「塾に入れば絶対に成績は上がるのか」

「個別と集団ではどっちが伸びるか」

以上2点について、書いています。

塾に入れば絶対に成績は伸びるのか

分かりません。

学力が伸びるか伸びないかは個人の能力、やる気が影響します。

相性が良かったり、適切な指示を受けたりすることで劇的に成績が伸びる子がいます。

一方、伸びるどころか学年が上がるにつれ成績が下がり続ける子もいます。

やる気がなければ塾に通っても成績が伸びることはあまり考えられません。

塾に入れればそこの塾の指導力によって急に成績が伸びると勘違いしている親がいるかもしれませんが、やる気がない子のやる気を出させることはよほど相性が良くなければ難しいです(イケメン大学生講師に指導を受けることで、勉強を始める場合など)。

どれだけ、指導能力に優れた人が指導に当たったとしても、聞く耳を持たない生徒には暖簾に腕押しです。

「成績を伸ばしたい」という気持ちがゼロなのに親が無理やり塾に入れたところでお金をどぶに捨てるようなものです。

伸びる可能性が高い場合

定期テスト直前期にある程度勉強をしているけれども、勉強のやり方が間違っていることが原因で結果が出ない場合。

それまで勉強をさぼってきたが、気持ちを入れ替え努力をし始めようとしている場合(中3生に多い)。

伸びない可能性が高い場合

本人のやる気がそこまでないのに、成績が下がり続けたと半ば強制的に親から塾に入れさせられた場合。

間違った勉強をしているのにそれを指摘してもなかなか訂正できない場合。

また、ものすごくつらいことですが、どれだけ勉強をしても成績を伸ばすことができない子も現実にいます。

全くできない場合、単純暗記はできるが理解ができない場合(語彙力が乏しくや読解力がなく国語が苦手の場合が多いかもしれません)。

塾に入っても成績が伸びない可能性が高い子の特徴

個別のほうが集団よりも成績が伸びるのか

分かりません。

ただ、個別指導塾で成績が伸びる人は集団授業でも成績が伸びる可能性は高いです。

というよりも、個別で成績が伸びる子は塾に通わなくても成績は伸びるはずです。

そもそも、個別指導塾はトップレベルの学校に合格することを目標にしているそれなりに実力のある人、学校の授業についていくことができない人、集団塾に通いたいけれど時間的に難しいから個別指導しか選択できないという人が利用すべきものです。

普通に成績を伸ばすだけなら個別指導塾などに通わずに集団授業塾に通ったほうが絶対にいいです。

「集団授業が嫌いだから、個別指導に通う」という子がかなり多いですが、自分以外の人が周りにいる環境を避けて何か得なことがあるのか疑問です。

そういう子は高校になってからも個別指導塾に高い授業料を払うのでしょうか?

就職するときも、個人指導をしてくれる塾に通うのでしょうか?

子供が個別指導じゃなければ勉強ができないというわがままを受け入れると、それが当たり前になり、いつまでも無駄な教育費を払い続けることになります。

個別指導を利用するのは例外的な場合だけです。