今年はうちの塾から西南・福大を受験した子が一人もいないので、書けるときに思っていることを書いておきます。

 

高校入試が直前1・2か月でどうにかなってしまうのと異なり、

大学入試は、不合格になる人は夏休み明けにほぼ決まっている。

夏休み終了時点で「この子は合格できない」と思った子で合格した子は一人もいない。

なぜ合格できないことが分かるのか

それは不合格になる子は

「その程度の努力で合格できるなら全員合格しちゃっている」

と言いたくなる子で

絶対的に勉強量が足りないから

大学受験を高校受験と同じくらいに思っているから

 

不合格になる子は不合格になるべくして不合格になっているということを、本気で大学受験を考えている来年の高校3年生は知らなくてはいけない。

4・5年前なら西南・福大にぎりぎり合格できていたであろう子は今ではまず合格できないわけだから、今から必死にならなくちゃ。

部活が終わってから必死になって勉強すれば西南・福大程度なら合格できるだろうと楽観している子がいるなら考えを改めなくてはいけない。

部活が終わってから成績が一気に伸びるのは基礎が出来ている子

基礎がゼロで偏差値が40台前半くらいしかないのなら、部活が終わってからの数か月の努力では福大くらいなら不可能とまではいえないがかなり厳しい。

中学の時に2・3か月本気で頑張り特定の科目が偏差値40台前半から60前後になり中堅公立高校に合格できた子は根拠のない自信を持っていたりするはずなので

そういう子も危険

中学で偏差値40前半から特定の科目を偏差値60前後にすることはたいして難しいことではない(本人にとっては難しいと思う)が、大学受験はそんなに甘くない(中学時代偏差値60くらいで自分ができると勘違いしてしまい高校で勉強をさぼっていたら福大にすら合格はできない)。

 

 

一つ追記すると

必死に努力した子の中には

「かなりの確率で合格できるだろう」と思える子だけでなく

「頑張ったけれど合格は難しいかもしれない」と思える子が出てくるのは当然

努力をしたのに結果を出せない人も多くいる。

受験は、個人の能力差(理解力・暗記力・集中力など)、勉強のやり方、運などが合否に関係するから当然と言えば当然。

 

必死に勉強をしたと自分で思っていたとしても、それが明らかに非効率なやり方であれば、受験勉強がどういうものか分かっている人には敵わない。

 

A・Bの2人がいてAの方が偏差値的に5高かったとしても、自分が得意な個所が運よくでてきてBは合格Aは不合格ということもある(ただ、この手の運は本当に努力した人しか起こりえない)。