朝課外について

朝課外については「高校の朝課外・補習」「高校の補習・課外は意味ないですか?」ですでに触れていますが

なぜか今日は朝課外のことについての話が多かったので改めて書いておきます(高校の説明会で朝課外についての希望調査があったということを夕方知り、話が多かった原因がなんとなくわかりました)。

 

「勉強をしたい」「その先生の授業を受けたい」

と思うなら受ければいいと思います。

「嫌だけど受けなくてはならないような雰囲気だから仕方がない…」

というような場合は受けない方がいいと思います。

 

学ぶ内容が難しくなり、覚える量も何倍にもなるのが高校です。

イヤイヤながら勉強をしても成績が伸びるわけがありません。

 

自主的に勉強をする気がないのであれば、朝課外は害になることすらあります。

 

押し付けで課外を受けている子は

朝課外があるから、寝不足状態で学校に行く

眠いから課外中に寝る(厳しい先生が課外を端としていたら頑張るが、1・2時間目は爆睡。そういえば母校の化学の先生がものすごく怖くて、同じクラスの子が授業中に寝てビンタ何発も食らって起こされていたのを思い出した。あれは衝撃だった。自分も体育の体育館の中央から外まで何発も往復ビンタされ押しやられたれたことがあるが、それも周りからしたら衝撃だったことだろう)。

このようなになるのが落ちで

朝課外を受けることで睡眠のリズムが狂ってしまい、成績が伸びるどころか下がるかもしれないのです。

 

そもそも、勉強をする気がない子は、朝課外を受けようが受けまいが成績は下がり続けます(そうなら受けないで睡眠のリズムを守らせる方がいいと思う)。

中学の時と同じ勉強量しかしなければ、偏差値が50台中盤以上の高校であれば、授業についていくことも難しくなるかもしれません。

中学を卒業したばかりの子にはなかなか信じられないことだと思いますが、これは本当です。

大学受験を考えているのであれば、

「高校受験と同じように何とかなるだろう」と勉強をさぼり続けてしまうと、3年後に地獄を見ると思ったほうがいいです(だから大学を目指しているのなら勉強をしてください、目指していない子は自分の興味があることに必死になって取り組んでください。ダラダラ生活するのは最悪、間違いなく大人になったときに後悔する)。

 

取り合えず授業を受けさせておけば、どうにかなるだろうと思っている親御さんもいるかもしれませんが、

どうにもなりません。

「朝課外を受けないでいいから睡眠のリズムは崩してはダメ」「普段の授業は真面目に受けなさい」

という交換条件を出したほうが賢いやり方だと思います。

ただし、朝課外を受けなければ指定校推薦の枠はもらえない、通常授業の延長を課外でする

といったことも耳にするので、その場合はどうすべきかは何とも言えません。

 

※ 強制されることでしか勉強ができない子が、朝課外を受けるのは問題ありません。