中学生が勉強をする理由

中学生は何のために勉強をしているのでしょうか。「定期テストで高得点を取るため」「志望校に合格するため」。これらがすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。

そのために、面白くもない5教科の勉強を必死になってやります。授業をまじめに受けて、定期テストでよい点数を取って、内申点を上げる努力をします。すべては、「定期テストで高得点を取るため」、「志望校に合格するため」です。

多くの中学生にとって、これら以外に勉強をする理由はないのかもしれません。

目先の目標のためだけに勉強をさせない

私は、最低限の点数を取ることを前提に、定期テストで高得点を取ることなどたいして重要ではないと思っています。

目先の目標のためだけに勉強をさせてはダメです。子供たちは「定期テストで高得点を取る」「志望校に合格する」という、目に見える結果しか目標にすることができません。志望校に合格するよりも重要なことがあるのに、それに気づけません。だからこそ、私たち大人が、志望校に合格するよりも重要なことを、子どもたちに気付かせてあげる必要があるのです。

以下、私が考える中学生が勉強をする理由を書きます。

勉強のやり方を身に付ける

1つ目は「勉強のやり方を身に付ける」ということです。私が、生徒から「福岡県の公立高校の受験に必要な科目は、国語・数学・社会・理科・英語だけど、これらを覚えて何か意味があるの」と聞かれたとします。

私は、それに対して

「知識はないよりあった方がよい。しかし、5教科の知識がなくても社会生活で困ることはほとんどない。だから、5教科の知識をつけることには意味がないかもしれない。しかし、知識は必要ないが、5教科の勉強を通じて勉強のやり方を身に付けることは大切だ。大学入試、就職試験、就職後会社で要求される知識を身に付けること、これらは、フリーターになるという選択肢を取らない限り、避けられないことだ。今、勉強のやり方を身に付けることが、それらのその基盤になる。今、しっかりと勉強のやり方を身に付けることができれば、自分が望む結果を手に入れられる可能性が確実に高まる。将来、自分が望むことを自分の力で手に入れるために、5教科の勉強を通して勉強のやり方を覚えるんだ。」

と言います。

このように、中学生は5教科の知識をつけることではなく、勉強のやり方を身に付けることの方が重要だと私は考えています。

目先の成績だけを見ない

自分の力でやればできるという経験をする

2つ目は「自分の力でやればできるという経験をする」ということです。1から10まですべてを教えれば、分かった気にさせることは可能です。しかし、そうすると、何かを習うとき、常に誰かが教えてくれるという甘えた考えを持ちかねません。

参考書・テキストを利用して独力で簡単に理解ができるものを、わざわざ人から教えてもらう必要はありません。そんなことをしていたら、自分でできるという経験をする機会を中学生から奪ってしまいます。

参考書・テキストを読んで自分で理解するという経験を中学のときにしておけば、その経験をしていない人よりも効率よくいろいろな知識を手に入れられるようになります。だから、大学受験・就職試験のときにも役立ちます。

また、やればできるという経験をすることで、自分から行動を取ることができる人間に育つと私は思っています。だから、受験勉強を通じて「自分の力でやればできる」という経験をすることは重要なんです。

これからの塾の在り方

絶対に勉強をしなければならないの?

「勉強はしなければならない。」と思っている人がほとんどだと思います。でも「なぜ勉強をしなければならないのか」と聞かれたときに、スグに答えを出せる人はほとんどいないはずです。

なぜならば、“勉強をする理由”を考えたことがない人がほとんどだからです。

「学校の成績を良くするため」と思った人がいるのではないでしょうか?では、そう思った人に聞きます。なぜ学校の成績を良くしなければならないのですか。

公立高校に行くためですか。だとしたら、なぜ公立に行かなければならないのですか。学費が安いからですか。周りの目が気になるからですか。

学費が気になるなら、勉強をしなくても倍率が低い公立高校を受験すればいいじゃないですか。周りの目が気になるから勉強をさせるって、勉強は見栄のためにするものなのですか?

学習障害

何が言いたかったのかというと、学習障害の子に無理に勉強をさせないで欲しいということなんです。

学習障害(グレーゾーンも含めて)で暗記が極端に苦手だったり、計算が苦手だったり、図形が苦手だったり、文章を理解するのが苦手だったりする子がいます。

なぜそのような子たちにも5教科すべての勉強をさせなければならないのでしょうか。私は今までに、英語の単語をほとんど暗記できない子を何人か見てきました。工夫をすることで覚えられるようになる子もいますが、そうでない子もいます。

そもそも、極端に英単語を覚えるのが苦手な子に英単語を覚えさせる意味はあるのでしょうか。英単語を覚えて将来なにか役に立つのでしょうか。そんなことに時間を掛けるくらいなら他に時間をかけた方がいいと思うんです。

周りの子ができているのに自分の子ができないと「恥ずかしい」「悔しい」「バカと思われたくない」と親は思うかもしれません。しかし、少し視点を変えてみませんか。

英単語が覚えられなくても、歴史は大人が知らないことまで知っている子もいます。数学がずば抜けてできる子もいます。それで良いと思いませんか。英語ができないだけでバカなのですか?数学ができるならそれで十分じゃないですか。

勉強全般が苦手な子もいます。そうならば、勉強以外で素晴らしい能力をみつけてそれを伸ばせばいいじゃないですか。

学校の勉強ができなければ、悔しいかもしれませんが、恥ずかしくなんかないです。バカでもないです。無理にできない勉強をさせるから、勉強ができないことで「恥ずかしい・バカだ」と思ってしまうのです。勉強に執着していては、子どもに劣等感を味あわせるだけになるかもしれません。

もちろん、子どもに何をさせるかは親が判断することなので、私が言っていることが余計なお世話だということは分かっています。

しかし、学習障害の子が一生懸命努力してできるようになろうという姿を見みると、辛くなってしまうんです。

卒業した教え子に「私バカだから」と泣かれたことがあります。その言葉を聞いて、その子が今までどれだけつらい思いをしてきたのか、どれだけ悩んできていたのか、涙をこらえるのが大変でした。

勉強が全てではありません

子どもが学習障害の可能性が高い場合は、勉強以外のことで「自分はできる」と思えるように、親が導いてあげてください。

関連記事

高校入試

  1. 塾を利用して地域トップレベル(偏差値60後半以上)の公立高校を目指している中学3年生、且つ、合格圏内...
  2. このページでは福岡県の各科目の対策を書いています。
  3. 過去問を解かずに本番に臨むのはダメです。入試直前期になってから過去問を解き始めるのは少し遅いです。

大学入試

  1. スタディサプリって月額980円でものすごく安いから信用できないのでは?そういう相談を生徒からされたこ...
  2. 偏差値30台・40台から早稲田、半年で早稲田、3ヶ月で早稲田などで良く検索されることがあります。

お勧め

  1. 作成途中自分の実力合ったことをする必要がることは分かってもらえたと思います。
  2. 独学で高校・大学受験を考えている人のために市販されている参考書の簡単な紹介をします。
  3. 移動しました。

大学

  1. 福岡大学を受験する人が知っておきたいであろう情報をまとめています。定期的に更新をします。
  2. 九州産業大学を受験する人が知っておきたいであろう情報をまとめています。定期的に更新をします。
  3. 福岡工業大学の受験情報・対策などをまとめたページです。