福岡女子短期大学

福岡女子短期大学に関連する情報を以下の順で簡単にまとめています。

  1. 学生数・充足率
  2. 偏差値(合格最低点・倍率など)
  3. 入試難易度
  4. 特待制度
  5. 学費
  6. 学科情報(入学定員)
  7. 所在場所
  8. その他情報

その他福岡県内の女子・短期大学については以下を参考にしてください。

参考:福岡県内の女子・短期大学

学生数・充足率

以下の数字は、29年5月現在の「在籍数 / 収容定員:充足率」です。

  • 食物栄養 :92/140:65.7%
  • 音楽   :76/160:47.5%
  • 文化コミュ:72/140:51.4%
  • 保育   :128/140:91.4%

偏差値(合格最低点・倍率など)

合格最低点も倍率も気にする必要はないです。

進研模試では42~44の間とありますが、音楽科以外は受験すればだれでも合格できるはずです。

入試難易度

どの入試形態でもほぼ全入状態です。

平成29年度は食物栄養科の一般・センター利用でそれぞれ1名、文化コミュニケーション学科のセンター利用で1名が不合格になっているだけです。

どの学科でも合格者の半数以上が推薦入試で合格しています。一般やセンター利用で受験する人は20名に満たず、1桁しか受験していない科もあります。

特待制度

額は少ないですが特待制度があります。

高校時代の総欠席日数が10以内の指定校推薦合格者は初年度の授業料の半額が免除されるみたいです(14日以内だと特別奨学生選考試験を受け成績が上位だと免除に)。

自己推薦Ⅰ期、一般入試A日程、センターA日程でも奨学生になれる道は残されています。

学費

音楽海外の初年度に必要な校納金です。

  • 入学金   :200,000円
  • 施設資金  :100,000円
  • 授業料   :560,000円
  • 教育充実費 :250,000円
  • その他委託費:24,500円
  • 合計    :1,134,500

音楽科は授業料と教育充実費が高く、初年度に1,494,500円必要になります。

卒業までに2,068,960円(音楽科は2,788,960円)必要になります

平成27年以前入学者よりも卒業までにかかる費用が16万円以上増えてしまいました。

学科情報

学校のHPに書かれてあるカリキュラムを基(引用させてもらっています)に、学科ごとに何を学べるかを簡単に書いています。

カッコ内は学年定員です。

健康栄養学科(70名)

食の専門家になるためにカリキュラムが組まれています。

1年次には「基礎栄養学」「調理学」「基礎調理学実習」「食品衛生学」といった科目が受講できます。

2年次には「食品加工学実習」「臨床栄養学実習」「応用調理学実習」など、さらに深い学び、実習が行われるみたいです。

音楽科(80名)

「演奏」「ベーシック音楽」「音楽療法」の3つのコースがあります。

演奏・ベーシック音楽コースでは、ピアノ・声楽・電子オルガン・管弦打楽器を専修するとあります。

音楽療法コースは音楽療法士を要請することを目的にしているとあります。

文化教養学科(70名)

公務員・一般企業・四大編入、中学校教諭2種・司書教諭などを目指すみたいです。

子ども学科(70名)

豊かな感性を持ち、子供の心によりそう保育者を目指す学科です。

保育士の資格を取得できます。

所在場所

福岡女子大学」は福岡県太宰府市五条4-16-1にあります。太宰府駅の隣の駅が最寄り駅なので、天満宮や九州国立博物館などはいつでも行ける環境にあります。

西鉄「五条駅」から徒歩10分です。筑紫台高校の生徒にもみくちゃにされないよう、天満宮川の車両に乗るようにしてください。

その他情報

何かあれば追記します