日経新聞の4月4日の記事「共通テスト記述問題、1万人程度が採点

少し古い時期ですが今日(7月2日)「TOEICが2020年の大学入学共通テストは撤退する」と今日発表されたらしく「共通テストどうなってるんだ?大丈夫?」と思ったので貼っておきます。

7月4日にNHK NEWS WEBでも「「共通テスト」採点にバイト学生 認める方針 疑問視の声も」という記事がでていたので更新。

「0.3%で採点ミス」とあるが、確かにそれも問題かもしれないが(結構大きい問題?ただ、表に出ていないだけで他のテスト(各大学の入試採点)でもミスってもっとあると思う)、それ以前の問題、次元が違う。

完全にアウト

私ですら採点をする責任を負えないのに大学生が?

もう、今まで通りにするしかない。

受験生の全員が署名運動をすれば国が動く可能性もある。

実際に署名運動を呼び掛ける高校生が出てくると思う。

 

7月12日追加

数学の文章記述問題、導入見送り

数学は見送りがほぼ決まっているみたいですが、12日に確定したらしいです。

 

7月5日追加

「これからの日本、これからの教育」と

少し古いが「教育改革の幻想」

の2冊は今読むべき本(私も読み返します)

 

7月10日さらに追加

「崩壊するアメリカの公教育」を読めば利権が絡むとどういう結末になるのかが少しわかる(すでに手遅れかもしれないが)

 

 

多くの予備校講師が主張しているとおり、国語の採点は無理だと思います。

ただ、たとえそうだとしても、共通テストの実施はおそらく避けられないので…、受験生はやるべきことをやるしかありません(「採点がおかしいからやり直せ」と言っても誰も対応してくれないはず)。

 

すべての科目の基礎になるのはやはり現代文。

変なテクニックを手に入れようとするのではなく、基礎力をとにかく身に着けることに徹してください(解法を覚えることは大切だが、それに徹していては読めるようにはならない)。

 

大学受験を考えている中学生は今のうちから文章を読む訓練をしておくことを勧めます。

ちなみに、公立高校の問題を解くだけでは文章を読めるようにはなりません(最低限の漢字・語彙を知っていれば設問と本文の照らし合わせで対外が解けるから)。

読解力をつけるための勉強をしてください(学校の国語の先生に聞けば何をすべきか教えてくれるはずです)。

 

それにしても、民間企業との癒着でしか大学入試ができないなんて・・・ベネッセ…。

福岡県の高校入試レベルでも同じようなことはあるが…、