英語の公立高校入試対策(都合により公開していますがまだ何も書いていません。すみません)

作成途中

覚える英単語

市販されている英単語の参考書を利用して英単語を覚えようとしている人もいますが、公立高校を受験することだけを考えているなら辞めた方がいいです。

市販されている単語は公立レベルの単語を超えていることが多いからです。

じゃあ何を覚えればいいの?というのであれば、教科書の後ろの索引を見てそれらを覚え

ちなみに私の塾では生徒に単語帳を使わせることはしません。

教科書の索引と模試・過去問で出てきた英単語で福岡県公立高校入試に必要だと思われる単語をピックアップしてプリントを作成しています。

それらを3学期に生徒に渡し、入試に最低限必要なものを完璧に暗記をさせるようにしています。

中学英語は英単語の暗記さえすればある程度点数が取れてしまう問題が多いので、英語が苦手で全く点数が取れないという人は、文法を無視して英単語の暗記に徹してもいいと思います。

直前期これだけ覚えればよい

「入試直前期にこれだけ覚えれば解けるようになる」といものを知りたい子も多いと思います。

これは、どれだけ英語ができるかによって指示が異なってきます。

英語がある程度できるのであれば、直前期に出題されやすい構文を暗記すると入試で大失敗することはなくなると思います。

しかし、「三単現のSって何?」「不定詞って何?」というレベルであれば、単語に徹するしかありません。

ただ、英語は積み重ねの教科なので、結局は必要最低限の文法・構文・単語・熟語はすべて覚えなければ思うような点数はとれません。

リスニング対策

まずは、単語力をつけてください。

「とにかく英語を聞け」とか「英語の歌を聞け」という指導をする人もいますが、そんなことをしてもリスニングはできるようになりません。

単語力がないのに、たくさん英語を聞いたところで何を言っているのか分からないから聞けるようになるわけがありません。

「英語を聞くだけで英語が聴けるようになる。話せるようになる。」といった教材が売られていますが、あんなのは使うだけお金と時間の無駄です。

あれで英語が聞けて話せるようになれば、誰も苦労はしません。