覚えられませんじゃなくて

覚えるんです。

私も訳合ってちょうど英検1級の単語の暗記をしはじめたところなんですが

単語を見て意味が分かるところまでもっていくのにかなり時間がかかっています(勉強時間が限られているので1か月で600個くらいしか覚えられていません)

覚えるまでに1・2回どころか10~20回くらいやって初めて瞬間に意味が出てくるようになりました。

 

勉強に慣れていない人はどれくらい勉強をすれば頭に入るかが分かっていないこともあり

1・2回覚えて覚えられなければ

覚えられない!!

と思ってあきらめてしまうんです。

1・2回で覚えられる人なん100人に2・3人くらいしかいません。

大半の人は5回6回と暗記を繰り返すことで覚えられるようになります。

もちろん5回6回でダメなら9回10回20回繰り返し覚えるんです。

勉強ができる人は結局はそれだけの努力をしているだけで、自分がどれくらいの努力をすれば覚えられるかを自分で把握しているわけですね。

ただし、ディスレクシアを抱えている場合アルファベットは日本語よりもそれが顕著になることがあると言われています。

1年以上勉強をしているのにbとd、pとqを頻繁に間違える、中にはkとyの判別が難しいという場合もあります。

そのような場合、英語の学習にかなり困難を抱えることが予想されます。

 

うちの塾では塾生に宿題にしている英単語と英文は毎日見なさいと言っています。

初日はすべてが初見なので覚えるのに30分~1時間くらいはかかるけど

2日目は初日よりも早く覚えられるはずですし

3日目4日目になると10分もかからず確認ができるはずです。

成績を伸ばしたいのなら面倒くさがらずに同じ単語を毎日繰り返し見るようにしてください。

これが習慣化すれば大半の子が勝手に成績が伸びます。

やるかやらないか、それだけです。

 

最近はAIで苦手な個所を把握して個々に応じた問題演習をするという教材がでまわるようになりましたが

定期テストで点数を取るだけなら別に構いませんが

自分に何が足りないか

何をすればできるようになるか

を自分で考え解決する

という

子供たちが勉強をするうえでかなり重要な過程を完全に無視しているんじゃないかと思います(自分で何も考えず与えられたものをこなしていくだけ・・・もちろん、何もやらないよりましだけど、そんなことやって意味があるの?お金を稼ぎたいという気持ちで教育産業に入っている人は子供たちが小学・中学・高校で何のために勉強をしているのか、考えているとは思うけどいろいろと耳に入ってくる。フランチャイズの個別指導塾、大手塾の下のクラス、そこに通わせることに意味があるのかしっかりと考えないとだめだと思う)。

定期テストで良い結果を出すのが勉強の目的になっている人が見られますが

勉強のやり方を覚え、その結果、結果も出すことが重要で

結果だけを出すことには大した意味はないと思ったほうがいいです。

所詮、公立中学の定期テストなんて暗記ができるかどうかなんですから、そんなのは勉強の一部の力でしかありません。

本を読んで、自分で考える力を身に付けるにはAIなんかに頼るのはやめたほうがいいかもしれません(AIにできないことをできるようになることが大切だと言われているのに、AIに頼って勉強をするのって???です)。

もっと先のことを考えて勉強をしましょう【哲学対話】。

 

それが強制ではなく自分の意志であることも大切

人から言われて嫌々勉強をしても頭に入りにくい

何点以上取ったらお小遣いをあげるといった見返りを与えて勉強をさせるのは長期的に見たら失敗する可能性が高いのでお勧めしません。

対価を与えて勉強させる