海外の大学に進学したい場合

海外の大学に進学したい場合、高校の成績が大切になるみたいです。

オール5を取れるくらい全科目まんべんなく勉強をしておくべきかもしれません。

英語に関してはTOEFLで一定の点数を取る必要があります。

なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか! ?

世界最高の子育て――「全米最優秀女子高生」を育てた教育法

などの本を見る限り、学校の勉強以外の課外活動、ボランティア、スポーツなど自分をアピールできるものがあるかないかも合否に大きく影響するみたいです。

また、アメリカの大学では、志望大学の教授、卒業生など、知り合いがいること(コネ)も影響するらしいです。

 

海外の大学への関心は個人的にないので、詳しいことは分かりませんが、

学校(海外の大学に合格した子が過去の卒業生にいる高校でないと厳しいかも)、またはエージェントの協力なしに、海外の大学へ合格するのは難しいはずです。

 

しっかりと下調べをして、計画的に高校生活を過ごすことが大切になると思います。