高校生にお勧めは

14歳からの哲学入門 「今」を生きるためのテキスト

本当はここまで簡単な哲学の本から入るのではなく、難しいものを読んで「あ~分からない」となったあとで読んだ方がいいんですが、

難しい哲学の本は10ページも読まずに埃をかぶると思うので・・・

 

内容的に現代文の勉強にも少しだけなるので、是非。

 

中高生に(大人にも)お勧めなのは

以前も紹介した

正義の教室

これは、小説なのに哲学を学べてしまうという優れた本です。

14歳からの哲学入門は超簡単だといっても、文字を読む習慣がない人は読むのが難しいですし、

「哲学」にまったく興味のない人は読んでも面白さが分からないはずです。

そもそも哲学に興味を持っている人ってそんなにいないですよね・・・

私もつい数年前まで哲学に興味なんかありませんでした(苫野一徳先生の「どのような教育が「よい」教育か」を読まなければ、哲学に触れることはなかったと思います)。

哲学の本を読むと、自分を客観的に見たり、社会で生きていくためには自分勝手に生きていくことはだめで、いかにして人と協力して生きていくか、なんてことを考えるようになります(哲学から何を学ぶかは人によって変わってくると思いますが)。

やっぱり哲学は中高生には面白いと思えない内容かな・・・

そこで、登場するのがこの「正義の教室」。

哲学なんかまったく興味がない人でも読めちゃいます。

是非、是非、読んでもらいたい。

少しでも「読んで見ようかな~」と思ったい人は、これについて以前書いた記事「正義の教室~善く生きるための哲学入門」を読んでください。

 

 

小中学生には

ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙

難しい哲学を子供でも読めるような小説にしています(本を読む習慣があるなら、小学5年生くらいからならなんとか読めるはずです)。

「親が言っていることが絶対に正しいという分けではない」と思い始める時期に読むと、自分の頭でいろいろなことを考えるようになるはずです。

かなり分厚いので、上下分冊になっている新装版を勧めます。