2019年度(2019年3月6日実施)の福岡県公立高校入試結果。

いただいた情報をもとに書いています。

「開示点数を教えてもいい」という方がいましたら「入試の教科別及び総合得点開示請求」からよろしくお願いします。

第4学区

受験した高校は香住丘高校

内申点は1学期40、2学期38

フクト偏差値は8月は61、12月は58

県模試は1月は63

入試本番の点数は233点で合格(高校による開示)

勉強は塾または自宅で3時間(平日)、休日は5時間

勉強に使っていたのは基本的には塾のテキストと入試直前期に過去問

 

その他いろいろな情報をいただき、ありがとうございました。

第5学区

福岡中央高校を受験した方から情報をいただきました。

Aさん

受験校は福岡中央

内申点は1学期36、2学期41

高校による開示は207点で合格

3年になり個別指導塾に通い始める

塾は週に2・3日通い、冬の合宿や日曜日の特別授業にも参加

他にもいろいろと参考になる情報をいただき、ありがとうございました。

 

いただいたメールを読み、

どの塾を選ぶかは「通う子の性格」「通おうとしている塾がどういう状況なのか事前に確認する」ことが大切だということを改めて感じました。

また、私もここ数年感じていた、私立専願受験生が増えたことの弊害を改めて考えさせられました。

来年受験をする子は、私立専願の合格発表後、クラスが浮いた雰囲気になりクラスで集中して勉強ができない環境になる可能性があるということを事前に知り、心構えをする必要があるかもしれません。

私の塾の周辺にある中学でも先生が公立ではなく私立専願を勧める人もいるみたいですが、先生の主張を鵜呑みにするのではなく、参考にする程度にとどめることを勧めます。

勉強から逃げるための私立専願は個人的にはお勧めしません。

第8学区

明善高校を受験した方から情報をいただきました。

Bさん

受験した高校は明善高校

内申41、入試本番の点数は237点で合格

塾で受けた偏差値は55(学校の到達度テストでは校内偏差値65)

スポーツで県大会に出場、生徒会活動

勉強時間は最後の3か月は塾のない日は3時間勉強

中学1年から塾を利用

 

いただいたメールで相当の努力家であることが見えてきました。

Bさんはおそらく大学を受験すると思います。

多くの大学受験生は「何もやることがないからとりあえず偏差値の高い大学に行く」という考えだと思いますが、Bさんはおそらくそのようにはならないような気がします。

「何のために大学に行くのか」を考えることで、高校で学ぶ内容が大学進学後にどのように活かせるのか、自分が今やるべきことが何なのかが見えてくるはずなので、是非、考えてみてください。ありがとうございました。