おそらく本年度(2023年2月)の西南・福大入試は合格しやすい年度になると思います。

しかし

2024年2月入試は難しくな可能性が高いです。

現高校2年生で進研模試で偏差値55以下しかないけど西南・福大にどうしても合格したいというのであれば

今のうちに塾に入ることを勧めます。

英語はやるべきことをやれば極端に勉強が苦手でない限り福大の問題なら7割くらいは取れるようになります。

 

私立大学の文系学部は英語ができるかどうかで合否がほぼ決まります(選択科目は7割取れて当然、国語も普通にやっていれば6割取れるので、英語で7割を取れるかどうかが合否を分ける)。

英語しか授業をしていないうちの塾でも2年連続福大全員合格している

しかも偏差値30台から合格しているという

事実から考えても英語が合否を分けるというのは間違いありません。

少なくとも西南・福大の日本史・世界史は暗記ができれば7割以上取れるようになるので授業をする必要性はないですし

国語は、古文は市販の参考書を利用して必要事項を覚えさえすればある程度解けるようになりますし、後は、現代文は漢字の暗記さえすれば6割は取れるようになります。

英語は市販の参考書を一通りこなせば7割取れるようにはなりますが、進研模試で偏差値50前半くらいまでしか取れない子が自力でそれをすることは厳しいはずです。

英語

英語さえ7割取れるようになれば西南・福大は合格できるのだから

英語をやりましょう。

 

なお、英語で何をしていいのか分からない子は

とりあえず単語の暗記を必死になってやってください。

高校3年に進級する前にターゲット1400を完璧に覚えるだけの努力ができる子であれば

現在の成績にかかわらず、かなりの確率で西南にも合格できるはずです。