英語の話題を頻繁に耳にするのでその都度書きたくなる

 

そもそも今の英語教育が失敗しているかどうかなどわからないのだが

仮に英語を利用して何かを学べる子が減る方向に向かっているのだとすれば(英語ができるようというのは英会話ができるようになるとは異なるし、英検3級や2級に合格することでもない。日常会話など英語圏に3か月くらい行けば普通に話せるようになる。一方、英会話教室に通っても英語に興味がなければ、その大半の子が一方通行の会話表現を覚えるだけでコミュニケーションがとれるレベルにはならないはず。なぜか日本は英語コンプレックスを持っている。また、コミュニケーションの重要性ばかりが主張され英文を読むことの重要性が二の次にされている気配がするが、日常会話ができようになることと英語の文献を読んでそれを理解できること、どちらの方が役に立つのか普通に考えればわかるのに分かっていない人が多い。上に書いている通り英会話など必要な状況下に置かれれば3ヶ月もあれば生活に困らない程度の会話くらいならできるようになる。国語で「読解力が…」と嘆く人は多いのになぜ読解力を高めようとする(国語)よりも、使い物にもならない英語を覚えさせようとするのか)

それは

コミュニケーション中心にしたことが大きく影響していると思う

日常会話って基本的に日常的に使っているからできるようになるのであって

教科書読んで会話表現覚えただけではどうにもならない

今の教育だと

英文を読めない会話もできないだけの人を増やすだけ

 

英語教育もそうだが

英会話教室に通わせる弊害の方が多いはずなのに

なぜか流行っている

考えていない人が多すぎるから起こっている現象

 

英語は重要な言語であることは間違いないが

母語も使えないのに英語の表現を暗記して一方向で何かを伝えることが出来るようになって意味があるの?

英会話教室に2年も3年も通っている子は多くいるはずだが

果たしてい英語を利用して意思疎通ができる子はどれだけいるのだろうか?

 

小学校の時は英語など学ぶよりも絶対に国語

 

後は基本的な計算

 

計算ができない、計算スピードが遅い

 

そんな状況では高校どころか中学レベルの数学ですらできないから。

 

国語と計算

 

小学生の時はこれを重視すべき(公文は好きではないが英会話教室に通わせるくらいなら公文に通ったほうが100倍ましだと思う)。

 

というのが私の考えです。

 

英会話表現を覚えて何か意味あるのか?覚えた会話表現は一方通行のものでしかなくほぼ使い物にならないですよ。

本人が英語を学びたいという場合を除き英会話塾に通わせるのは本当に意味がないので辞めさせた方がいいです(あくまでも私の考えです)。