多くの人が今夜のニュースで目にするかもしれませんが、一応。

改めて学校で教える必要なし」(NHKのNEWSWEB)

読んだら分かる通り、学校に通えるようになった後、どのようなフォローが行われるか現時点で全く分かりません。

 

今確実に言えることは、学校がないからといって、一日中遊んでいてはダメだということ。

 

例えば

10時~10時50分

11時~11時50分

14時~14時50分

17時~17時50分

18時~18時50分

20時~20時50分

時間を決めて勉強する(学校が始まったときのことを考え、夕方以降に3時間くらいの勉強習慣をつけておくのが良いと思う)。

 

この時期を勉強をする習慣を身につけるために有効に利用するという発想を持つことが大切だと思います。

 

近く登校日があり映像授業が行えるかどうかを確認するアンケートを取られると思いますが

たとえ学校の授業が映像でみられるようになるとしても・・・・・・結局は自分でやるしかない、というところに落ち着くはずです。

 

とにかく貴重な時間を無駄にすることだけはやめましょう。

 

マンガを読んだりゲームをしたり、映画やテレビを見るのはOK

だけど、本当であれば学校にいるはずであった時間の半分くらい(4時間くらい)は勉強に回しましょう。

学びを止めない未来の教室」で無料で見られるものがたくさんあります(惨事便乗型資本主義と言っている人もいますが、とりあえず今だけは利用価値があると思ったものは利用しておきましょう。一つ言えるのは教育が)。

 

ただ、放っておいても勉強をするような子(小・中学生。親から言われなければ勉強しない高校生は論外、話になりません)はほとんどいません。

何も言わなければ子供たちは遊び続けるはずです。

そして、親がイライラして「勉強しなさい」ということに・・・。

「勉強しなさい」というだけではたぶんいつもと同じことの繰り返しになるはずです。

だから・・・・話しましょう。

なぜ、今お父さん・お母さんはあなたに勉強をしてもらいたいのか。

少なくとも私が小学・中学生だったときのように親の言うことを全く聞かずに無視する子(最終的に何も言われなくなる子)はほとんどいないはずです。

子どもが少しでも聞く耳を持っているのなら、話しましょう。

勉強で努力をすることは大半の子にとって大切です。

こんな時期だから話しましょう。

 

とはいっても、大人も子供もいろいろとストレスが溜まっている時期でもあると思います。

一方がイライラしているときに話をしようとしても無理です。

互いにリラックスしている状態のときに話し合ってください。

さらに、とはいっても、家にずっとひきこもっていると、絶対にストレスが溜まります。

先が全く見えていない状態で引きこもり、いくら家族といっても自分の時間がない、落ち着く時間がないとなると、精神的に耐えられなくなるかもしれません。

ちょっとしたことでイライラして喧嘩が増えるかもしれません。

そういうときに、ただイライラして感情をむき出しにするとさらにイライラが増殖するはずです(そして後で後悔する)。

そういうときこそ落ち着いて、冷静になり、次善策はないか考えましょう。

 

 

少し怖いのが、こういう時期だからといって1日10時間以上の勉強を強いられる子が出てくるかもしれないということ(これは自覚がないだけで虐待です)。

本人が好きで勉強をしているのならいいですが、そうでないなら、10時間も集中できるわけもなく、ストレスだけが溜まり、とんでもないことに発展するかもしれません。

 

 

 

 

ついでに

全く関係ないことだが、以前勧めた「gacco」をもう一度お勧め。

なかでも気になったのが

高校生のためのデータサイエンス入門

高等学校数学Ⅰの「データの分析」で習う手法を、どのように実際に役立てることができるか、ということについても学ぶことができるらしいです。