折尾愛真短期大学

折尾愛真短期大学に関連する情報を以下の順で簡単にまとめています。

  1. 学生数・充足率
  2. 偏差値(合格最低点・倍率など)
  3. 入試難易度
  4. 特待制度
  5. 学費
  6. 学科情報
  7. 所在場所
  8. その他情報

その他の短期大学については「福岡県内の短期大学一覧」、4年制大学は「福岡県内の大学一覧」を参考にしてください。

学生数・充足率

学生数は1年は116名、2年は115名、合わせて231名。

充足率は115.5%です。

入学定員は平成29年度入試に90名から100名に増えました。

平成25年度は志願者が87名しかいなかったのに、26年度には155名に急上昇し、その後164名、166名、148名、平成30年(昨年度)は157名と3桁の受験生を確保し続けています。

24年以前のデータがないので25年度がたまたま受験者数が減っただけなのか、2桁の志願者しかいなかったことが続いているのかは定かではありません。

ただ、定員が増えたことを考えると、26年より前は受験者が少なかった可能性が高いです。

もしかすると、スポーツマネジメントコースが新たに新設されたことが影響しているかもしれません。

偏差値(合格最低点・倍率など)

進研で42になっています。

河合は偏差値が見当たりません。

合格最低点も、一般・推薦・AOすべての入試形態の倍率も分かりません。

入試難易度

どの形態の入試でどれだけ合格者を出しているのかを調べることはできませんでした。

定員が100名になってからの合格者は、平成30年度は129名、29年は134名が合格しています。

志願者数は上記の通りなので、不合格になっている人は一定数います。

ただ、合格者に対する入学者の割合はものすごく高いので受験生の大半が推薦入試で受けていることが予想されます。

なので、一般入試の難易度がどの程度なのかは分かりません(よほど何もできない人を除けば合格すると思いますが)。

特待制度

入学金5万、授業料年間39万円の免除が受けられる特待制度があります(推薦・AO入試受験者のみ)。

3年間の評定平均が一定以上あるか国家資格や検定で優秀な成績を収めた人(校長の推薦書が必要)にA特待の受験資格があるみたいです。

授業料年間19万免除になるB特待はA特待よりも条件が緩いです。

選考方法は「面接、小論文、調査書」だけです。

ネットで検索しても何が出題されるかは分からないはずなので、小論文対策は在籍している高校に頼めばよいと思います。

授業料

2019年度の初年度の学納金です。

  • 入学金   :100,000円
  • 施設資金  :50,000円
  • 授業料   :470,000円
  • 教育充実費 :250,000円
  • 実験実習費 :12,000円
  • その他委託費:24,000円
  • 合計    :979,000

2年次は前期後期合わせて849,300円です。

学科情報

学校のHPに書かれてあるカリキュラムを基(引用させてもらっています)に、学科ごとに何を学べるかを簡単に書いています。

「商業」「観光ビジネス」「経営情報」「スポーツマネジメント」4つのコースがあります。

商業コース

幅広い視野と社会で役立つ実践的な知識と教養を育むことが目標みたいです。

特色は

  1. 「生きる力」を修得
  2. ビジネス知識を学ぶ
  3. 実践力を身につける

の3つです。

観光ビジネスコース

観光業界を中心に、世界で活躍する人材を育成することが目標みたいです。

特色は

  1. 観光ビジネスの知識を修得
  2. ホスピタリティを学ぶ
  3. 企業&コンサル力を養う

の3つです。

経営情報コース

高度情報化社会を生き抜く実践的な能力を身につけることが目標のようです。

特色は

  1. 情報のスペシャリストを養成
  2. 資格取得によるキャリア形成
  3. 充実した環境でスキル修得

の3つです。

データベース作成、プログラミング言語を学ぶことができるので、学校の勉強が嫌いな人でものめり込むことができるかもしれません。

スポーツマネジメントコース

スポーツと経営の基礎知識を習得し、広く社会に貢献する人材を育てることが目標のようです。

特色は

  1. スポーツビジネスのスペシャリストを養成
  2. 幅広い業種に通用する知識

の2つです。

スポーツをしてきた人にとって価値あることがたくさん学べるコースだと思います。

所在場所

折尾愛真短期大学」は北九州市八幡西区堀川町11番1号にあります。

その他情報

何かあれば追加します。