関心のある記事|ネット上で見た教育関連の話題を取り上げた記事

個人的に繰り返し読みたいと思った記事のリンクを貼っています。

『A判定でも落ちる…』今年も私大入試の難化が止まらなかったワケ

関東の大学は相当厳しい状況で、福岡でも…

ということを書こうとしていたのですが、結局やることがたくさんあり時間が無いので…

 

SNS被害の子ども1800人超

ヤフーニュースに共同通信社の記事がありました。

全体の5割強の991人が高校生とのことです。

 

肥大化した権力「GAFA」の脅威

amazon 世界最先端の戦略がわかる」を読んで、世の中、全てを手にした少数の企業が世界を支配してしまう可能性すらあるということを知り怖くなっていたところ

上の記事をヤフーニュースで見ました。

資本主義が行くところまで行ってしまうと、「国」という概念すらなくなってしまうのではないかと…

 

子どもたちの現状

NPO法人Learning for All(きょいうく格差を終わらせる。)、のHPに

塾に通わせる余裕がないことや、落ち着いて勉強できる家庭環境がないこと、そしてより低年齢のうちに家庭で培われる生活習慣や基礎的な学習力の不足などの影響

これが、教育格差に大きく影響しているとあります。

少しだけ話がずれますが、「東大に合格するには年収1,000万円の家庭でなければならない」ということも同じで

お金のあるなしではなく家庭環境が進路を大きく影響するというわけで。

年収が500万だろうが、1,000万だろうが、通信教材・市販の参考書が充実している現在、自分で勉強ができる子であれば塾など行かなくても、少なくとも私立文系学部であれば、それがたとえ早稲田大学だろうが、勉強が極端に苦手でない限り合格ができるはずです。

 

バーに女性連れ込み負債を抱えさせ

このような手口があるということを事前に知っておくことも大切だと思います。

 

「給食中は私語一切禁止」学校を取り巻く“不自由”の実態

こういうことがやっぱり本当にあるみたいで

学校の先生、いや、学校で権力を持っている先生といったほうがいいのか、自分で考えるってことしていない人がいるんだな、と思ってしまう。

 

米教育界の論客が映画で見せた『これからの教育』

課題解決型学習(Project Based Learning)を日本の学校がやり始めるのはまだまだ先になると思うが、大手塾が大きな宣伝をし始めそう。

アメリカやヨーロッパのすべての学校で、最先端の勉強をしているわけではなく、

日本と同じように暗記中心の勉強をしているのところが多いのが現実ということも知っておく必要がある。

海外の教育の良い部分だけに注目してはだめ。

 

公立校でもここまでできる学校改革

絶対に近いうちに、本を出すだろうと思っていたが、そう思ったすぐに出版されるということを知りました。

もう、自分の見切り発車でいいので始める決断をします。

とりあえずやってみて、少しずつ改善。

 

教育スタンダード

苫野一徳さんが熊本日日新聞で連載している「くまにち論壇」の記事をツイッターでUPしていました。

 

富裕層が熱心に通わせる『英語保育園』の現在

小さい子に中途半端に英語を学ばせたり、知識の詰め込みで中学受験をさせることは返って時間の無駄になると思うが、徹底できるならいいと幼児期の英才教育で才能は伸ばせると思う。

この意味においては親の経済力が子供の学力に与える影響は大きいのかも。

ただ、すべての人がそんなことをする必要はないし、こんなことをしなくても子供の才能を伸ばせることはできると思う。

 

判断力が弱く・経験が浅い」「ギャラの意味

弁護士ドットコムと文春オンラインの記事です。

女の子がいる方は目を通しておいた方がいいと思います。

「自分の子に限って」は、なしです。

子供が家で見せている姿と外で見せている姿、意外と違います。

子どもと普段から会話が多い家庭であっても、あまりないのなら特に

親が子に絶対にしてもらいたくない職業があるのであれば、高校を卒業するまでに一度話しておくべきだと思います。

 

本をよく読むのに『成績が伸びない子』の急所

川島隆太さんが東洋経済オンラインで書いているものです。

脳トレには疑問があるけれど、納得してしまう部分も多いので参考にしています。

 

『国民性は小学校の教室から作られている』5カ国の小学校を渡り歩いた女性が語る日本の可能性とは?

白い部分を残してなぜダメなのか、その理由は教えてもらえない。

日本だな。

 

低所得世帯は子供をもってはいけないのか?ZOZO田端氏×NPO法人ほっとプラス藤田氏が公開生討論

ツイッターでやり取りされていたのを関心をもって見ていました。

私は塾を移転したと同時に、放置していたツイッターを再開したのですが、ツイッターっていろいろな人の考えをしることができて

考え方が偏るのを防ぐ効果があるんです

ツイッターを始めたことで、購入する本の種類も大きく変わったし(世の中にこんな人たちがいるんだ~という感じです)

この公開討論もツイッターをやっていなければ絶対に知ることができないものでした。

有名な人たちの話を聞くことで自分の考え方が狭いということを知るきっかけにもなるので、時間がある人は是非

その藤田さんの、記事が「夏休みに考えたい子どもたちの性と性教育ー厳しい性被害の現場実態からー」です。

サイコパス嘘をつく脳のメカニズム

難しくてよく分かりませんが京都大学が「サイコパス嘘をつく脳のメカニズム」を実証したとのことです。