塾の選び方|「学力」「やる気」「性格」などで選び方は異なる

集団・個別・家庭教師、自分に一番合うスタイルを選んだほうが成績は伸びます。

友達や知り合いからの口コミや評判も参考にして慎重に選んでください。

  1. 自学ができるなら塾は基本的に不要
  2. 塾を利用すべきかどうかの判断基準例
  3. 選び方
  4. 塾の見極め方

塾に関連すページ」があるので気になる方は参考にしてください。

自学ができるなら塾は基本的に不要

自学ができるのであれば塾を利用する必要はあまりありません。

ですので、親がまず始めにすべきことは「どの塾に通わせるか」ではなく、塾に通わせる必要があるのかどうかを考えることです。

「中学生になったら塾に行かなければ成績は伸びない」と思い込んでいる親がたまにいます。決してそんなことはありません。

学校で使っている教科書・ワークをしっかりとやれば定期テストで普通に高得点が取れます。

教科書・ワークだけでは勉強が難しいのであれば、市販されている参考書や通信教育・映像授業(スタディサプリ・進研ゼミ)を利用したりすればいいのです。

塾に任せて勉強をさせるのではなく、塾など利用しなくても自分の力で勉強はできるということを子供たちに教える方が大切だと思います。

「定期テストの勉強ができるだけでは入試に対応できないから塾に通わせる必要があるのでは?」と思う人もいるでしょう。

大丈夫です。公立トップ校や難関私立を受験しないのであれば、定期テストである程度の点数が取れていれば問題ないです。

偏差値59までの公立高校なら、塾に通わず市販の参考書を使った独学でも、受験勉強のやり方を知っていれば十分合格ができます。

ただし、合格の可能性を高めるために偏差値50台の高校を受ける場合中学3年から塾を利用することを勧めます。

参考書・通信教育・映像授業紹介

塾を利用すべきかどうかの判断基準例

塾を利用するかどうかの判断基準をいくつか書いておきます。

自学ができるのであれば無理に塾を利用しなくてもよい場合

  • 難関私立中学を受験しない小学生
  • 偏差値50~60の公立高校を受験する予定の中学1・2年生
  • 偏差値50以下の公立高校を受験する予定の中学生
  • 西南・福大・日東駒専レベルの私立文系大学を受験する高校生
  • 佐賀大・大分大学など比較的簡単に合格できる国立大学

自学ができても塾を利用した方がよい場合

  • 難関私立中学を受験する小学5・6年生
  • 公立トップ校や難関私立高校(西南学院以上) を受験する予定の中学生
  • 偏差値50以上の公立高校を受験する中学3年生
  • 理系が苦手な理系大学志望生
  • 2次試験の問題が難しい国立大学を受験する場合

塾に通わせた方が良い場合

  • 自学ができない場合
  • 集団指導が合わない場合

選び方

塾に通うことを決めたとして、「集団授業塾」か「個別指導塾・家庭教師」のどちらを選んだほうがいいかも迷うかもしれません。

以下を一つの参考にしてみてください。

学年上位10分の1に入っているのなら、大手塾の上のクラス、ハイレベルな内容の補習をしたいならそれに加えて個別指導塾

上位10分の2・3であれば、独学で勉強できるなら独学、上位校を目指したいなら大手・中小で自分の実力合った授業をしてくれる塾

下位10分の3であれば、補習塾か個別指導塾、難しいかもしれないが、市販されている基礎内容の参考書かスタディサプリや通信教材で独学

中間層は、自分に合う集団授業塾か独学

こんな感じでいいと思います。

下位から中間層になったなら、集団が嫌じゃない限り自分の学力に合った集団指導塾に移動したほうが、成績・金銭面を考えても良いと思います。

後は

  • 勉強しない子
  • 聞く耳を持たず明らかに勉強のやり方が間違っていると指摘しても自己流の勉強を貫く子

は集団だろうが個別指導だろうが塾に行っても成績は伸びません

塾に入れたら100%成績が伸びるという分けではないので、そこは勘違いしてはいけません。

塾に入っても成績が伸びない可能性が高い子の特徴

塾の見極め方

福岡市内だけでも、英進館・全教研・エディナ・九大進学ゼミ・ファインズ・森田修学館・昴・秀英予備校・筑紫修学館・筑紫義塾などの有名進学塾があります。

個別指導なら京進・スタンダード・スクールIE・東京個別(TKG)・5-DAYS・秀英PAS・紫修学館(カルゴ・パル)・ITTO・コベッツ・DO・てっぺんなどがあります。

そのほか、南区にはアシスト・あぽろ・一問道場・梅塾・永学館・英和塾・恵成学習塾・学思館・学修館・基侑塾・好学舎・コピカ・ジュネス・すぎやまこだわりの一品・スタジオユービック・ソフィア学院・ソフィア塾・松羅館・瀧塾・筑紫義塾・中西塾・長住松陰塾・ニュートン・福岡進学教室・福岡南セミナー・manaweb塾・明徳学館などがあります。

家庭教師は、サクラ家庭教師センター・日本学術講師会・アルファ・フロンティア・トライ・カーネギー学院・ネクスト・スタンダード・デスクスタイル・福岡県家庭教師ネットワーク・スタートなどがあるみたいです。家庭教師がこんなにあるとは思いもしませんでした。

少し上げただけでもこの数です。関東・関西になると、数えられないくらいの塾があるでしょう。

大手の集団指導塾・個人経営の集団指導塾・個別指導塾・家庭教師どれを選ぶかは、体験授業をさせた上、親が子供と話し合って決めてください。

特に個別指導塾は担当講師との相性が大切です。どのような講師がいるか、できるだけ把握しておくことを勧めます。

以下、簡単な見極め方を2つだけ挙げておきますが、「塾を選ぶときに気を付けること」も参考にしてください。

相性の判断

塾を選ぶうえで一番重要なのは相性です。

ある子にとっては最高の塾であっても、他の子にとっては最低な塾な場合もあります。

友達が入っているからと言う理由で塾には行ってみたら自分には合わなかった。

そのようにならないために必ず入塾前に体験授業を受けてください。

うるさくないか

大手塾の下の方のクラスで起こりがちですが、授業中に騒ぎ声がする塾はすぐにやめさせた方がいいです。

ざわざわしているクラスは、講師が授業をコントロールできていない証拠です。

そのようなところで授業を受けても、生徒たちは楽しいかもしれませんが、成績は伸びません。

個別指導塾も教室によっては勉強をしないで大声で話をするようなところもあると聞きます。

そのような塾は子供が楽しんでいるからという理由でとどめておく必要もありません。すぐに辞めさせることを勧めます。

※ 私は生徒たちの集中力が途切れた時に雑談をしたり、年に何回かは授業よりも雑談が多くなることはありますが、生徒の好き勝手に話をさせることはしません。