私は共通テストの問題を解くときは設問から読み、本文は基本返り読みをしません(もちろん答えが見つからなければ回答の根拠になりそうなところに戻ります)。

 

一方

 

福大の読解問題を解くときは設問を読む前に全文を読んで内容を把握してから設問を読みます。

 

1回読めばおおよそ正解になるところが分かるので、不安な個所だけ本文の該当箇所と照らし合わせて確実に正解の選択肢を選びます。

 

 

西南の場合は設問を読む前に、全文を読んでいきますが、正誤問題を除き、下線部が出てきたらその場で正解の選択肢を選びます。

 

正誤問題に関しては一通り読み終わった後一問一問選択肢と本文を照らし合わせて○×△のチェックをし、△の選択肢を再度本文と照らし合わせていく

 

こんな感じで解いています。