ターゲット1900を改めてチェックましたが、センター対策であれを使うのはやめたほうがいいと思います。

偏差値60以上を安定してとれ、難関私立も目指すというのであれば1900のほうがいいかもしれませんが、

センター・西南・福大レベルの英語ができればいいなら間違いなく1400

進研模試で偏差値50にも達していないのであれば、ほぼ間違いなく基本語彙が足りていないので、1900なんかやるよりも1400です。

「学校で1900を使っているから」

「定期テストで点数が取れなくなるから」

というような理由で1900を使っている人は危ないと思います。

大学受験に本気で取り組んでいる人は改めて自分がやるべきことを考えないと…

難しい単語を覚えたら合格できるという分けではないので…

センターなら1400を完璧にしておけば、少なくとも単語がわからないから問題が解けないということはほぼ起こりえません。

1400を完璧にしたのにセンターで160点未満というなら、それは単語の問題ではなく文法・読解に問題があるだけです。

何度も強調しますが、難しい単語をたくさん覚えたからといってセンターで高得点が取れるようになるというわけではありません。

「勉強しているのに成績が伸びません」って言っている高校生はこういう部分に気づいていないんだと思います。

中学の時のように、塾が言うことに従っていればそこそこの高校に合格できてしまうのとはわけが違うんです。

学校で利用しているか、ただそれだけの理由で何も考えずに言われた通りのことをやってはいけません(もちろん、学校の教材がダメだと言っているのではなく、自分に合わないものを使ってはダメという意味です)。

何をすればいいか、自分で考えるんです。

これは、今中学生で、大学受験を考えている人にも言っています。

中学生のうちから勉強のやり方を身に着けてください。

参考:西南・福大受験のための参考書
参考:早稲田・明治大学(MARCH)の英語