運営元・リンク

目次

  • サイト運営元
  • サイト運営の経緯
  • 今後
  • 学習塾レイズについて

※ 緑色のリンクは塾のホームページに移動します。

サイト運営元

2016年12月末に福岡市南区大橋に移転新規開校した学習塾レイズが運営しています。

サイト運営の経緯

福岡受験情報局ステップUPはもともと「福岡県内の塾講師の独り言」という思ったことを適当に書くブログでした。

それまでは「福岡スクールネット」という福岡県の高校入試情報を提供していたサイトがあり、真面目なサイトを作ることなど考えもしていませんでした。しかし、「福岡スクールネット」が突然なくなってしまいました。

これでは塾に通っていない人が福岡県内の高校入試の情報を手にすることが難しくなると思い「福岡受験情報局ステップUP」を運営することにしました。

運営当初は塾の名前を出さず趣味の延長で適当に書いていました。ですので、何を書いているのか分かりにくい部分もあります。少しずつ書き直していますがすべてを書き直せていないので読みにくいものがいくつか残っています。

問い合わせは以下の「入試の教科別及び総合得点開示請求」ページにある問い合わせフォームからお願いします。いただいたメールはいたずらなどでない限り必ず返信をします。返信がない場合は迷惑メールに振り分けられているはずなので確認してください。

※ 知らないアドレスからは受け付けないように設定している場合は設定を解除してください。

入試の教科別及び総合得点開示請求

今後

サイト内の記事数が多くなりすぎるとどこを見ればいいのか分からなくなるので、2017年4月17日以降は福岡県内の受験情報・受験対策だけをこのサイトで書いていくことにしました。

一般的な受験・資格・教育などに関することは別サイトに作っていきます。

受験・資格・教育・発達情報サイト

学習塾レイズについて

「学習塾レイズ 評判」という類の検索がなんどかされました。新規移転開校したばかりなので検索をしたとしても塾に関することはどこにも書かれていないと思います。

そこで、自分の塾について自分で書くのはおかしいと思いましたが、できる限り塾のイメージができるように塾についてここで書くことにしました。

指導者

2017年4月現在、1人で指導をしています。

私の高校時代の偏差値推移

学生講師

学生で塾のサポートをしてくれる人を探しています。

採用条件

授業レベル

補習塾ではないので授業レベルはそれなりに高いです。英語は暗記の要素も多いので授業を受ければどのような実力からでもそれなりに成績は伸びますが、数学はそうもいきません。中学3年の4月に1年生の方程式ができない(移項の仕方が分からない)レベルで入塾されると授業についていくのは難しいです。

やる気があれば入塾はできますが、自分の成績に自信のない人はそれなりの覚悟をもって入塾をしてください。

小学生の授業
中学生の授業
高校生の授業
英検コース

今後の理想

塾の授業を普通に受けてくれれば中学3年の6月に行われる英検3級には合格できる実力にはなりますが、最終的には塾生全員が準2級に合格できる実力になってくれることが理想です。

小学6年生の4月までに入塾をしてもらえば、中学で準2級に合格させることは可能ですが、現時点で小学生が全く集まっていないので理想を現実にするにはまだ時間が必要です。

問い合わせがあっても「生徒はまだいません」という返事を送ると音信不通になることが7度もありました。この状況では小学生が入塾をしてくれる可能性は低いので、今後は小学生の生徒募集に力を入れていこうと思っています。

どれくらい勉強する

小学生は1日10分の勉強習慣をつけることを目標にしています。知識を付けさせるよりも考えさせる授業が多いです。小学生の時は知識を付けるよりも勉強習慣をつけることが大切だという考えです。

中学生は毎日30分くらいの勉強ができるのであれば授業についてこられるはずです。ただし、定期テスト直前1週間は勉強付けになります。

中学3年の夏休みはかなりの勉強量を要求します。2学期以降は1日1時間の勉強では授業についてこられません。

高校生は自分の判断で勉強をしてください。強制的に勉強をさせても大学に合格できるわけがないので、塾が「勉強しなさい」ということは言いません。1日1時間程度の勉強では大学に合格できるわけがないので、中途半端な考えで大学受験を考えている人は初めから入塾しないでください。

雰囲気

ホームページ・ブログを見るとものすごく硬いイメージをされる方もいるみたいですが、全くそんなことはありません。

少なくとも移転前はかなりアットホームな塾でした。今は生徒数が少ないのでどのような雰囲気なのかを伝えることはできませんが、移転前と同じような雰囲気になると思います。

塾をやめる生徒

途中で塾をやめる人、体験後入塾しない人も普通にいます。

  • 2年まではうちで英語・数学を勉強し3年になったら大手塾に移動する生徒
  • 3年の途中で入塾し理科・社会は自分でやると入塾時に伝えているのに「理科・社会が分からない」と言って夏休みを待たずに辞めてしまう生徒
  • まるっきりやる気がないので塾側から辞めさせられる生徒(中3になってからは生徒から辞めると言わない限り、辞めさせません。)
  • 個人経営塾だから厳しくないだろうと思って体験授業に来たのに、授業内容や指示する内容が思った以上に多くて入塾をしない生徒(たいしてきびしくないですが、やる気のない子が体験にきてもほぼ入塾しません)
  • 単に相性が合わなかった生徒

辞めた生徒やその親の中にはレイズ(移転前)のことを最悪な塾だと思っている方もいるはずです。良い塾だと思っているなら辞めるわけがないですから。

全ての人に良いと思われる塾など存在しません。世間でよいといわれている塾が自分には合わないかもしれませんし、最悪と友達に言われていた塾を体験したら自分に合っていているなどは普通に起こると思います。

私は個別指導塾には否定的ですが、個別指導塾を良いという人もたくさんいるはずです。結局は良いかどうかは自分で経験してみないと分からないです。

「嫌なら入らない」が鉄則

レイズでは面談のときに「体験で嫌だと思ったら絶対に入らないでください」と必ず言います。

嫌と思っている塾に入っても絶対に成績は伸びないからです。多くの中学生にとって勉強は面白いものではありません。面白くない勉強を嫌な塾で勉強するなんて地獄です。

成績は伸びるのか

成績が伸びなかった子もいますが、伸びる子のほうが断然多かったです。移転する前までは定期テストで平均以下、フクトで偏差値50以下を取るような生徒が出ることはまず起こり得ませんでした

定期テストでは塾生の半数以上が400点以上をとるこもよくありました。平均点が低い時は400点以上はとれないこともありましたが、塾生全員が平均点より80点以上を取ることも普通にありました。

学習障害

デファクトスタンダード

小学3・4年生には勉強習慣を身につけさせる(興味の幅を広げる基礎を作る)、SSTで周りが在って自分も存在するということをロールプレイで疑似体験

小学5・6年はディスカッションを中心としたアクティブラーニングで勉強意欲を沸かせる。

今を見るのではなく2年後・3年後・中学・高校・大人になってからのことを考えながら勉強をする。