どれくらい勉強すれば合格するかどうかは正直分かりませんが、この手の数字を知りたいという子が多いみたいなので、目安書くことにしました。

あくまでも私の経験からの目安です。

高校1・2年生は英語・数学・国語の3教科をしっかりと勉強して下さい。私立に的を絞るのは最終手段です。数学ができるかできないかはものすごく重要です。

 以下紹介している参考書は、一般選抜に的を絞って合格を狙うときに使う参考書です(共通テスト利用で受験を考えている場合は少しだけ変わってきます)

 暗記力・理解力・集中力・勉強法の差など、人によっては書かれてある数字よりも大幅に少ない(多い)時間で終わらせられることもあるはずです。高校1・2年でまったく勉強をしてこなかった人や中学レベルで止まっている人は相当の集中力が必要になるはずです。中学レベルに達していない場合は、福大受験に1年で達することは不可能ではないが偏差値50から1年で早稲田に合格するくらい難しいかもしれません。

英語

利用する参考書と一通り終わらせるために必要とする目安時間

  • ターゲット1400:30時間~60時間
  • 英文法入門10題ドリル:10時間~30時間
  • 英文法基礎10題ドリル:30時間~50時間
  • とってもやさしい英文法:20時間~30時間
  • 英文法・語法Engage:50時間~100時間
  • 英文読解入門基本はここだ:20時間~40時間
  • 入門英文解釈の技術70:20時間~40時間
  • 英語長文ハイパートレーニングレベル1:20時間~30時間
  • 英語長文ハイパートレーニングレベル2:20時間~30時間
  • evergreenやforestなどの総合文法書:必要に応じて読む

「入門・基本10題ドリル」「とってもやさしい」を終わらせた後「基本はここだ」、「ターゲット」も並行して覚える(最低3回は繰り返す)

それ以降は状況に応じて取り組む内容を決めてください。

ターゲットについては「大学受験用の英単語帳・熟語帳の選び方」を参考にしてください。

当然、上記の時間以外に過去問演習や演習の時に出てきた分からない単語や熟語の暗記も必要になるので

 

英検2級に余裕をもって合格できる実力がある人は250時間

2級に合格している人は「入門10」「とってもやさしい」は省き、「基礎10」は不要と思えば省いても構いません。

 

英検準2級合格レベルの人で400時間

準2級に合格している人は「入門10」「とってもやさしい」をしなくてもよいと思ったら省いてかまいません。

 

3級レベルも怪しい人で600時間

中学レベルの英単語が身についていない人は英単語はターゲット「1400」の前に「1200」を完璧にしてください。

「1200」を完璧にしなければならないのは、中学レベルの英単語が分からないようでは、仮に1400の単語を全部覚えることができたとしても英文は読めるようにならないからです。

詳しくは「高校1・2年のときに勉強をさぼってきた高校3年生の心構え」を参考にしてください。

 

これくらいの勉強時間が最低でも必要になると思います。最低です(上では単語の暗記を最低30時間と書いていますが実際はターゲット以外の単語の暗記も必要になるので、西南に合格する人の多くは100時間くらいは単語の暗記に時間をかけるはずです)。

 

「Engage」を使わず学校で使っている参考書(「Vintage」「Next Stage」「Power stage」など)でも構いません。

英文法はできれば「大岩のいちばんはじめの英文法」を使ってもらいたいです(これを勧めても「読む気にならない」という子が多いので上では別の文法書を紹介しています)

私が現役の時は英検2級(第1回)にかなり余裕をもって合格した記憶が残っていますが(準1級がボロボロだった記憶もある)、それでも英語はかなり勉強しました。少なくとも1日2時間は英語をしていたはずなので合計600時間くらいにはなるんじゃないかと思います。

    日本史

    使う参考書

    • 時代と流れで覚える! 日本史B用語:100時間~200時間
    • 山川教科書or石川実況中継or共通テスト対策の参考書:200時間~300時間
    • 大学入試全レベル問題集①~③:150時間~250時間

    教科書・実況中継・共通テスト用の参考書が合わない場合「金谷の日本史 なぜと流れがわかる本(これは計4冊)」を代わりに利用してください。

    また「全レベル①~③は「日本史Bレベル別問題集②~④」でも構いません(どちらを使うかは実物を手にしてから決めてください)

