大岩のいちばんはじめの英文法(超基礎文法編)

作成途中

中学英語から高校英語へつなぐ最適の参考書の中の1つが大岩秀樹さんの「いちばんはじめの英文法(超基礎文法編)」です。世間の評判通りの素晴らしい参考書です。

高校レベルの基礎英文法が一番分かりやすく解説されています。他にも基礎英文法の参考書はたくさんありますが、まずはこれを手に取ってください。

なお、超基本的な文法書なので、このブログを見る人も超基本的なことを学ぼうとしている人だと思います。

ですので、本の内容とは関係なく、超基本的なことを学ぶ人に向けてやる気が出るかもしれないことも書いています。

中学英語から高校英語への橋渡しです。

参考書のレビュー

レビューを書きます。

目次

  • 第0講:品詞
  • 第1講:動詞Part①
  • 第2講:動詞Part②
  • 第3講:基本5文型
  • 第4講:時制Part①
  • 第5講:時制Part②
  • 第6講:助動詞Part①
  • 第7講:助動詞Part②
  • 第8講:受動態
  • 第9講:疑問詞と疑問文
  • 第10講:命令文・感嘆文
  • 第11講:不定詞Part①
  • 第12講:不定詞Part②
  • 第13講:不定詞Part③
  • 第14講:動名詞
  • 第15講:分詞Part①
  • 第16講:分詞Part②
  • 第17講:分詞構文Part①
  • 第18講:分詞構文Part②
  • 第19講:関係代名詞Part①
  • 第20講:関係代名詞Part②
  • 第21講:関係副詞
  • 第22講:比較Part①
  • 第23講:比較Part②
  • 第24講:仮定法Part①
  • 第25講:仮定法Part②

構成

大学入試に必要な英文法の基礎を全25講に分け、「講義」⇒「CHECK問題」⇒「講義」⇒「CHECK問題」という形式で、一つ一つ、スモールステップ方式で講義が展開されています。

高校生が最低限身につけていなければならない文法事項はすべて網羅されています。

これといった目新しい構成でもないので特に構成で書くことはありません。

0講で「名詞・動詞・形容詞・副詞」といった品詞を分かりやすく説明しています。英語の長文の中に出てくる単語の品詞が何なのか判断することは大切です。

「品詞なんか覚えても意味ない」と思ている人もたくさんいますが、文法の理解に品詞の理解は欠かせませんし、長文を読むときも英語のつながりを判断するために品詞を見分けられる必要があります。

しっかりと0講で品詞の理解をしてください。

4・5講は時制ですね。

時制は英語が苦手な人にとって理解が難しいです。

時制が???な人は7回、8回も読んで理解してください。(読むときは1日に7回も8回も読むのではなく、初日は3回、次は隔日、1週間、1ヶ月など、一定の感覚を空けて読むことを勧めます。

1ヶ月間隔を空けている間に、他にいろいろな英語にも触れるはずです。そうすると、自分では気づいてないのですが、英語の感覚が少しずつ身についているのです。

最初に読んで理解できなかった時制を1ヶ月後に読んでみると「あれ、これってこういう意味では?」となったりするのです。

いずれ、「よし、時制はもう理解した」と思える時が来ます。そう感じられたら、成績は急上昇するはずです。なぜなら、実はそう思えたときは、時制だけでなく、他の英語の感覚も身についている可能性が高いからです。

上でも書きましたが、時制ができるようになるまでに、時制以外の文法や単語などにも触れているはずです。それらも、気付かないうちに自分のものになっています。

そして、ある瞬間「あれ、これ分かる」「えっ、こういうことだろ、これって?」「なに?もしかして俺(私)って天才?」このように思う時が来るはずです。

そう思えたら、数か月前に「絶対に訳せない」「難しい」と、思っていた英語の長文を見てください。「はっ?なんでこんなのが難しいと思っていたの?」となっていることでしょう。

そうなったらあとは勉強をやることが苦になりません。入試直前に心理的問題が生じて勉強に手が付かなくなることはあるでしょうが、「勉強なんか面倒くせー」と言って、テレビを見たり友達と遊びに行くことは激減するでしょう。

だって、目の前にゴールが見えだしたのですから。

「自分はやればできる」「頑張れば志望校に合格できるかも」

合格というゴールが近づいてくる実感ができれば、よほどのことがない限り挫折しません。

頑張って合格しちゃいましょう!!

これが勉強ができる人・できない人の違いなんですよ。

勉強をあまりやってこなかった人は、「あれ、これってこういう意味では?」と気づく前に挫折してしまうんです。

勉強をしてきた人は「いつかはできるようになる」ということを体験しているので、挫折が起こりにくいんです。

なので、「目に見えていないけれど今やっていることは絶対に知識として蓄積されている。」と思い、気合を入れて挫折をしないようにしましょう。

ただし、勉強をした振りのだらだら勉強では無理ですからね。

読破時間の目安

分詞構文・関係詞・仮定法は英検3級レベルの文法知識しかない場合、理解するのに相当の時間が必要になります。

大岩のいちばんはじめ英文法」を利用する人が英検3級には合格できるけれど準2級には手が出せない人であることを考えると、20時間前後は必要になるはずです。

中堅大学受験生へ

文法に苦手意識を持っていないのであればこの参考書を読む必要は無いです。「ネクストステージ」「頻出英語標準問題1100」をやっていて、文法的に分からないな、というときに「フォレスト」を辞書代わりに使うだけでいいです。

なお、高校3年にも関わらず、にこの参考書を使わなくてはならないくらい英語ができない人もいるでしょう。

そうであっても、九産大、久留米大、福岡工業大学などの大学であれば努力をすれば必ず合格できます。超本気を出せば福岡大学にも合格できるかもしれません。

大学に合格するかどうかは「やるかやらないか」ただそれだけです。

諦めた時点で成長はストップします。

やればできる!! 必ずできる!!