ターゲット1400でセンターも西南・福大も乗り越えられます。

MARCHレベル以上の大学を一般入試で受けるなら1900では足りないところもありますが

センター・西南・福大なら1400で必要十分です。

1400を完璧に覚えているのに問題が解けないとしたら、単語力以外のことが原因で点数が取れていないだけです(当然1400よりも簡単な中学レベルの単語を知っているという前提)。

高校で英語を教えている先生ならセンター・西南・福大の英語の過去問をすべて解いているはずです。

解いているなら、1900ではなく1400を使ったほうが絶対にいいということは分かっているはずです。

それなのに1900を使うのはなぜか?

それは私にはよくわかりません。

筑紫丘・春日など偏差値の高い大学を受験する生徒が多いなら1900を使っても構わないですが、

生徒の大半が西南・福大を第一志望にしている高校が全校生徒に1900、もしくは1900と同レベルの単語帳を利用することは理解に苦しみます。

上の大学を目指す子には1900、西南・福大を第一志望にしているなら1400というように、分けたほうが単語の暗記に必要以上の時間をかけなくて済むのに

 

※英文の中に分からない単語が出てきたらその都度覚えることを否定しているわけではありません。