中学1年の定期テストで学年平均点が50点以下でも今ではもう驚かなくなったが

 

ツイッターで

中学1年の英語で約半数が20点以下なんて公立校があることを知りかなり驚いた

 

中学1年でbe動詞一般動詞の理解ができていないときに

 

不定詞や動名詞を教えていたら学校の授業外でちゃんと勉強をしなければ頭に入るわけがない

 

中学3年から勉強を始めた子が英語でつまずくのは1年で習う内容が身に付いていないのに分詞・関係詞を学んでもなかなか理解できるようにならないのと同じ構図

 

英語を苦手にしたくないのなら、小学生の時に英文法の基本を身に付けなくてはならないという・・・

 

英語なんか小学生の時にやる必要がないのに結局それをしないと中学に入ってからまったく英語ができない状態になってしまうので、最低限のことは自分でやっておかなければならない(ちなみに英会話教室に通って会話表現を覚えても中学英語ができるようには、おそらくなりません)。

 

小学生の時に文法を学ばず中学1年で英語につまづいたら、その後英語が得意になる可能性低くなるので、当然、大学入試に出題される英語が全く解けるようにもならない・・・。

 

中学1年ですでに福大レベルの大学にでさえ進学できる可能性がほぼなくなってしまうという・・・。

 

将来大学に進学するつもりなら

 

塾に通わせる必要はないから

 

自分で勉強をする習慣を小学生のうちにつけるべきかな・・・と