    暗記と演習の割合をどうするかが悩みどころです。

    3割暗記で7割演習がベストの人もいれば、7割暗記で3割演習がベストの人もいるはずです。

    日本史は暗記する量があまりにも多いので、「演習に7割もかけていては知識が不足すぎるんじゃないか?」と多くの人が不安に駆られるんじゃないかと思います。

    だから、私個人としては、6・7割暗記で3・4割演習がベストだと思っています。

    進め方は

    • 原始・古代
    • 中世
    • 近世
    • 近現代

    時代ごとに区切り、「実況中継などの参考書」+「時代と流れで覚える」を一区切り終わらせる。一区切りが終わったら問題演習を1冊(低いレベルから)終わらせ、それがおわったら次の時代、近現代まで終わったら、原始・古代に戻って3周する。

    とか

    3周する時間がないなら、1週目に問題演習を2冊やり、2周目に3冊目をやる。

    とか

    自分なりのやり方を見つけてください。

     

    「過去問演習+それをもとに苦手個所の補強」に、最低でも50時間は使いたいので

    知識ゼロから福大入試で合格点を取れるようになるには500時間~750時間は必要になるはずです(暗記の仕方によってはそれ以上要するので、間違った暗記の仕方をして無駄に時間をかけるのだけは避けてください)。

     英語・国語をしないで日本史の勉強だけすればいいなら可能かもしれませんが、日本史で合格点を取るためには1・2か月でどうにもなりせん。ネットを見ると2か月で偏差値30から60とか70などというものを見ますが、はっきり言って普通の人には不可能です。そんなことができるなら誰でも簡単に大学に合格できます。

    参考書をノートに丸写ししても意味がありません(私も現役の時は5月くらいまでこのやり方でやっていたと記憶していますが、「これじゃ絶対に間に合わない」と自分で気づきやり方を変えました。

    現代文

    使う参考書

    • 生きる漢字・語彙力:30時間
    • 基礎からのジャンプアップノート現代文重要キーワード書き込みドリル:20時間
    • 現代文キーワード読解:50時間
    • 無敵の現代文記述攻略メソッド:10時間

    西南・福大対策になるピンポイントな現代文読解対策の参考書はあまりないように思えます。

    「無敵」を利用して文章を読み込む力をつけ、その力を利用して過去問演習に取り組むのがベスト

    どうしても読解対策の参考書をやっておきたいという人は「基礎問題精講」を利用してください(しっかりとやり込むには30時間くらい必要)

     

    時間に余裕がある場合「生きる漢字・語彙力」の前に「語彙力をつける入試漢字2600」をしてください。

    「2600」は他の漢字の参考書と比べ、倍くらい時間を掛けなければ終わらせることができないかもしれませんが(漢字一つひとつを丁寧に覚える必要がある)、その価値はあります。

     

     

    現代文がある程度できるようになるには過去問を利用した演習にどれだけ時間をかけるかによりますが、最低でも150時間くらいは必要になるはずです。

    しかし、国語は勉強をしても確実に点数を稼げるようになるかは英語・日本史に比べたら個人差が大きいと思います。

    150時間の勉強である程度できるようになる場合もあれば300時間やっても大して成績が伸びない可能性も十分考えられます(「無敵」に書かれてあるやり方を実践できればかなり伸びるとは思いますが、誰かの助けなしには実践できない子も多くいるはずです)。

    なので、国語の成績を伸ばす自信がない、時間もない、という人は、読解は過去問演習+漢字の暗記に絞るのもありだと思います(夏休み以降に受験勉強を始め現代文がボロボロという場合は、そうするしかないかもしれません)。

    実際は現代文の勉強に時間を割く人はそこまで多くないと思います。ただ、現代文はちゃんと取り組めば確実に成績を伸ばせる科目です。受験期になって急にやり始めても英語・日本史の勉強に時間を取られて現代文はおろそかになるはずなので、苦手意識を持っている人は1・2年次にしっかりと現代文の勉強をしておくことを勧めます。

    古文

    使う参考書

    • 望月光の古文教室古文読解編:10時間~
    • 望月光の古文教室古典文法編:30時間~
    • 基礎からのジャンプアップノート 古典文法・演習ドリル:10~20時間
    • 学校で使っている古文単語帳:50時間~
    • 大学入試 古文単語速読マスター500:50時間~

