勉強が嫌いになる原因

子供が勉強嫌い(関心を持たない)になっている原因がを考えることも、

  1. 親が子供の勉強に無関心
  2. 発達障害
  3. 他にのめり込んでいるものがある
  4. 成績が伸びない
  5. 勉強が面白くない
  6. 頭が良くなる方法

親が子供の勉強に無関心

親が子供の成績に無関心な場合です。そのような場合、子供が勉強をすることは考えられません。

このサイトを見ている人は少なくとも子供の勉強に無関心であるとは考えにくいです。

よって、この場合については特に何も書きません。

発達障害

学習障害だけでなく、ADHDや自閉症などが原因で勉強が嫌い(やらない)な場合があります。

発達障害は程度に差があります。見た目や行動からは、まったく判断できないこともあります。

私の教え子の中にもテストでケアレスミスが多かったり、忘れ物が多いなど、単なる不注意なのか発達障害による不注意さなのか判断できないことがあります。

発達障害

他にのめり込んでいるものがある

「芸術やスポーツに本気でのめりこんでいて勉強をするどころではない。」そのような生徒に対しては、親の判断でどうするかを決めるべきだと思います。

親がその方向で進ませてあげたいと思っているのであれば、無理に勉強をさせる必要ないと私は思います。

文武両道と思うのであれば、できる範囲で勉強をさせましょう。

ただし、文武両道にも限度があります。

過去、私の教え子の中に、1週間休みなしで習い事をびっしり詰めていた子がいました。

中学生の時の通知表はオール5に近い成績、筑紫丘に合格しました。

しかし、入学後、燃え尽き症候群になったのでしょう。

学校を中退し、関東の専門学校に進学しネイルアーティストになったというウワサを聞きました。

ネイルアーティストが悪いというわけではありませんが、それまでの努力はなんだったのでしょうか?

無理に勉強をするだけの中学生活は無駄だったように思えてなりません。

修猷館・筑紫丘・明善・福岡高校などを目指そうとしている子であっても、中学1年から学校でも家でも勉強しかしないというような生活を送らせるのは考えものです。

間違ったやり方で勉強をしなければ中学3年になってから本気で勉強を始めても遅くはないです。大人になってから中学時代の思い出が勉強だけしかないだなんてかわいそうです。

成績が伸びない

「勉強をやっているのに成績が伸びず、勉強をするのが嫌になった。」これが原因の場合は、勉強はやる気は少なからずあるはずです。勉強ができるようになったら、自発的にする可能性が高いです。

勉強のやり方次第で急激に成績が伸び、勉強嫌いが治る可能性もあるので、親が子供のサポートをすることで勉強嫌いを改善できる可能性が高いです。

ただし、中学受験等に失敗し学習意欲が低下している場合は、勉強方法を工夫しても改善されないかもしれません。

なぜなら、息切れ、燃え尽き状態に陥っている可能性が高いからです。この場合、勉強をさせようとするよりも、親が子供に共感をしてあげるなど心理的なサポートが必要かもしれません。

勉強が面白くない

勉強が面白くなかったり、嫌なことを避けたい、勉強をする意味が分からないなど理由で勉強をしない場合があります。

これは、小学校3・4年までに最低限の勉強習慣をつけさせられなかったことに原因があると思います。

教育を受けられることが当たり前になっている現在、子どもが自発的に勉強に取り組むことは考えにくいです(3歳頃のナゼナゼ期のように、いろいろなことに関心を示すことは、10歳くらいの子には考えられません)。

だから、子供が勉強をするようになるには、親による習慣づけが必要なのです。

第三者の言葉を利用(間接強化)

頭が良くなる方法

頭が良くなる方法かなり簡単な方法があれば私も教えてもらいたいです。

脳科学が発展したら簡単に頭がよくなる方法ができるかもしれませんが、んなことができるようになったら怖いです。

私は学年260人いる学校で200番以内に入ったことは中学1年の1学期のテストを抜かしてなかったくらいバカでした。

そんな私だから分かるのですが、頭がよくなる方法など絶対にありません。「頭がよくなる方法はないか」と思っている人はその時点で天才(頭がよい)でないことが分かっています。

天才は頭がいいから「頭が良くなる方法が知りたい」などと思うわけがないからです。

もちろん、普通の次元を超えたレベルで頭がよくなりたいと思うかもしれないけど、定期テストで点数が取れるには?大学に合格するには?などというレベルでは天才は「頭がよくなる方法」を知りたいとは思いません。

頭がよくなりたいとあなたが思っているなら、勉強をするしかありません。簡単に勉強ができるようになるなんてありえませんから。

勉強をしなければ成績が伸びないのは当然

「勉強が苦手だからやらない」という人がいますが、勉強が初めから得意な人などごく一部の天才だけです。

勉強に対する苦手意識をなくすには勉強をして勉強に慣れるしかありません。中学3年生や高校生が1日1時間の勉強程度で「勉強が苦手」とか言うなんて甘すぎです。

でも、勉強をして以前よりできるようになっても壁にぶつかれば「自分は勉強が苦手」という気持ちがでてくるので、「勉強が得意」と言える人は、少なくとも大人になってからはあまりいませんね。

勉強しない子を変える方法