「単語帳など使わずに出てきた単語を覚えるべき」とよく耳にするけど

本当にそうすることがいいのだろうか?

と単語の暗記をどうすればいいか悩んでいる人がいるかもしれません。

英文を利用して覚えることを勧める人

英文を利用して暗記することを勧めるのは、すでにある程度の単語を覚えている人や次元の違う天才だと思います。

または、自分の実力を把握できず成績が良い人が「良い」と言っている方法を、受け売りしているだけの人です。

英文を利用して暗記をすることは間違っているとは言えませんが、

今現在覚えている単語の量や学年など、状況によって変わってくると思ったほうがいいです。

基準はセンターレベルの単語

センターレベルの単語(ターゲット1400)を覚えていない人が長文にでてくる単語を片っ端から覚えていくやり方は勧めません。

基礎単語が中途半端な状況で英文に出てきた単語だけを覚えようとすると穴が出来るからです。

もちろん、英文を大量に読み、そこに出てきたわからない単語を片っ端から覚えていけば穴はなくなります。

しかし、ターゲット1400レベルの単語を完璧に仕上げられていない勉強量の人が、大量の英文を読むだけの勉強量をこなせるでしょうか?

1日300字程度の英文を毎日読み、その都度知らない単語を覚えることができないとは言えませんが、たぶん無理です。

それに、そのようなやり方で基礎単語を覚えては非効率です。

英単語の暗記ができてないなら、センターレベルの単語帳を利用して1か月くらいかけて一気に全部を覚えたほうがよいです。

なお、基本単語の暗記が中途半端なのに、難しい単語を必死になって覚えている人もいると思いますが、やめるべきです。

自分の実力に合っていない単語帳を高校で購入させられている子は要注意です。

基礎単語を知らないのに難しい単語を覚えても成績は絶対に伸びません。

大学受験用の英単語帳・熟語帳の選び方

単語を覚えるだけでは成績の伸びは実感できない

勉強をさぼってきて英語が全くできなかった人は、単語の暗記をすることで英語ができるようになった気になるはずです。

中堅私立大学の問題であれば多少は点数が上がるはずですが、センターレベルの模試で点数が取れるようになるわけではありません。

80分という短い時間でスピーディーに答えを出すことを求められるからです。

入試は時間との勝負だということも忘れてはいけません。

「もっと時間があれば解けるのに」

という言い訳を聞くことがありますが、

「時間内に解くための訓練をしていないのだから、それがあなたの実力です」

言いたくなってしまいます。

単語を覚えた後は、いかにして時間内に問題を解くかを意識しなくてはいけません。

そういうことを知らずに、「英語の勉強=単語の暗記」と勘違いしている人は要注意です。

「勉強をしているのに成績伸びないじゃん」とマイナス思考に陥るのが落ちです。

英単語覚えても長文が訳せない