公立高校は「久留米高専」のように、内申点がどのように影響するか、はっきりしていません。

なので、「内申点が低すぎから絶対に不合格になる」という断定はできません。

ただ、各高校ある程度の目安はあります。

目安よりも大幅に内申点が低すぎれば、合格が難しくなるのは間違いないです。

「低すぎる」と思うのであれば、受験する高校にどれくらいの内申点が必要かが気になるのであれば、学校の先生に聞くことを勧めます。

なお、私立高校は内申点は低くても合格できるところが多いですが「1」があると合格できないところもあります。

内申点に「1」がある場合、志望校選択はできるだけ早い段階で学校の先生に相談したほうがいいと思います。

結局、内申点があることで合否が不透明になることが問題だと私は思っていますが、そういうルールになったのだから仕方がありません。

他の地域では中学1年からの内申点が公立高校の合否に大きく影響するところもあるので、福岡は中学3年の成績が主にみられる仕組みなので運がいい方なのかもしれません。

学校で働いている人からすると仕方がないのかもしれませんが、

誰のための教育なのか…

内申書以外では「受験年度の倍率」が合否に大きな影響を与えるので絶対に公立高校に合格しなければならない人は中間発表の倍率にも注意しておくことを勧めます。