勉強をする意味

子供たちに勉強をする意味を理解させることができたとしても、それだけで子供たちが勉強をするようになるわけではありません。

それは

勉強しなくてはいけないとなんとなく思っていても、実際に行動に移ることができない子が多くいる現実を見れば分かると思います。

「子供に響く言葉」など、誰かが言った言葉を借りたところで、子供がすぐに勉強するわけがありませんし、勉強をする意味を理解できるわけもありませんし、何も響くことはありません。

勉強をする意味について、いろいろ考えるべきだし、子供たちに日々の生活でそう思わせるようにすることは大切ですが

それは、1日や2日でできるものではなく、

何年も何年もかけて親が伝えていくことで、初めて子供たちが気づくようになるものです。

勉強をする一つの理由

勉強をすることの一つの理由に

「勉強をすることで、勉強することを馬鹿にする人がいる場所から離れるため」ということを言っている人がいたが

確かにそれも一つかも

と思いました。

 

勉強をしなかったとしても、ただそれだけで人生で失敗するということはないし

運良く成功することはある。

逆に、勉強をしたからと言って必ず成功するとも限らない。

 

しかし、勉強をして能力を高めておくことで可能性を広げられることは間違いない

 

何にも打ち込むことをせずダラダラとその日を暮らしている人

「勉強をするなんて無駄だ」勉強をしないことを正当化する人

が集まる場所に自らを置いてしまうことで

それにつられて自分も勉強を避けるようになり

勉強をしないことで考え方が浅くなってしまう。

そうならないためにも勉強をする。

これも、勉強をする理由の1つ…

 

ただ、私が名前を書けばだれでも合格できる高校に進学したので分かるのですが、

勉強を馬鹿にしている子って意外と少なく

努力の経験がないことで何をすればいいのか分からないという子が大半で、

それを「勉強を馬鹿にする人」と捉えるのは少しだけ違うかな~と思います。

小さいころに努力の経験があったならば、

おそらく勉強をしなくなってしまった多くの子(中学生・高校生)も勉強をしていたと思います。

こういうことを考えていると

小学生のうちに

勉強の大切さ

努力の大切さ

を日々の生活で伝えていくことが、想像以上に重要なことなんじゃないかと思うようになってきました。

学歴はそんなに大切ですか?