福岡県内の大学入試情報

福岡県内の主要私立大学についてまとめています。作成途中

目次

  1. 県内の大学
  2. どの大学を受験するか
  3. 県内私大受験基本事項

県内の大学

福岡県内にある大学の情報をまとめているので参考にしてください。右側の料金は各大学の一番安い学部(二部・夜間除く)の初年度の学費です。

※ 各大学の資料請求・最新情報は「福岡県内の大学」(別サイト)も参考にしてください。

どの大学を受験するか

やりたいことが決まっていない人は文系なら西南、理系なら福大を目指して勉強をしてください。

高校3年の4月なら本気で勉強をすれば偏差値30台からでも西南に合格できる可能性は十分あります。始めから「福大に合格できたら十分」などという考えでは福大にすら合格できないかもしれません。

福岡県内の私立文系大学を受験するなら迷わず西南を目指してください。

国語は漢文はありません。現代文は語彙力が偏重です。英語はスピードよりも正確に読めることが重視されます。日本史・世界史・政治経済は知識偏重型になっています。

模試とは全く出題形式が違うのです。

模試で偏差値を出すために勉強をしていては合格には非効率な勉強になってしまいます。

それなりの実力がある人は特に意識しなくても模試でも西南・福大入試でも簡単に合格点を取ることができますが、多くの受験生は合格できるかどうか微妙な位置にいるはずです。

微妙な位置にいる人はたとえ模試でC・D判定をとろうが過去問を重視した勉強をしてください。模試の判定が悪くても過去問で合格最低点が取れていれば「D判定だから合格できない」と不安になることもありません(合格できるかどうかの不安が消えるわけではない)。

もちろん、基礎学力がなければ西南・福大合格は無理です。英語なら、英検準2級には最低でも合格できる実力がなければ話になりません。

勉強方法

勉強をしているのに成績が伸びないのは勉強法が悪いからだと思っている人がほとんどです。

しかし、実際は“勉強法が悪いだから成績が伸びない“ということはあまり考えられません。

成績が伸びないのは“勉強をしていない”からです。

私は今までに多くの子ども達を見てきましたが、「成績が伸びない」といっている子のほぼ全員が勉強をしていませんでした。

本気で合格をしたいと思うなら、絶対に勉強をしてください。

何も考えずにただ机の前にいるだけ、何も考えずにただテキストを読んでいるだけ、覚えようとせずにただ単語を殴り書きしているだけ、スマホが気になって実際に勉強しているのは3時間のうち20分くらい。

このような状況にいたら1年では絶対に西南・福大に合格はできません。

そもそも、勉強法など人によって違います。共通するのは記憶に残すためには繰り返しが必要だということくらいです。

私は私の勉強法が確立しているので、私にとって一番効率が良い勉強法で勉強をしています。しかし、それが他の人に良いかと言えばそうでもありません。

今まで多くの生徒を見てきましたが、成績の良い生徒がみな同じやり方で勉強しているわけではありませんでした。皆、自分のスタイルを自分でみつけています。

「いやいや、それでも勉強ができる人の勉強のやり方を知りたい」というのであれば参考書の最初のほうのページを見てください。

ほぼすべての参考書に勉強のやり方が書いています。参考書を出すくらいのすごい人が勧めているやり方なので間違いはないはずです。

でも、成績が伸びない人はそれを読んでもその通りの勉強法はしないと思います。

「あ~、そういう風にやればいいんだ」と思うだけで終わってしまうはずです。そして、勉強をしたふりをするのです。

だから成績が伸びないのです。

勉強をしても(していると勘違いしているだけ)成績が伸びないのは、結局は勉強をしていないからなんです。

本当に成績を伸ばしたいと思ったら、とにかく本気で覚えようとしてください。そうすれば成績は伸びます。

集中できない

集中できない原因はたくさんあると思いますが、椅子に座って勉強をするときは、ペンを持たないと集中できません。

中にはペンを持たないで成績が良い人もいますが、成績の悪い人がペンを持たずに勉強していると、椅子に座ってから1時間もしないうちに睡魔が襲ってくるはずです。

ペンを持って読んでいるところをなぞるだけである程度集中ができるので実践してください。

成績がよろしくない人が姿勢が悪いと、例外なく睡魔に襲われます。

音読をすると睡魔に襲われなくなります。

勉強した内容を自分の頭の中で整理する作業をすると睡魔に襲われなくなります。

甘さを捨てろ

合格したいのであれば、自分を甘やかさないでください。

本気になってください。

それだけです。

以下のページに逆転合格の方法について書いているので参考にしてください。

参考:中堅私立大学受験

県内私大受験基本事項

私立大学入試について何も知らない高校1・2年生が意外と多いので受験についての基本的なことを書いておきます。

誰でも1年で合格できる

九大や九工大レベルの大学に1年の努力で合格するのはかなり難しいです。

勉強習慣のない人にとっては耐えられないくらいの努力が必要になるのでほぼ不可能と言っても構いません。

しかし、私立大学なら西南・福大レベルであっても高校3年から1年間努力をすれば誰でも合格できる可能性はあります。

※ 1年で合格できるといっても、早めに勉強をするに越したことはありません。この記事を見た人は今から入試を意識した勉強を始めましょう。

3教科で受験ができる

既に多くの人が知っていると思いますが、西南・福大の一般入試は基本的に英語・国語・選択科目、併せて3教科で受験ができます。

学校では3教科以外にも複数の教科を勉強します。特定の科目が苦手だと「大学に合格できない」と不安に思ってしまう気持ちも分かります。

しかし、冷静に考えてください。

受験は3教科でいいので、受験科目と関係ない教科が全くできなくても合否に影響しません。

英語・国語・選択科目の勉強だけをしていれば西南・福大に合格できるんです。

勉強が嫌いだったり、時間がなかったり、国立大学に行かない人であれば3教科に的を絞って勉強をすることを勧めます。

学校の成績は入試に関係ない

私立大学の一般入試では、高校の成績は全く見られません。卒業さえできれば内申点がどれだけ悪くても構いません。

入試で合格最低点を超えれば合格ができるのです。

学校の勉強は赤点を取らない程度にしておき、入試を意識した勉強をするだけでかなりのアドバンテージになります。

問題が簡単

西南・福大の入試は簡単です。

早稲田・慶応レベルの大学のように、問題が複雑であれこれと考えなければ答えられないような問題は出てきません。はっきりいって能力がなければ全く手も足も出ません。対策も大変です。

しかし、西南・福大の問題は勉強をしさえすれば、誰でも正解をすることができます。能力など関係ありません。継続して勉強をすることができれば、誰でも合格できます。

もちろん、それまで全く勉強をしてこなかった人は、想像を絶する努力が必要になることは言うまでもありませんが。

参考:中堅私立大学一般入試で知っておくべきこと