小学生の時に算数が苦手だと感じている子の中には

なぜそうなるのか理屈が分からないので納得できず頭が混乱しているだけ

ということがあるんじゃないかと思います。

理屈抜きでそうなるからそうなる

と流してしまえば解けるのに

それができないわけです。

 

そういう子がなぜそうなるのか納得するまで地道に問題を考え続けていくことができれば

最終的にとんでもなく算数・数学が得意になるはずです。

 

簡単な文章題の計算を解くのが苦手でずっと悩んでいる

ただそれだけで

学習障害

なんて思い込むのは早計だと思います。

 

文章に書かれてある内容を全く理解できずに立式ができない・計算ができない

というのと

分かっているけど納得できないから考え込んで答えが出せない

のとではまったく状況が違います。

前者であれば数学の専門の先生のもとで学べば確実に算数・数学ができるようになるはずです。

 

 

ちなみに

小学生の算数と公立中学で習う数学のどちらが難しいかと問われれば

私は小学生の算数の方が難しいと思います。