国際医療福祉大学

国際医療福祉大学に関連する情報を以下の順で簡単にまとめています。

  1. 学生数・充足率
  2. 所在場所
  3. 授業料
  4. 偏差値・合格最低点
  5. 学力特待制度

福岡県内にあるその他の大学については「福岡県内の大学情報」を参考にしてください。

学生数・充足率

各学科の学生数(在籍数/定員)・充足率をまとめています。

  • 看護  :408/360(113.3%)
  • 理学療法:380/320(118.8%)
  • 作業療法:174/160(108.8%)
  • 言語聴覚:184/160(115.0%)
  • 医学検査:358/320(111.9%)
  • 合計  :7,096/6,505(109.1%)

作業療法学科を抜かし充足率に余裕があまりないです。2018年度は若干合格が難しくなる可能性があります。

学年定員は看護学部100名(平成28年度に80名から定員増)、理学療法学科・医療検査学科は各80名、作業療法学科・言語聴覚学科は各40名です。

国際医療福祉大学は全国にある大学です。「合計」は全国に展開されている学部の合計数です。

詳しく調べることができていないので、もしかしたら違うかもしれませんが、全国に展開している学部の総収容人員が大学規模になるはずなので国際医療福祉大学は中規模大学とみなされ、充足率は120%までとされるはずです。

所在場所

国際医療福祉大学」の福岡キャンパス(看護学部)は福岡市早良区百道浜1-7-4にあります。

大川キャンパス(保健医療学部)は福岡県大川市榎津137-1にあります。

授業料

初年度の納付金(卒業までの費用)です。

  • 看護  :1,610,000(6,140,000)円
  • 保健医療:1,550,000(5,900,000)円

納付金以外にその他の費用が卒業までに14万~26万(学科により異なる)なども必要になります。

偏差値・合格最低点

進研の偏差値は以下の通りです(カッコ内は河合の数字。%はセンター得点率)。

なお、合格最低点は非公開です。

なお、大幅に納付金が免除される特待生として合格するには12月に実施される特待奨学生特別選抜入試を受ける必要があります。

金銭的負担をできる限りなくしたい人はS特待を目指してください。

ただし、看護学部のS特待に選ばれるには福大にギリギリ合格できるくらいの実力では難しいと思います(。

看護学部

  • 一般前期:偏差値55(47.5)
  • センター:偏差値55(64%)

理学療法学科

  • 一般前期:偏差値52(40.0)
  • センター:偏差値54(59%)

作業療法学科

  • 一般前期:偏差値50(40.0)
  • センター:偏差値50(53%)

言語聴覚学科

  • 一般前期:偏差値49(42.5)
  • センター:偏差値50(62%)

医学検査学科

  • 一般前期:偏差値52(45.0)
  • センター:偏差値53(70%)

合格難易度

看護学部は簡単には合格できません。H29年度入試の一般前期では倍率が4.1倍でした。

久留米大学の看護科に合格するよりも難しい可能性があります。

AO・推薦入試は一般入試よりも合格しやすいですが、看護学部と医療検査学科はそれなりの実力がなければ合格は難しいみたいです。

学力特待制度

特待奨学生Sに選ばれれば授業料(360万)が全額が無料にります。

看護学部は通常であれば卒業までに614万円程度必要な納付金が254万円、保健医療学部は590万円程度が230万円で済みます。

Aだと授業料50%(180万円)、Bだと30%(108万円)相当額が給付されます。

 S・A特待に選ばれるには特待奨学生特別選抜を受ける必要があります。

 看護学部は特待奨学生Bはありません。