西南・福大受験まで残り3ヶ月

西南・福大受験まで残り3ヶ月くらいになりました。追い込み時期ですね。

英語・国語の成績が伸びずに不安に思っている人も多いはずです。

現役生であればまだまだ間に合います。頑張っていると思いますが、最後まであきらめずに頑張ってください。

西南・福大ならまだまだ間に合う

知識が不十分(進研模試で偏差値55以下)の人が早稲田・慶応などのトップレベルの私大に残り3ヶ月で合格することは難しいです。

しかし、西南・福大・中村などの中堅私大や九産・福工大・久留米などの若干難易度が低い大学ならD・E判定からでも合格の可能性はあります。

もちろん、相当な努力は必要ですよ。

英語がやばい

さて、今回は西南・福大受験生で「英語がやばい」という人に向けて簡単に書いていきます。

長文を読むスピードが遅いから制限時間内に問題が解けん、遅いからじっくり考えられんで点が取れん。

そんな人も多いと思います。

しかし、西南・福大はセンターと違い時間的に苦労することは考えられません。ゆっくり読んで考えれば、見直し時間を含めても時間が余るくらいです。

もし、「時間が足らん」と言っている人はセンターや模試の問題しか解いているのではないですか?

センターや模試はスピードが重視されます。英語を読むのが遅い人は絶対に時間内に終わらせることはできません。西南・福大入試とは全く別物なんです。

もし西南・福大の過去問を解いたことがないのに「時間が足らん」と言っている人は、すぐに過去問を解いて本当に時間が足らないかどうか確認してください。

過去問やっても時間が足らん

過去問を解いても「時間が足らん」という人は、次の2つが原因の可能性が高いです。

  • 長文を読みなれていない
  • 語彙力不足

スピードを上げる

長文をスピーディーに読むためには「英文読解基本はここだ」を使って、SVOCを意識しながら丁寧に和訳をしてください。SVOCを理解することは難しいですが、分からなくても「絶対に理解してやる」という気持ちでやってください。

「できる、できる」と言い聞かせることで、わけのわからないやる気が起きていつの間にかに本当に分かるようになるかもしれません(私がそうでした)。

逆に、過去問を解くときは意識してスピーディーに読むようにしてください。今までのスピードの2倍くらいに速めください。

もちろん、2倍のスピードで英文を理解しろと言っているわけではありません(理解できれば最高ですが)。

2倍のスピードで読むことで、「このペースならスピードを速めても理解できる」ということが見えてきます。

そうすれば、1・2ヵ月もすれば、もともと1だったスピードを1.3くらいのスピードまで上げることができるようになります。

ゆっくり読む癖がついている人は、無駄に時間をかけて読んでいるんです。

自分が英文を理解できるペースを意識して高めることができれば、今まで以上に1つの問題を考える時間が増えますよ。

他の科目との兼ね合いもありますが、1日1回は何らかの長文を読んでください。

語彙力

今使っている単語・構文の参考書を徹底的に暗記しなおしてください。

全く語彙力がないと自覚しているのなら、読解よりも優先して単語・構文を覚えてください。

本気で覚えようとすれば、1ヶ月で1000個程度は誰にでも覚えられます。

語彙力が付くだけで劇的に長文が得意になる人もいます。

過去問は赤本?

赤本なんかいりません。

大学が無料で配っている過去問を集めれば30回分(5・6年)くらいの過去問は手に入るはずです。

単語の暗記がある程度でき、ネクステなどの文法書もある程度仕上がっていれば、3日に1回のペースで解いてもいいです。そうでなくても1週間に1回は解きましょう。

5~10回分くらいは点数にこだわらず、上に書いた通りスピードを確認したり西南・福大の問題になれるために解いてください。

西南・福大対策のお勧め参考書を知りたい方は下の記事を参考にしてください。

直前期なのに合格最低点が取れない

個別指導塾の利用は?

大学受験で個別指導塾を使うのは絶対にやめた方がいいです。本当に意味がないです。

当然、英検準2級の文法が全くできないような人は中学英語からやり直しが必要なので、誰かから教えてもらう方がいいかもしれません。

しかし、西南・福大程度の大学であれば参考書を利用して自分で勉強をしたほうが絶対に成績が上がります。

というのは西南・福大入試は暗記で対応できるので、人に何かを教えてもらわなければならないことがほとんどないからです。

西南・福大に合格ができない人は勉強の絶対量(暗記)が少ないだけです。どれだけ個別指導の塾に通っても、暗記をしなければ成績は伸びません。

逆に暗記さえすれば個別指導の塾に通わなくても成績は伸びます。というより個別に通う方が成績が伸びません。

「塾に通っても伸びない」と思っている人は塾に行っただけで成績が伸びると勘違いしています。

「いや、そんなことは思っていない」と自分では思っていたとしても確実に勘違いしています。

なぜならば、勉強をすれば絶対に成績は伸びるからです。成績が伸びていないと思っている時点で成績は伸びると勘違いしているんです。

西南・福大に合格したければ徹底的に暗記をしてください。

私の塾でも2017年から西南・福大対策の授業を始めますが、暗記を徹底的にさせる予定です。

暗記に加え、週1回の授業で必要な文法の解説、長文の解き方の指導をすれば、かなりの実力になることが期待できます。

当然、塾を利用しなくても西南・福大には合格できるので独学ができる人は私の塾を利用する必要はありません。

ちなみに、個別指導を使ってもいいのは国立2次対策や難関私大の理科・数学などマンツーマン指導をしてもらわなければ効率よく成績を伸ばせない場合だけです。

当然、プロ家庭教師やごく一部の学生講師でなければ対応できません(九大生というだけで対応はできません。九大生の中でも大学受験の対応ができるのはごく一部です)。

単に答えを教えることはできたとしても、合格をするために何をすべきか、的確に指示を出せる学生はほとんどいないです。