ZOOM(ズーム)を利用して映像授業をするのは危険だとのことを前々から聞いているので、個人的には勧めていません。

利用者が爆増「Zoom」を使うと何が危ないのか」東洋経済ONLINEに記事があったのでリンクを張っておきます。

否定的なものだけではあれなので

Zoomを安全に利用する4つのポイント」ヤフーニュースの記事も貼っておきます。

 

福岡市・北九州市は少なくとも5月6日までは学校が休みになってしまいました。

 

中学生は勉強の習慣がまだまだついていない子のほうが多いはずなので「休みだから勉強しない」と思っている子もいるはずです。

しかし、待ってください。

今、自分一人でもできることはないかを考えてみて下さい。

 

英単語や漢字の暗記なら自分一人でできるはずです。

理科・社会であれば前年度までの復習も可能なはずです。

物理・科学・地学の中には自分一人で勉強するのが難しい単元もありますが、意外と暗記で何とかなるものが多いです(中学生の理科はほぼ暗記で対応できます)。

e-board」や個人的にお勧めの葉一(はいち)さんが運営している塾チャンネルは無料で見られますし、普段は有料なに期間限定で動画を無料公開しているところもあります(急遽映像授業を導入する塾も多いと思います)。

 

やる気があれば何とか自分一人の力でも頑張れるはずです。

 

理科・社会は「面白いほどわかる本」シリーズ

がお勧めです。

基本的な内容に絞ってまとめられているので、多くの子は読むだけである程度理解できるはずです。

公立高校入試だけならこの本を8割くらい覚えれば、そこそこ点数が取れるようになるはずです。

 

映像授業やテキストでは演習が足りないので、市販の参考書を利用するのもありです。

偏差値50前後くらいなら「くもんの基礎がため」

のような、基礎問題を解くのもいいでしょう。

このような基本問題の演習をするのとしないのとでは、学校が始まってからの理解力が全く異なってくるはずです。

 

英語は一人でやるのがなかなか難しいと思います。

もし塾に通っていて塾用のテキストがあるなら、テキストの解説を読んで例文を暗記

テキストがないのであれば市販の問題集をやるよりも教科書の後ろに例文のまとめがあるはずなので、それらをすべて暗記してください(単に暗記するのではなく文法的な理解を伴わせる)。

英語が全く分からず、超苦手、という子は教科書の後ろ単語と熟語の一覧が載っているのでそれを覚えるだけでもいいです。

英語に関しては教科書ガイドを利用するのもあり。

 

単語と文法をまとめたプリントをPDFにまとめたので利用する人はどうぞ。

どんな単語を覚えればいいか分からない人には役立つはずです。

新中学2年英語

新中学3年英語

新中学1年生はアルファベットとローマ字の暗記を完璧にした後、余裕があれば新2年生のP1・2の単語を覚えてください(発音が分からないはずなので、お父さんお母さんに聞いてください)

 

とくに受験生は今できることを頑張ってください。

 

決して今置かれた状況を言い訳に使ってはいけません。

 

こういう状況だからこそ、今自分が何をしたらいいのか

自分で考えて考えてください。

 

公立トップ校を狙っている人も今は復習に時間を当てるほうがいいと思います。

トップ校を狙っているのに国語が苦手という人は、国語の教科書(説明文を中心)を何が書かれてあるのか理解しようとしながら文章に向き合ってください。

その時分からない感じが出てきたら文脈でどういう意味なのかを推測したあと、辞書を引いて意味を把握してください(推測があっていたら「すげ~」と自分をほめてもいいでしょう♪)。

言葉を知らないことが原因で文章が読めないということも多いので、

こういったものを利用してもいいと思います。

こういうのって普段はなかなか手を出さないはずなので、必要な子は今この時期を利用しましょう。

 

あと、家の中に引きこもっていては精神的にイライラが募ります。

少なくとも窓を開けて外の空気を吸ったり、太陽の光を浴びるようにしてください。