    読解対策をどうするかは迷うところですが、個人的に西南・福大受験は読解対策をするよりも「マスター500」を読み込むことが最良の対策になるはずです。

    それでも、読解対策の参考書をやりたいという場合は「古文入門 読解と演習23」をお勧めします。

    ただ、おそらくこの参考書を手にしたら「読みにくい」と思って手を付けられない子が多いはずです。

    その場合は「元井太郎の古文読解が面白いほどできる本」か「岡本梨奈の1冊読むだけで古文の読み方&解き方が面白いほど身につく本」を利用してください。

    これらに過去問演習を加えて200時間くらいが古文に必要な勉強時間が必要になると思います。

    高校1・2年で文法や単語をしっかりと覚えていれば受験期には必要最低限の努力でそこそこの点数は取れるように

     

    古文の勉強が間に合わないという場合は「マスター500」を省いてください。

    それプラス過去問演習である程度点が取れるようになるはずです。

     

    「古文は文章を読むだけで苦痛、勉強をしたくない。」と言う場合、西南受験の場合は他の科目でカバーできるなら、思い切って単語の暗記だけにしてもいいかもしれません(お勧めはできないが、やる気がないのならそうせざるを得ない)。

    ただ、古文は勉強をすれば英語と同じように確実に点数が取れるようになる科目です。

    やらず嫌いで捨てるのはもったいないです。

    まずは「望月光の古文教室」を読んで見てください。

    読んだら古文を面白く感じられる可能性大です。

    必要最低限の時間

    高校1・2年生の時にある程度勉強をしてきた人(偏差値50前後)でも、高校3年の4月~1月末までの10か月(約300日)で、「福岡大学」を目指すなら1100時間くらい(おそらく「中村学園大学」も同程度)、「西南学院大学」を目指す場合は英語の勉強量が増えるのでプラスアルファが必要になる。

     

    中学レベルの内容が身についていない場合、集中して勉強をすることも初めはできないはずですし、勉強の仕方も分からないはずなので、2000時間くらいは勉強をするつもりでいないと西南・福大を受験できる実力にはならないと思ったほうがいいです。

    暗記力・理解力があり、集中して勉強ができる(勉強に慣れる)なら2000時間も不要ですが、勉強習慣がない子は勉強に慣れるだけでかなりの時間を要します。

    慣れれば1時間で終わらせられる内容でも、慣れていなければ3時間も4時間も要することになるのが通常で、ネットで目にする「1か月で偏差値30から60にUP」なんてことは、普通の人にとっては非現実的で不可能なことです。

    実際に私は高校1年のときから1日5時間程度の勉強をやっても偏差値50に達するのに1年かかっています(「私の偏差値推移」)。

    仮に何をすればいいのか指示を与えてくれ、且つ、勉強のやり方を教えてくれる人がいたとしても、勉強をさぼってきた人が高校レベルの勉強が人並みにできるようになるには想像を絶する勉強時間が必要になるはずです(私の場合は勉強のやり方を確立させるのに相当の時間がかかった、誰かにやり方を教えてもらっていればもう少し結果は違っていたと思います)。

    そのことは絶対に忘れないでください。

     

    さて、必要な時間の目安が分かった今、1日どれくらいの勉強時間を確保すればいいか改めて考えてみてください(「どれだけ集中して効率的に勉強をするかが大切だから何時間勉強をすればいいかを考えるのは無駄」、という人もいますが、最低限の勉強時間を確保できなければ成績を伸ばすのは無理ですし、成績がいい人は勉強時間も長いです。少なくとも西南・福大に500時間くらいの勉強で合格することはよほどのことがない限り起こりえません)

     

    3年の4月から勉強を始めれば受験までの10か月、約300日、約7200時間あります。

    学校や睡眠時間などを除けばどれだけ頑張っても2000時間(平日5時間、休日10時間やればこのくらいになる)の勉強時間を確保するのが限界だと思います。

    平日3時間、土日6時間やれれば1150時間くらいになります。

    今の自分の勉強時間はどれくらいですか?

    集中して平日3時間できていますか?

    偏差値40台前半なのにダラダラと勉強していたりはしませんか?

