筑豊高校

筑豊高校についての詳細情報を以下の順にまとめています。

  1. 偏差値・内申点
  2. 定員・実質倍率
  3. 対策
  4. 学校情報
  5. 合格実績
  6. 部活

偏差値・内申点

受験者の多くは偏差値40台前半です。

倍率が1倍を下回ることが多くなったので、受験すればよほどのことがない限り合格ができる状態になっています。

内申点が20台前半で合格している人が大半です。さすがに10台は不安ですが合格の可能性は残されているはずです。

前年度の倍率を考えて受験する学科を選ぶ人もいるので、前年度の倍率が1倍を下回る学科は急激に倍率が高まる可能性も考えられます。

参考:筑豊地区の公立高校偏差値一覧
参考:福岡県公立高校入試情報
参考:通知表・内申点の仕組み

定員・実質倍率

定員・実質倍率です。「難易度」は同高前年比です。

総合ビジネス科

  • 入学定員  :40人
  • 合格内定  :6人
  • 一般合格枠 :34人
  • 一般受験者 :24人
  • 一般実質倍率:0.71倍
  • 昨年実質倍率:1.27倍
  • 難易度   :かなり易しい

H29年度

推薦入学の合格者枠は14人程度とされていました。実際に合格したのは6人中6人(1.00倍)です。

40人の定員から内定者の6人を引いた34人が一般入試の合格予定人数です。

変更で受験者数が1人増え受験者数が30人になりました。昨年度より実質倍率が0.56倍減りました。

H28年度

定員40人に対し、志願者数36人(変更前38人)。名目倍率0.90倍、内定者(15人)を除いた実質倍率は0.84倍でした。

初回合格者が32人だったので8名の補充募集がされました。

ビジネス情報科

  • 入学定員  :80人
  • 合格内定  :33人
  • 一般合格枠 :47人
  • 一般受験者 :56人
  • 一般実質倍率:1.19倍
  • 昨年実質倍率:0.56倍
  • 難易度   :難しい

H29年度

推薦入学の合格者枠は28人程度とされていました。実際に合格したのは33人中33人(1.00倍)です。

80人の定員から内定者の33人を引いた47人が一般入試の合格予定人数です。

変更で受験者数が1人増え受験者数が89人になりました。昨年度より実質倍率が0.63倍増えました。

H28年度

定員80人に対し、志願者数52人(変更前48人)。名目倍率0.65倍、内定者(17人)を除いた実質倍率は0.56倍でした。

初回合格者が49人だったので31人の補充募集がされました。

生活デザイン科

  • 入学定員  :40人
  • 合格内定  :18人
  • 一般合格枠 :22人
  • 一般受験者 :28人
  • 一般実質倍率:1.27倍
  • 昨年実質倍率:1.04倍
  • 難易度   :難しい

H29年度

推薦入学の合格者枠は14人程度とされていました。実際に合格したのは19人中18人(1.06倍)です。

40人の定員から内定者の18人を引いた22人が一般入試の合格予定人数です。

変更で受験者数が1人減り受験者数が46人になりました。昨年度より実質倍率が0.23倍増えました。

H28年度

定員40人に対し、志願者数41人(変更前41人)。名目倍率1.03倍、内定者(15人)を除いた実質倍率は1.04倍でした。

参考:公立高校志願倍率の仕組み

対策

定期テストでよい点数を取るための努力をしましょう。

学校情報

H30年に創立110周年を迎えます。

生活デザイン科は女子生徒しか在籍していません。

在校生数

H29年5月現在の在籍生徒数(左男子・右女子)は以下の通りです。

総合ビジネス

  • 1年:20名・11名
  • 2年:16名・16名
  • 3年:10名・25名
  • 合計:46名・52

ビジネス情報科

  • 1年:43名・31名
  • 2年:32名・15名
  • 3年:39名・37名
  • 合計:119名・83

生活デザイン科

  • 1年:0名・41名
  • 2年:0名・35名
  • 3年:0名・33名
  • 合計:0名・109

所在場所

筑豊高校」は福岡県直方市頓野4019−2にあります。JR筑豊本線直方駅下車徒歩25分なので、電車通学の人は面倒だと思います。バス通学だと高校の前にバス停があるみたいなので不便と感じることはないと思います。

 

合格実績

大学へ進学する生徒はほとんどいないようです。

多くが就職、もしくは専門学校に進学しいるみたいです。

部活

  • バドミントン
  • バレー
  • バスケットボール
  • 野球
  • 陸上競技
  • 弓道
  • ソフトテニス
  • 卓球
  • 書道
  • 情報処理
  • 簿記部
  • ワープロ部
  • 英語スピーチコンテスト
  • 芸術
  • 吹奏楽
  • 茶道
  • インターアクト
  • ライフデザイン研究部