このサイトで発達障害や学習障害に関していくつか書いてきました(多く閲覧されているのは「学習障害」)。

本当のところ、たとえ、塾をいったん閉め、大学に入り直して発達障害や知的障害(心理学や精神保健など幅広く)についての勉強をし直したという経緯が私にあるとしても

専門家ではない一塾講師が書いていいものか迷いました(どれだけ本を読んで知識があっても(今は以前のように勉強をしなくなったので用語知識は頭からほぼ消えている)結局は素人の浅い知識なので間違いや誤解が生まれる可能性が高いから)。

が、言葉を多少濁しつつも記事をUPしているのが現状です。

なぜ、発達障害について書くのか

その理由は

親や子供に何かを指導する立場いる講師は、発達障害について最低限度のことは知っておいてもらいたいからです(30代後半以降の学校の先生の中には知識が乏しすぎる、関心がない?人が多いように思えるので、そうだとすればそういう先生も)。

 

今回改めてこの記事を書くに至ったのは、

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)」という本を読んだからです。

読むことを勧めたいですが、すべての人に勧めていいかは迷うところです。

おそらく、この本を読むことで、人によっては

不快に思ったり、不必要に不安に駆られてしまうことがあるかもしれません。

なので、本を購入して読む場合は自己責任でお願いします。

 

 

児童精神科医である著者が職務経験上、軽度知的障害の存在を知り早期に適切な対応をすることが大切だと書いてあります(専門家ではない私が本を読んだだけの知識では、書きたくても書いてはだめな内容がたくさん書かれています)。

学校の勉強ができるかできないかだけに意識がいき、障害に気づかれないまま何も対処せずに親元を離れ社会に出てしまえば、社会生活に困難を抱える可能性が高くなること。

「なぜ勉強ができない」と努力をしてもどうにもならない子に勉強を強いること(もちろん、学校の勉強ではなく社会生活に必要な能力を高める努力は必要だし、学校の勉強をしないでいいというわけではありません)で、その子がどれだけ苦しむことになるか。

「勉強ができない=学習障害や何らかの発達障害が原因」ではなく、知的障害の可能性も考えなくてはならないということ(これは専門家でなければ絶対に口にできないこと)。

知的に問題がなくIQが高くても社会に適応できない人、境界知能の人がどれくらいの割合でいるか。

認知に問題があるなら認知機能を高めなければ何を教えても理解できないということ(本には書いていませんでしたが、これは特に極端に認知機能に問題がある場合に限ってのことだと思います。もちろん、認知に弱いところがあれば、そうでない人と比べて勉強で差がついてしまうこと頑張っても平均点に達さないということは起こりえると思います)。

外見からは障害があるかどうかは判断できない場合が多いということ。

 

一般向けにここまで知的障害について突っ込んで書いてある本はおそらくありません。

必要以上に不安になることはダメですが、人間の発達や精神について少しでも知識があることで、支援が必要にもかかわらずそれが放置されるということが減る可能性は高まるはずです。

 

タイトルに「非行少年たち」とありますが、何らかの障害があるからといってすべての人が犯罪を犯すというわけではありません。

また、書いてある内容が本当に正しいかは分からないので鵜呑みにしてはいけません。

ただ、著者の過去の経験は単なる思い込みではないことも事実だと思います。

 

(今まで複数、発達障害、特に頑張っても思うように勉強ができない子の存在について書いているのは、おそらくそうである可能性があるのに、それに気づけない人もいると思うからです。「余計なお世話だ」と思われるのは分かっていたとしても、もし本人の努力ではどうにもならないのに「勉強しろ」「なぜできない」と言われ続ける子がいるとするなら、その状況をどうにか変えてあげたい。ここで書いてあることをきっかけにそういう子が減るかもしれない。そう思うから、書くべきではないことは分かっていても発達障害について書いてきました。市販の勉強本に「やれば絶対に誰でも成績が伸びる。私が教えた子は絶対に伸びている。伸びないのは勉強法が悪いからだ」ということが書かれてある本がいまだに売られています。確かに努力をすればできるようになる人はたくさんいます。しかし、どれだけ努力をしても思うような結果が得られない人が一定数いるのが現実だと思います。今回、紹介した本にはそれについてかなり突っ込んで書かれています)

 

 

子どもの発達段階を知らないと本を読むことで不安だけが募る可能性もあるので

など、比較的読みやすい発達心理学の本を読んでおくのもありだと思います。

掛け算九九をなかなか覚えられなかったり、中学1年の1学期に英単語がなかなか頭に入らない

ただそれだけで「もしかしたら」と思ってしまうのは危険です。

友人関係などで心理的に不安定なときなど、何かを覚えようと思っても何も頭に入ってこないということもあります。