 合格内定  :78人
  • 一般合格枠 :122人
  • 一般受験者 :167人
  • 一般倍率  :1.37倍
  • 昨年実質倍率:1.71倍
  • 難易度   :かなり易しい

本年度

推薦入学の合格者枠は60人程度とされていました。実際に合格したのは94人中78人(1.21倍)です。

200人の定員から内定者の78人を引いた122人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が243人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.35倍(122/165)です。数字上は43人が不合格になります。

変更で受験者数が2人笛受験者数が245人になりました。昨年度より実質倍率が0.34倍減りました。

昨年度

定員200人に対し、志願者数287人(変更前286人)。名目倍率1.44倍、内定者(78人)を除いた実質倍率は1.71倍でした。

入試データ

偏差値41以上あればほぼ全員合格しています。

36以下になると極端に合格者が減ります。

39以上だと9割以上が合格をしています

内申点は受験者の半数くらいが20台前半です。

これらを考えると偏差値39、内申22以上が受験の目安になります。

倍率は1.2~1.5倍に納まると思います。

公立高校受験準備
北九州地区の公立高校偏差値一覧

関連記事

高校入試

  1. 塾を利用して地域トップレベル(偏差値60後半以上)の公立高校を目指している中学3年生、且つ、合格圏内...
  2. このページでは福岡県の各科目の対策を書いています。
  3. 過去問を解かずに本番に臨むのはダメです。入試直前期になってから過去問を解き始めるのは少し遅いです。

大学入試

  1. スタディサプリって月額980円でものすごく安いから信用できないのでは?そういう相談を生徒からされたこ...
  2. 偏差値30台・40台から早稲田、半年で早稲田、3ヶ月で早稲田などで良く検索されることがあります。

お勧め

  1. 2016.5.25

    塾の選び方
    集団・個別・家庭教師、自分に一番合うスタイルを選んだほうが成績は伸びます。慎重に選びましょう。
  2. 移動しました。
  3. 勉強が好きではないけれど、やらなくてはいけないとわかっている子は勉強をします。

大学

  1. 福岡県内にある看護大学の一覧です。
  2. 西南学院大学を受験する人が知っておきたいであろう情報をまとめています。定期的に更新をします。
  3. 福岡大学を受験する人が知っておきたいであろう情報をまとめています。定期的に更新をします。