数学|定期テスト対策

作成途中

公立中学の数学の定期テスト対策について書いています。

以下の順で勉強をしてみてください。

1.数学用語の暗記

数学の用語が出題されるのであれば暗記をしましょう。

2.計算の解き方を覚える

定期テストでは4割~8割が計算問題だと思います。解き方さえ覚えてしまえば、どんな問題でも解けます。

2・3年で計算が苦手な人は、『計算をしなさい』と『方程式を解きなさい』の区別がついていない可能性があります。1年生の1学期に習う内容の復習をしてみてください。

また、計算が苦手な人はかなりの確率で〝移項”の理解が不十分だったり、分数の計算が苦手です。しっかりと復習をしておきましょう。

3.計算を解く

計算が得意な人は特に勉強をする必要もないです。確認程度に学校のワークを解く程度で構いません。

逆に、計算が苦手な人はどれだけ時間がかかるのか全く分かりません。学校のワーク・配布プリントを先生にコピーしてもらい(断られたら自分でする)ましょう。先生によってはたくさん計算問題を持っているかもしれないので、それらをコピーしてもらえるならしましょう。

全く同じ問題を解いても意味がないと思うかもしれませんが、計算問題が苦手な人は計算のやり方を覚えていないことが原因なので、同じ問題を解くことはとても大切です。面倒かもしれませんが、しっかりとやりましょう。

数学が苦手な人は独学が難しい場合があります。その時は学校の先生に質問をしに行きましょう。質問をすることで、やる気があることを示すことができ、内申点UPにもつながりますよ。

4.文章題・グラフ・図形問題を解く

教科書の例題や章末問題、配布されるプリントやワークの問題を完ぺきにできるようにしましょう。特にワークは間違えた問題の解説をしっかりとみて、なぜそのような答えになるか理解してください。

文章題は可能な限り多くの問題を解くようにしてください。

塾に通っていない人は、塾に通っている人のワークをコピーさせてもらいましょう。

市販されている問題集は問題数が少ないので、たくさん問題を解くためには何冊も買わなくてはダメになるのでもったいないです。

文章題は独学に向きません。できる限り、学校の先生に質問をしにいきましょう。

参考書

『ニューコース』『チャート式』(+準拠テキスト)

数学は教科書準拠の参考書ではなく『ニューコース』か『チャート式』を購入しましょう。またこれらの参考書に準拠した問題集が売られているので、それらも購入しましょう。学校で習うことよりも難しい問題がありますが、出来るだけそれらもできるようになっておきましょう。

『くもんの中学基礎固め100%』

『ニューコース』『チャート式』が難しかったり、使いづらい場合はこれを使いましょう。定期テスト対策には十分役立ちます。

『ひとつひとつわかりやすく』『やさしくまるごと』『わからないをわかるにかえる』『ホントにわかる』

数学が苦手で計算の仕方もあまりわからないという場合はこれを利用してください。これを利用してもできない場合はおそらく独学で勉強はできません。個人的に一番お勧めなのは

両方ともユーチューブで、解説動画が無料で見ることができます。本を読むだけではなかなか勉強ができないという人にも良いと思います。

『教科書ワーク』『教科書トレーニング』

数学ではあまりお勧めしません。教科書のページに合わせて勉強をしないとしっくりこないという人は選んでも構いません。