学校で与えられたものを素直に使うのは危険です。

受験する大学や覚えている単語の量によって選ぶようにしてください。

大学受験参考書【英語】

英語が超苦手

模試の英文どころか、高校1年の教科書ですら辞書を何度も何度も引かなければ読めないレベルの人は、中学レベルの単語からやり直してください。

お勧めは、中学~高校1年くらいまでの単語が掲載されている「VITAL1700英単語・熟語 改訂版」です。

さすがにそれが簡単すぎるという人は「基本英単語・熟語ターゲット1100」を使ってください(それが終わってから「1400」)。

このレベルの基本英単語ですら中途半端な人が「ターゲット1900」「データベース5500」を学校で購入させられているのを見ますが

仮に「1900」「5500」が覚えられたとしても(覚えられないと思うが)、おそらく英文を読めるようにはなりません。

大学入試の英文は「ターゲット1100・1400」レベルの基本単語が多くを占めているからです(難しい単語なんてそうそう出てくるものではありません)。

あまり出てこない難しい単語をたくさん覚えても「1100・1400」レベルの単語が頭に入っていなければ英文は読めないのです。

分かりやすく例えると

「道徳心を涵養する」という文章の

「涵養」の意味は知っているのに

「道徳」の意味が分からず

結局何が書かれているのか分からない状況に陥るようなものなんです。

「1100」に掲載されている英単語を見た瞬間に意味が出てこない人は、瞬間で意味がでてくるまで暗記をするようにしてください。

大学受験のための基礎単語

単語帳は学校で購入したものを使えばいいと思います。

ただ、高校で購入する単語帳は「ターゲット1900」や「データベース5500」などの場合もあります。

それらは、中堅私大(福岡なら西南・福大)の標準的な英文が出される大学を志望校にしている人や、センターだけで2次試験がない国立(2次があっても大して難しくないところ含む)を受ける人は覚えなくてもいい単語が載っているのが通常です。

「1900」を使っているならPART2まで、システム英単語なら第2章まで(受験する大学に必要なら多義語も覚えてもいい)で十分です。

もちろん、進研模試で安定して偏差値60以上とれているのであれば、他の科目の兼ね合いも考えたうえで自分が受験する大学に必要であれば難しい単語まで覚えていいですが

偏差値50前後しか取れないのであれば、センターレベルの基本単語を完璧に覚えることに徹するほうが合格の可能性は高まるはずです。

ターゲットであれば「1400」さえ完璧に覚えておけ中堅私大、センターで8割は取るために必要十分な単語力を身に着けられるのだから、無理に「1900」の難しい単語まで覚える必要はありません。

なお、学校で使っている単語帳が自分に合わない人は大型書店に行って視覚的にしっくりくるものを選んでください(単語帳に受験する大学の目安が書いてあるのでそれを参考に)。

熟語帳

熟語帳は学校では購入しないところもあると思いますが、その場合は無理に利用する必要はないと思います。

ネクステ・ヴィンテージなどの文法書の後ろについているものを覚え、それ以外は授業などで出てきた熟語をその都度覚えていくようにすれば必要十分な熟語は覚えられるはずです。

それでも、熟語を暗記したいというのであれば、「速読英熟語」を利用を勧めます。

速読英熟語で熟語の暗記と同時に英文を読む訓練をしてください。

ただし、センターレベルの英文が読めない人は速読英熟語の英文を読むことが難しいと思うので、その場合は本文を読まずに熟語と熟語の例文暗記だけをすればいいと思います。

ターゲット

ターゲット1400でセンターも西南・福大も乗り越えられます。

MARCHレベル以上の大学を一般入試で受けるなら1900では足りないところもありますが

センター・西南・福大なら1400で必要十分です。

1400を完璧に覚えているのに問題が解けないとしたら、単語力以外のことが原因で点数が取れていないだけです(当然1400よりも簡単な中学レベルの単語を知っているという前提)。

センターレベルまでの英文は難しい単語をたくさん知っていることよりも、基本的な単語(ターゲット1100や1400レベル)を完璧に覚えているほうが英文が読めるようになります。

難しい単語がほとんど出ないことが分かっているのになぜ難しい単語を覚えるのか?

出題されない単語をたくさん覚えたところで意味がないということになぜ気づけないのか?

高校で英語を教えている先生ならセンター・西南・福大の英語の過去問をすべて解いているはずです。

解いているなら、1900ではなく1400を使ったほうが絶対にいいということは分かっているはずです。

それなのに1900を使うのはなぜか?

それは私にはよくわかりません。

筑紫丘・春日など偏差値の高い大学を受験する生徒が多いなら1900を使っても構わないですが、

生徒の大半が西南・福大を第一志望にしている高校が全校生徒に1900、もしくは1900と同レベルの単語帳を利用することは理解に苦しみます。

上の大学を目指す子には1900、西南・福大を第一志望にしているなら1400というように、分けたほうが単語の暗記に必要以上の時間をかけなくて済むのに

※英文の中に分からない単語が出てきたらその都度覚えることを否定しているわけではありません。