九州にある地方国立大学は簡単に合格できる・・・

わけはないと思います。

地方国立大学は簡単?

九州大学・九州工業大学・熊本大学レベルになると西南よりも簡単に合格できる

なんていう人はいないと思いますが

福岡教育大学・佐賀・大分・宮崎・鹿児島・琉球大学になると

共通テスト得点率や偏差値を見て

西南の方が難しいんじゃない?

と思う人も少数派ですがいるみたいです。

確かに

2022年1月19日現在河合の各大学の経済学部の数字(左が共通テスト得点率・右が偏差値)を見ると

  • 西南68~74%:52.5~55.0
  • 佐賀63~64%:47.5
  • 大分60~64%:50.0

明らかに西南の方が数字が高いです。

理系学部になると

大分・鹿児島・宮崎・琉球大学は偏差値42.5くらいになっている学部もでてきます。

この数字だけを見ると確かに西南の方がレベルが高いですが

受験生なら誰でも知っている通り国立大学は受験科目数が多いです。

5~7科目の勉強をしなくてはならないところが大半です。

一方私立大学は2~3教科で受験できるところが大半です。

2~3科目の負担で済む私立と5~7科目も負担しなければならない国立

そもそも比較することができませんが

やるべき科目数が増えれば1つの科目にかけられる時間が少なくなることを考えれば

偏差値が低くても負担が多い国立大学の方が合格するのは難しいと考えるのが普通のはずです。

仮に国立大学が第一志望の子が受験科目全体の偏差値が50くらいを取っているとすれば

私立に的を絞って勉強していたら偏差値は60くらいになることも十分考えらるんじゃないかと思います。

数学ができなければ

そもそも、西南に的を絞らざるをえない受験生は

数学(または英語・国語)が苦手で私立しか受験できない

もしくは、

高校1・2年の時に勉強をさぼってしまい国立を目指すだけの時間が足りない

のいずれかです。

国立に合格できる可能性が少なく

私立に的を絞らざるを得なくなった時点で、

西南よりも佐賀・大分大学などの地方国立大学に合格するほうが難しいといえます。

なぜなら、西南なら合格の可能性はあるけど、国立大学に合格できる可能性はその時点でないんですから。

 

事実、私立に的を絞った受験生の大多数が

高校数学

が分からず

私立に的を絞らざるを得なかったからのはずです。

これを考えれば

やはり、宮崎・鹿児島大学といった地方国立大学に合格するよりも西南の方が簡単だといえます。

早稲田や慶応になると地方国立に合格するよりも間違いなく難しいです。

思っているよりは簡単

偏差値的には中堅私大である西南よりも低い国立大学でも

西南に合格するより難しいことは間違いないです。

そうはいっても、

初めから私大に絞らず国立大学を目指せ!!

に書いた通り

思ったほど国立大学に合格するのは難しくないとも思います。

西南に合格するためには、一般選抜で全教科7割くらいとる必要がありますが

佐賀・大分・鹿児島・宮崎・琉球大学になると

文系学部なら共通テストで6割強

理系学部なら共通テストで5割強

とれれば合格の可能性が十分出てきます。

数学が苦手でも

国立文系学部は数学の配点が2割だけしかないところが多くありますし、中には1割だけというところもあります(地方国立文系学部の2次試験は数学が不要なところばかり)。

仮に共通テスト(数学)で5割くらいしか取れなかったとしても、英語・国語の2科目ができさえすれば、普通に合格できてしまいます(この状況が、地方国立よりも西南の方が難しいと思う人を出てこさせているんだと思います)。

高校の授業についていけさえすれば、共通テストレベルの数学で5割くらいとるのはそこまで難しくないはずなので

数学があるから・・・

といって初めから国立をあきらめる必要はないと思います。

 

 

数学が苦手だけど地方国立を目指したいという人は

数学は定期テストの勉強をする程度にとどめ

高校1・2年の時に英語・国語をある程度仕上げる

ことを勧めます。

英語・国語を2年が終わるまである程度できるようになっていれば

3年次苦手な数学に時間をかけることで合格最低点に届くはずです。

九大レベルの国立大学を目指す人も英語・国語を早い段階で仕上げることを勧めます。九大レベルの大学になると1年で英語・数学・国語・理科・社会のすべてをやろうとしても、まず時間が足りないはずです)。

地方国立に行くか迷う

福岡に住んでいる子が県外の大分・宮崎・鹿児島・沖縄大学に通うとなると自宅から通学することができないので

一人暮らしをせざるを得ません。

そうなると、

一人暮らしをするくらいなら西南でもいいのでは?

と思う子がでてきてしまうみたいです。

西南と国立を天秤にかけ、西南を選んだほうがいいかも

と合格後思うのであれば初めから国立大学受験をしないほうがいいかもしれません。

なぜなら

国立の勉強をすると、共通テスト利用で合格できるくらいの実力(確実に6割5分以上取れる)があるのであればいいのですが、

そうでなければ、西南の一般前期or共通テスト併用で受験しなくてはならなくなります。

共通テストの問題を解くための勉強と西南の問題を解くためにやるべきことが異なるので

下手をすれば国立も西南もダメになってしまう可能性が出てきてしまいます。

そうなるくらいなら、初めから西南に的を絞って勉強をしたほうが合格の可能性を高められます。

国立受験は

合格したら必ず国立に行く

という意思のある人がするべきだと思います。