10学区の定員・倍率(平成28年・29年度)

現在更新作業中です。

第10学区にある普通高校の平成28年・29年度の定員・倍率です。

  1. 伝習館
  2. 三池
  3. 山門
  4. ありあけ新世

参考:筑後地区の公立高校偏差値一覧
参考:福岡県公立高校入試情報
参考:公立高校志願倍率の仕組み

伝習館

伝習館高校」の過去の定員・実質倍率を書いています。

H29年度

  • 入学定員  :200人
  • 合格内定  :52人
  • 一般合格枠 :148人
  • 一般受験者 :167人
  • 一般倍率  :1.13
  • 昨年実質倍率:1.34倍
  • 難易度   :易しい

推薦入学の合格者枠は40人程度とされていました。実際に合格したのは54人中52人(1.04倍)です。

200人の定員から内定者の52人を引いた148人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が222人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.15倍(148/170)です。数字上は22人が不合格になります。

変更で受験者数が3人減り受験者数が219人になりました。昨年度より実質倍率が0.21倍減りました。

H28年度

定員200人に対し、志願者数251人(変更前255人)。名目倍率1.26倍、内定者(52人)を除いた実質倍率は1.34倍でした。

三池

三池高校」の過去の定員・実質倍率を書いています。

H29年度

  • 入学定員  :200人
  • 合格内定  :54人
  • 一般合格枠 :146人
  • 一般受験者 :160人
  • 一般倍率  :1.10倍
  • 昨年実質倍率:1.08倍
  • 難易度   :同じ

推薦入学の合格者枠は42人程度とされていました。実際に合格したのは58人中54人(1.07倍)です。

200人の定員から内定者の54人を引いた146人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が211人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.08倍(146/157)です。数字上は11人が不合格になります。

変更で受験者数が3人増え受験者数が214人になりました。昨年度より実質倍率が0.02倍増えました。

H28年度

定員200人に対し、志願者数212人(変更前210人)。名目倍率1.06倍、内定者(56人)を除いた実質倍率は1.08倍でした。

山門

山門高校」の過去の定員・実質倍率を書いています。

普通科

H29年度

  • 入学定員  :140人
  • 合格内定  :52人
  • 一般合格枠 :88人
  • 一般受験者 :125人
  • 一般実質倍率:1.42倍
  • 昨年実質倍率:1.18倍
  • 難易度   :難しい

推薦入学の合格者枠は40人程度とされていました。実際に合格したのは65人中52人(1.25倍)です。

140人の定員から内定者の52人を引いた88人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が175人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.50倍(88/123)です。数字上は35人が不合格になります。

変更で受験者数が2人増え受験者数が177人になりました。昨年度より実質倍率が0.24倍増えました。

H28年度

定員140人に対し、志願者数156人(変更前156人)。名目倍率1.11倍、内定者(52人)を除いた実質倍率は1.18倍でした。

理数コース

H29年度

  • 入学定員  :20人
  • 合格内定  :10人
  • 一般合格枠 :10人
  • 一般受験者 :26人
  • 一般実質倍率:2.60倍
  • 昨年実質倍率:0.94倍
  • 難易度   :かなり難しい

推薦入学の合格者枠は7人程度とされていました。実際に合格したのは19人中10人(1.90倍)です。

20人の定員から内定者の10人を引いた10人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が37人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた2.70倍(10/27)です。数字上は17人が不合格になります。

変更で受験者数が1人減り受験者数が36人になりました。昨年度より実質倍率が1.66倍増えました。

H28年度

定員20人に対し、志願者数19人(変更前17人)。名目倍率0.95倍、内定者(3人)を除いた実質倍率は0.94倍でした。

ありあけ新世

ありあけ新世高校」の過去の定員・実質倍率を書いています。

H29年度

  • 入学定員  :160人
  • 合格内定  :62人
  • 一般合格枠 :98人
  • 一般受験者 :115人
  • 一般倍率  :1.17倍
  • 昨年実質倍率:1.67倍
  • 難易度   :かなり易しい

推薦入学の合格者枠は48人程度とされていました。実際に合格したのは65人中62人(1.05倍)です。

160人の定員から内定者の62人を引いた98人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が175人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.15倍(98/113)です。数字上は15人が不合格になります。

変更で受験者数が2人増え受験者数が177人になりました。昨年度より実質倍率が0.50倍減りました。

H28年度

定員160人に対し、志願者数226人(変更前229人)。名目倍率1.41倍、内定者(62人)を除いた実質倍率は1.67倍でした。

一昨年度は名目倍率が1.11倍でした。