戸畑工業高校

戸畑工業高校についての詳細情報を以下の順にまとめています。

  1. 偏差値・内申点
  2. 平成30年度の定員・実質倍率
  3. 学校情報
  4. 進路実績

偏差値・内申点

偏差値50以上の受験生はほとんどおらず、偏差値40以上で不合格になっている人はほぼいないみたいです。

いずれの系統も倍率が1.5倍を超えることが多く、その点が不安になるかもしれませんが、確認できる限り、不合格者になっている全員が偏差値30台なので偏差値40以上あるのであれば倍率はそこまで気にする必要はないと思います。

内申点は合格者のほとんどが25以上ですが、20台前半でも偏差値が40以上あれば合格の可能性は高いはずです。

機械・電気系は倍率が1.6倍を超えても偏差値42以上あればほぼ合格できると思います。内申点は25以上を目指してください。

建築系は電気・機械系より若干難易度が高いです。偏差値42でも合格できるとは思いますが、44を目安にしてください。内申点は25以上で大丈夫だと思います。

合格最低点・ボーダー

受験者の相当数がが偏差値40台前半以下なので、ボーダーがどのくらいになるのか見当がつきませんが、仮に私の塾生が戸畑工業を受けるとするならH28・29年の過去問で100点以上取れれば「たぶん合格すると思うから受けても大丈夫」と言うと思います。

参考:北九州地区の公立高校偏差値一覧
参考:福岡県公立高校入試情報
参考:通知表・内申点の仕組み
参考:公立高校志願倍率の仕組み

平成30年度の定員・実質倍率

平成30年度の志願状況は以下の通りです。カッコ内は昨年度。

機械・電気系

  • 入学定員  :120(120)人
  • 合格内定  :46(46)人
  • 一般合格枠 :74(74)人
  • 一般受験者 :126(114)人
  • 一般実質倍率:1.70(1.54)倍
  • 難易度   :難しい

定員120名に対し46名の内定者がいるので一般入試では74名が合格できます。

中間発表後も志願者の変更はなく、受験者は172名になりました。

一般入試は受験者172名から内定者を引いた126名が受験するので、実質倍率は1.70倍(不合格になるのは52名)です。

志願者が2年連続増加しました、とはいっても平成27年度以前の倍率と比べれば低いです。

受験者の大半が偏差値40台という過去の状況と同じであれば偏差値45以上あれば合格の可能性は高いはずです。

ただ、偏差値40台前半の人は倍率が増えたせいで、運良く合格する確率は減るので、合格するのは難しくなるはずです。

建築系

  • 入学定員  :40(40)人
  • 合格内定  :15(15)人
  • 一般合格枠 :25(25)人
  • 一般受験者 :35(30)人
  • 一般実質倍率:1.40(1.20)倍
  • 難易度   :難しい

定員40名に対し15名の内定者がいるので一般入試では25名が合格できます。

中間発表後も志願者の変更はなく、受験者は60名になりました。

一般入試は受験者60名から内定者を引いた35名が受験するので、実質倍率は1.40倍(不合格になるのは10名)です。

建築系の受験者は偏差値30台が多くを占めることが多いので、偏差値40以上あれば十分合格の可能性はあります。

ただ、10名も不合格者が出るので、本番で変なミスをしないようにしてください。

学校情報

機械・電気系は2年次から自分の興味・関心に応じて以下の6つのコースを選ぶことができるみたいです。

  • 自動車技術
  • 機械技術
  • 電気技術
  • 電力管理
  • ロボット技術
  • 情報通信

建築系は以下の2つのコースがあります。

  • 建築技術
  • 建築デザイン

在校生数

H30年度は、2018年9月20日現在、高校のHPで公開されていないので分かりません。

H29年5月現在の在籍生徒数(左男子・右女子)は以下の通りです。

機械・電気

  • 1年:117名・4名
  • 2年:117名・0名
  • 3年:115名・4名
  • 合計:349名・8

建築系

  • 1年:34名・6名
  • 2年:28名・12名
  • 3年:36名・4名
  • 合計:98名・22

所在場所

戸畑工業高校」は福岡県北九州市戸畑区丸町3-10-1にあります。

進路実績

例年就職希望者が8割で就職率は100%らしいです。

進学者は20人前後になることが多いみたいです。年によっては専門学校よりも大学進学のほうが多いときもありますが、進学者の半数以上が専門学校のようです。