高校になってから英文が急に読めなくなったと思っている人が多いと思います。

今回はそのような人が意識してやるべきことを以下の順で書いています。

    中学英語のことは忘れる

    中学の時に出てくる英文は1文が短いです。

    短いので単語さえ暗記しさえすれば、誰でも簡単に長文が読めてしまいます(読めている気になる)。

    中学英語が簡単に読めてしまう理由は、1文が短いからだけではありません。

    公立レベルの入試問題では具体的な文が使われます。

    具体的な文は抽象的な文と異なり、文の構造が分からなくても単語をつなぎ合わせるだけで内容が推測できてしまいます。つまり、ものすごく英文が読みやすいのです。

    しかも、高校入試に使われる文はきれいごとしか書かれていません。

    人を否定するなどのマイナスなことが正答になることがないので、正誤問題ではマイナスなことが書かれている選択肢を消去し、良い子ちゃんの選択肢の中から答えを選べば正解になります。

    これにより、話の流れをある程度つかみさえすれば、細かい訳ができていなくてもなんとなく正解に達してしまいます。

    たいした力もないのに "英語が得意" と勘違いしてしまうのはここに原因があります。

    高校英語ができるようになりたいのであれば、「英語が得意だ」という勘違いに気づき、基礎から英語をやり直す必要があります。

    文法理解ができて始めて読解ができる

    中学の時は意識している人はいなかったと思いますが、文法と読解の勉強は全く別物です。

    文法の理解なくして、読解ができるようにはなりません。

    文法理解が不十分な人は読解をする前に、文法の理解をしてください。

    帰国子女など母国語並みに英語ができる人を除けば、文法の理解なくして難関大学の英語の問題で安定して合格点を取れるようになることは起こり得ないです。

    「いや、文法の理解は微妙だけどそこそこ長文は解ける」という人も中に入ると思います。私も現役生の時は文法を軽視していました。

    しかし、そう言っている人の大半が、「絶対にこれが正解、間違いない、100%」と確信が持てる問題よりも「なんとなくこれが正解だと思う」、という感じで答えを選んでいるのではないでしょうか。

    それだと合格が運に左右されてしまいます。

    英語の実力が本物であれば、「なんとなくこれ」ではなく、「これが絶対に答えだ」と確信をもって答えられます。

    難しい問題だったとしても「この2つは絶対に違う。答えは2つに絞られているけれどどっちか微妙。おそらくこっちだと思う」というように答えを選べます。

    もし、「文法ができなくても読解はできる」と思っている人で、確信をもって答えられる問題が1・2割しかないのであれば、「文法などできなくても大丈夫」という考えを改めることを勧めます。

    文法を軽視すれば、受験期に成績が伸び悩むはずです。

    そして、その伸び悩みの原因がどこにあるのか分からず、最後まで不安な状況が続くはずです。

    運良く合格できれば良いですが、運が悪ければ不合格です。

    長文を読めるようになるには文法の理解が必要だということを忘れないでください。

    英単語を覚えても長文が訳せない

    品詞・5文型を意識することから始める

    文法の中でも絶対に理解すべきことは、品詞・5文型です。つまり「文構造の理解」です。

    大学入試の長文は1文が長いです。

    たとえ単語の暗記がある程度できていたとしても、文が複雑なので訳すのが難しいです。

    たまたま覚えていた構文が使われている場合を除けば、単語を勝手につなぎ合わせて「こう訳するんだろう」と自分のイメージで適当な訳をすることしかできません。

    自分の勝手な解釈でも、偶然正確な訳ができることはありますが、不正確なこともあります。上述した通り、運に左右されるというわけです。

    品詞・文型の理解ができれば、前置詞句・名詞句(節)・副詞句(節)・不定詞・関係詞などが文でどのような役割をもって使われるのかが見えてきます。

    適当に訳をするのではなく「間違いなくこういう訳になる」と思えるようになってきます。

    読解をするときに、いつでも5文型に当てはめるわけではありませんが、文が複雑になればなるほど「文構造の理解」が必要になります。

    早慶上智・MARCH・関関同立などの難関大学はもちろん、西南・福大などの中堅私立大学を受験する場合も、「文構造の理解」をすることが合格の可能性を高めることになるでしょう。

    5文型

    「品詞・5文型の勉強をしてもよく分からない。別にそれらを理解しなくても文法・語法を暗記すれば問題が解けるんじゃない」と思うはず。

    確かに、文法・語法の4択問題であれば、暗記さえすれば品詞・文型の理解なしにほとんどの問題が解けるようになる。

    たとえば、中学で不定詞の応用として「want 人 to ~ (人に~してもらいたい)」を習ったが、文型を意識して覚えてはいないはず。

    実はこれは5文型。不定詞の部分が補語になっている。他には原形不定詞・現在分詞・過去分詞も5文型の補語になることがある。

    「じゃあ、これらを文型の問題として覚えなければならないのか」と言われたら、そんなことをする必要はない。

    高校でもこれを5文型として覚えることは基本していないはず。単純に語法として覚えるだけ。

    覚えてしまえば答えが出せる。

    つまり、4択問題を解くためだけなら、文型なんか意識する必要はない。

    しかし、品詞・5文型の理解は4択問題を解くために理解するものではない。

    下線部訂正・並び替え・長文読解などができるようになるために理解するもの。

    特に長文で一文が複雑になっているときは5文型を意識して読めば文の構造が見えてくる。

    文を読むスピードが速い人は文型を意識しなくても瞬時に文の構造をつかんでいるから。つまり、品詞・文型の勉強をするのは文の構造を瞬時につかむため。

    当然、文型の理解は1・2ヵ月でできるようになるものではない。

    多くの人がすぐに理解をできるように教えてもらおうとするがそれは不可能。

    普段から意識することで少しずつ分かり始める。そうすれば、ふとした瞬間に「あれ?なんか英語が読めるようになっている」と気付くことになる。

    そう感じた時、自分でも気づかないうちに文型の理解ができ始めていると思って構わない。

    さらに理解が深まると多少複雑な文になっても、文型を意識しなくてもスムーズに読めるようになる。

    そうなるためには文型を意識した精読を常に行う必要がある。

    文型を意識した精読は時間がかかり非効率に思えるかもしれないが、長期的に考えると逆に効率的になる。

    夏休みまでは文法・語法・単語・熟語の暗記と5文型を意識した精読を行う。

    夏休み以降は精読の割合を減らし、過去問の下線部訂正・並び替え・長文読解演習を通じて文型の理解を深めていく。

    夏休みまでは5文型を意識した精読を独力でやるのは難しいはずなので、学校・塾以外で勉強をするときは文法・単語・熟語等の暗記に徹して構わない。

    夏休みころから市販されている英文解釈系の参考書を利用し始める。

    参考:英文読解入門基本はここだ