高校英語

高校生の英語に関連する記事をまとめています。

  1. 勘違いとは「さようなら」
  2. 最低限やるべきこと
  3. 前置詞は覚えるべきか
  4. 単語帳の選び方
  5. 勉強法
  6. 受験アプリの評判・口コミ
  7. 受験対策

勘違いとは「さようなら」

中学の時に英語は得意だったのに、高校になったら急に英語が苦手になるという人が多くでてきます。

もし「中学と比べて少し難しいな」と感じるだけでなく「高校基礎英語のどこが基礎なんだよ」と高校1年の夏休みまでに感じたのであれば、すぐに気持ちを入れ替えることを勧めます。

「難しすぎて分からん」と感じた時点で、中学の時にまともに英語を勉強をしてこなかったことが証明されるからです。

気持ちを入れ替えずに中学の時と同じように「英語は簡単」と思いながら勉強を続けていると、高校3年になったときにとんでもないことになるでしょう。

中学の時に英語ができると思っている人の大多数が勘違いをしているだけです。

中学英語など、単語の暗記さえできれば偏差値50以下になることはまず考えられません。

文の構造把握をしていなくても、単語と単語をつなぎ合わせて「なんとなくこういう意味だろう」と適当に訳をすればなんとなく正解に達してしまいます。

そんなんで、「英語ができる」と勘違いしているものだから、高校になってから「得意だったのに急に英語ができなくなった」などと思い違いをしてしまうのです。

高校(大学受験)英語が難しく感じる原因

最低限やるべきこと

「英語が苦手でどうしようもない」

「何をしていいか分からない」

そういう状況でも、単語・熟語の暗記だけは最低限やってください。

文法は理解とそれなりの演習量が必要です。

勉強をしたからといってすぐにできるようになるものではありません。

文法・長文読解をやっても理解が難しく、何をしていいか分からなくなってい状況でも単語・熟語の暗記くらいならできるはずです。

単語覚えても長文が訳せない」で書いていますが、英単語を覚えたからといって、英語ができるようになるわけではないことを忘れないでください。

中学の時のように単語さえ分かっていればなんとなく英文が読めてしまうなんてことは大学入試英語では起こりえません。

前置詞は覚えるべきか

英語を理解するために前置詞の理解は必要です。

前置詞がどのようなイメージを持つものなのかを知っているだけで暗記が楽になるというのも事実です。

ただし、単語・熟語・基本文法が不十分なのに、前置詞を覚えようとしても意味がありません。

「なに?この時のofって自分が覚えているイメージとまったく違うじゃん。訳が分からん」と、かえって混乱してしまうはずです。

なので、前置詞を覚えるのであれば、英検準2級に合格できる実力ができてからのほうが良いと思います。

時制の問題」の理解ができないと悩んでいる人も多いと思います。

比較」は暗記ではなく理解をしろと言われたがどう理解すればいいのか分からないという人もいるでしょう。

単語帳の選び方

単語帳はどれを使えばいいか分からないという場合は、とりあえず世間で評判なものを使っておけばいいと思います。

現役生なら高校で単語帳を配布されていると思うので、悩まずそれを使うべきだと思います。

私はつい数年前まで「システム英単語」を押していましたが、今では「別にシスタンでなくていいや」と思うようになりました。

このサイトにはシスタンを押す記事がまだ残っているので時間ができたら修正します(シスタンが悪い単語帳でないので修正をするのに少しためらいもあります)。

英単語は「綴りだけ」か「意味も」覚えるか

勉強法

勉強法は人それぞれなので、自分が正しいと思うやり方でやってください。

また、高校英語ができないから勉強法を教えてくださいという子には「勉強法を悩む前に大学受験に必要な単語・熟語をまずは覚えなさい」と言うしかない場合が多いと思います。

高校英語ができなくなるのは、中学英語と比べ覚えることが多くなっているにもかかわらず、必要な暗記ができていないことが原因です。

勉強法を考えたところで、何も変わらないと思ったほうがいいです。

高校の英文読解ですべきこと

受験アプリの評判・口コミ

「ターゲットの友」「mikan」「本気!私の英単語」「えいぽんたん」などの英語アプリがあります。

これらの評判・口コミを気にする高校生がいるかもしれませんが、自分に合うか合わないか試しにやってみるしかありません。

個人的には単語帳を使って覚えたほうが頭に入るので、このようなアプリは使いません。

「周りが使っていているから自分も使わないとダメなんじゃないか?」

「アプリを使ったほうが効率よくなるんじゃないか」

と思ったりする気持ちも分からないでもないですが、それが自分に良いかどうかは分かりません。

受験対策

現在の実力、受験する大学によりやるべきことが異なります。

英語がほとんどできない人は「大学受験準備英語

高校1・2年である程度勉強をし、進研模試の偏差値が安定して50を超え、目標が中堅大学の場合は「大学入試基礎英語」

MARCH・関関同立、それ以上を目指そうとしている人は「大学入試標準英語」

これらを参考にしてください。