中学数学の科目特性

作成途中

中学生の数学に関連することを以下の順でまとめています。

  • 数学の科目特性
  • 数学は暗記か
  • テストで点数が取れない原因
  • 苦手な子の勉強法

科目特性

  • 計算やり方、公式、条件・定理しか覚えることはないので、暗記することはほとんどない。
  • 暗記量は少ないが文章題、グラフ問題、証明、図形など演習を要する。
  • 勉強時間に比例して成績が伸びるとは限らない。
  • 得意な人は少ない時間でも高得点を取れるが、苦手な人は時間をかけても成績のが伸びない場合もある

数学は暗記か

定期テストは数学用語が問われたり、ほぼ同じような問題が出されるので暗記をしてしまえばできなくはありません。

また、数学は覚えるべき公式があるので、暗記の要素がないとはいません。

特に、高校英語は中学よりも暗記すべきことが多いので暗記科目という面が少しだけ強くなります。

しかし、高校数学がどうかは別として、少なくとも中学で習う数学は暗記科目とは思えません。

確かに一定のパターンがあるので、

テストで点数が取れない原因

数学で点数が取れない原因はいくつかあります

  • 計算ができない
  • 計算はできるが間違いが多すぎる
  • 方程式の文章題ができない
  • 関数のグラフ問題ができない
  • 図形問題ができない
  • 証明問題ができない
  • 時間が足りない

計算ができない

分数や小数の問題ができなければ、中学生の計算問題を解くときに支障が出ます。

普通に勉強をすればできるのですが、どうしてもできないという人(特に分数)がいるのは確かです。

「分からな子にも分からせられる指導者」から丁寧に分数の計算のやり方を教えてもらうか、親が根気よく教えるしかないと思います。

分数や小数が普通にできるけれど計算が苦手という場合は、「移項」をしっかりと覚えていない可能性が高いです。

移行のやり方を徹底的にマスターしてください。

計算ミスが多すぎる

計算ミスが多すぎる原因は幾つかあります。

  • 途中の式を書かない
  • 字が汚く、数字を読み間違える
  • 移行をするときに符号を

自分がどのようなミスをするのかを把握し、意識してそれらをしないようにすれば基本的にケアレスミスはなくなります。

しかし、注意散漫な子は何度同じことを言っても同じミスをします。分かっているのに同じ間違いを繰り返します。

ネットで検索してみたら「こうすれば計算ミスは治る」ということを書いているサイトがたくさん出てきましたが、それらを実行しても計算ミスを繰り返す子はたくさんいます。

1年間同じことを言い続けても改善されない場合、もしかしたら別の問題があるかもしれません。

簡単な暗算を瞬時に行うことができる数学が得意な子は、たとえ途中の式を飛ばしたとしても

分数・小数・移項のやり方を完ぺきに分かっているのに計算ミスが多すぎて数学の点数が悪い子がいます。

やり方は確実に分かっているのに、10問中2問しか正解できないという子も中にはいます。

文章題ができない

計算はできるからいいんだけれど、文章題ができないという悩みを持った人が多いです。文章題ができるようになるには

苦手な子の勉強法