    ダラダラ3時間するくらいならは集中して1時間の方がましです。

    現在の自分の実力以上の大学を目指すなら1日集中して3時間の勉強ができないなら合格は難しいと思ってください。

    自分が置かれている状況を自分なりに把握し、今の学習態度で本当に合格できるのか?真剣に考えてください。

     

    9月から本気になるっていう人もいるでしょう。

    でも、9月からだと残された期間は5か月、勉強時間は最大でも1000時間くらいしか確保できません。

    1000時間勉強できればいいですが、「9月からやる」という甘い考えの人は1日1・2時間程度の勉強でいっぱいいっぱいになり、300時間くらいしか勉強できないのが関の山でしょう。

    大学入試は本当に甘くないんです。

    大半の人が年間2000時間も勉強をすることなどできません(不合格者の大半は集中して勉強をする時間は1000時間未満のはず)。だから、高校1・2年生の時に必要最低限の勉強をし、受験期に備えることが大切になります。

    合格する人は結果的に相当の勉強量をこなしているだけで、実際は「1000時間勉強しよう」なんて決めません。気づいたら「2000時間くらい勉強していたんじゃないかな?」となるものです。

    九州産業大学

    九州産業大学」は福大の問題と比べるとかなり簡単です。

    それでも、最近の私立大学難化のせいで、受験したら誰でも合格できるような大学ではなくなっています。

     

    英語は「ターゲット1200」「英文法入門10題ドリル」「英文法基礎10題ドリル」「とってもやさしい英文法」「英文法・語法Engage」「英文読解入門基本はここだ」

    日本史は「金谷の日本史 なぜと流れがわかる本」と問題集1冊

    現代文は「生きる漢字・語彙力」「基礎からのジャンプアップノート現代文重要キーワード書き込みドリル」

    古文は「望月光の古文教室古文読解編」「望月光の古文教室古典文法編」「基礎からのジャンプアップノート 古典文法・演習ドリル」「学校で使っている古文単語帳」

    これらをこなしてください。

    高校1年くらいの学力があるなら、600時間くらいの勉強で何とかなるはずです(中学レベルも怪しいなら1000時間は必要になると思います)。

    福岡工業大学」や「久留米大学」も九産と同じくらいの勉強量が必要になると思われます。

    英文法書は「Engage」を使ってください(ヴィンテージ・ネクステ・パワーステージは使わないでください)。

    福大も視野に入れている場合はターゲット「1400」も必要になります。九産大が第一志望の場合「1200」で必要十分です。

    西南・福大合格が目標であれば、「上に挙げた参考書+過去問演習」で塾に通わずに十分合格できるはずです。

    何をすればいいかが分かった今

    あとはやるかやらないかです。

    やる人は合格の可能性が高まり、やらない人は不合格になる。

    大学入試ってただそれだけなんです。

     

     

    以下、うちの塾の宣伝をさせてください。

    入塾する場合は上で紹介した参考書の中から塾が指定した参考書を購入してもらいます(生徒が6人以上集まるのなら新たにテナントを借りて自習室も作ります)。

    基本的に自分のペースで勉強をしてもらいますが、塾からの課題は確実にこなしてください(合格するために必要十分なペースで課題を出します)。

     

    進研模試で偏差値50未満、または、50以上でも波があり50前後をうろうろしている人を対象にしているので(「2021年度西南・福大受験英語クラス」)、

    勉強をさぼってきたことが原因で偏差値30台であっても、本気で西南・福大に合格する気持ちがあるなら入塾を検討してみてください。

    ただし、中学レベルの英語が身についていないくらいの実力で偏差値が30台の場合(英検3級の筆記問題にかなりてこずるような場合)、他の生徒と一緒に授業を受けるのは難しいので個別指導塾を勧めます(英検3級レベルに達している偏差値30台と、3級に達していない偏差値30台は、同じ偏差値30台でも置かれている状況がまったく異なります)。

    進研模試で安定して偏差値60以上を取れているのなら、夏休み以降の入塾を勧めます。

    現在中学レベルから文法の復習ができる教材を作成しています。中学レベルの英文法から学び直したい人が多ければ来年からクラスを新しく作ることも可能なので連絡ください。

    在籍校を基準にしない