勉強教材・参考書

独学で高校・大学受験を考えている人のために市販されている参考書の簡単な紹介を以下の順で書いています。

  1. 口コミや評判
  2. 中学定期テスト対策
  3. 高校受験準備(普段の勉強用)
  4. 高校入試用科目別参考書
  5. 大学受験用参考書
  6. 通信教育・映像授業
  7. 難関高校受験者
  8. 市販の参考書について
  9. 教科書は分かりにくい

口コミや評判

参考書・通信教材・映像授業などの口コミや評判は参考にすることはできますが、世間でよいと言われているものが自分に合っているとは限りません。

学力によっても使うべき参考書は変わってきます。

自分に合うか合わないかは実際に試して確認するしか方法はありません。

市販されている参考書は本屋で中身を確認してから購入してください。

通信教材やネットを利用した映像授業はいきなり購入するのではなく、無料お試しをしてから購入してください。

細かい内容を確認できる資料がもらえない通信教材や無料お試しができない映像教材ところは購入しないことを勧めます。

中学定期テスト対策

  • 教科書ガイド
  • 教科書ワーク
  • 教科書トレーニング
  • 中間・期末テスト ズバリよくでる
  • 中間・期末の攻略本
  • 定期テスト基礎からぐんぐん

※ 学校の定期テストはこれらの参考書を使わず、学校で利用しているワーク・プリントなどで勉強をすることを勧めます。

受験準備(普段の勉強用)

学校の定期テストで平均点くらいしか取れない子が独学で勉強をする場合は、ページ数が少なくイラストがふんだんに使われているものを利用することを勧めます。

  • とってもやさしい
  • わからないをわかるにかえる
  • ひとつひとつわかりやすく
  • ひとつずつすこしずつホントにわかる
  • くもんの中学基礎がため100%
  • トライ式逆転合格!
  • 3ステップ式標準問題集
  • ニューコース
  • チャート式
  • 実力メキメキ合格ノート
  • 検索ブック

高校入試用科目別参考書

以下、科目ごとにお勧めの参考書を書いておきます。

数学

  • スーパーステップ

英語

  • ハイパー英語教室・中学英語長文
  • ハイパー英語教室・中学英文法
  • SAPIX式英文法123+
  • Z会中学英文法Fine
  • くもんの中学英文法
  • 短文で覚える英単語1900
  • 中学版 システム英単語
  • 中学版 速読英単語
  • くもんの中学英文読解スーパーステップ

理科

社会

国語

  • とってもすっきり古文漢文
  • システム中学国語
  • 国語力を高める語彙1560
  • 国語力を伸ばす語彙1700
  • 中学生のための語彙力アップ厳選1000語

過去問

大学受験用参考書

大学受験には参考書は必須です。

できるだけ早めに受験に使う参考書を決めてください。

英語

国語

通信教育・映像授業

通信教材では、ポピー・ドラゼミ・スマイルゼミ・Z会・進研ゼミ・スタディサプリがよく比較されます。

小学3年生以下は「こどもチャレンジ(進研ゼミ)ドラゼミ

中学受験をしない小学校4・5・6年生は「ポピースマイルゼミ・ドラゼミ進研ゼミ

中学受験をする小学校4・5・6年生は「Z会

公立高校が第一志望の中学1・2・3年生「進研ゼミスタディサプリ

難関私立高校が第一志望の中学1・2・3年生は「Z会

高校生は「スタディサプリ

これからの入試を考えたいのであれば、絶対に「【Asteria】Z会のオンライン学習」です。

各教材について簡単に書いているので参考にしてください。

  • Z会
  • 進研ゼミ
  • スタディサプリ
  • ポピー
  • ドラゼミ
  • スマイルゼミ

参考:独学に最適な教材

難関中学・高校受験者

私立中学や、難関私立・公立トップ校を受験する人は、次元の違う天才を除き、市販されている参考書だけで合格することはかなり難しいです。

独学をしていて後に自分の勉強のやり方が間違っていたことに気づいても後の祭りなので、極力塾を利用してください。

偏差値60台後半くらいあるならば、無料で授業を受けさせてもらえるところがあるはずなので、それをうまく利用してください。

もし、周りに人がいることが気になりかえって勉強ができないという人や近くに塾がないという人はZ会・進研ゼミ・スタディサプリなどを利用することも検討してください。

小学生なら「日能研」(日能研のサイトに移動します)がいいと思います。

市販の参考書について

参考書は塾に通っていない人が独学で使うもの。

塾に通っている人は、塾の指示以外のものは極力しないほうがよい。塾が使っている参考書は基本的に市販されているものよりも良いものばかり。

また、市販の参考書では勉強がしにくいという場合は、「スタディサプリ」。スタディサプリを利用すればペース配分もできるし、無駄にたくさん参考書を買わなくても済む。

塾に通わないのであれば7月下旬から3月中旬までの約8か月で1万円以内に収まる。塾に通って無駄にお金を使うよりも、自分で。

また、若干お金はかかるが進研ゼミは絶対に良い、付設などのトップレベルの高校を独学で受験するのは一部の天才をぬかし勧めないが、仮に独学で受けるならZ会を使えばよい。

参考書は紙幅の都合があるので、すべてを網羅することはできない。

可能な限り自分の実力に合ったものを選ばなければならない。

科目ごとに最適な参考書を選ぶ。

1冊で入試に対応できる参考書はない。

5教科まとめているものは、しっかりと勉強をしてきた人が短期間で最終家訓をするために使うための者。

国語を抜かす4教科は1年~3年の内容を1冊にまとめたものではなく、学年ごとに分けられているものを選ぶ。お金はかかるが、1冊にまとめられていたものは、必要な個所省かれていたり、解説が十分でなかったりするので、独学をするならそこをケチってはダメ。

市販の参考書で独学をするのであれば、最低でも2万円くらいはかかると思ったほうがよい。

勉強をさぼってきた人が短期間でどうにかしようとする場合以外は使えない(また、紙幅の都合があるので要所が適切にまとめられていないので

教科書は分かりにくい

教科書は学校のプロの先生が指導をするという前提で作られているので市販されている参考書とくらべたら分かりにくいし、やりにくいと思います。

プロの指導ありきなのでプロがうまく使わなければ授業も分かりにくいままです。

教科書が分かりにくいからとプリントを使って授業をしている先生も相当数いるみたいです。

教えるプロだったら与えられて教科書を使って指導すればいいと思う気がしなくもないですが。

授業を受けている生徒の実力が全く違うので、授業構成そのものが難しいのは分かりますけれどね。

いずれにしろ、ただでさえ独学が難しい数学を教科書でやるのは無理と思っていいかもしれません。