フクト偏差値70はどうしたらとれますか?

ということなので

偏差値70

私が中学2年のフクトを受けても偏差値70を取ることが出来ないかもしれません。

なぜならば満点をとっても科目によっては偏差値60台後半のことがよくあるからです。

フクトでは

英検準1級以上の実力が確実にある私が満点を取っても偏差値66

英検準2級くらいの実力の子でも満点を取れるので偏差値66

という結果になることは普通にあり得ます。

問題が簡単すぎると「実力差が点に現れない」という訳です。

これが大学受験用の模試だったら

上記のようにフクトだと同じ偏差値だったとしても

私は偏差値70台

他の子は30~40台

くらいになるんじゃないかと思います。

 

なお

5教科合計で偏差値70を取れる子も一定数いますが

そういう子は

一部の天才か

通常では考えられないくらいの努力(1日中学校の勉強をしている)をしているはずです。

偏差値70は普通の人がちょっとの努力でとれるものではありません。

久留米附設

仮に久留米附設を受けるとすれば

フクトで偏差値70以上とれたとしても、

公立の対策ばかりで難問対策をしていなければ

100%合格できません。

偏差値なんて単なる参考なんだから

結果として偏差値70以上になったのならそれに越したことはないですが

一定以上の実力になったら偏差値など無視して

合格するために自分が何をすべきかを考えたほうが

合格の可能性は高まります。

高校入試ではありませんが「西南・福大合格発表」にある通り

偏差値30台でも福大に合格できてしまうわけです。

本気で合格したければ偏差値に振り回されないようにしましょう。

中学時偏差値60超でも福大不合格

ついでに書くと

中学のときにフクト偏差値が60以上だったからといって

福岡大学レベルの中堅私立大学に合格できるというわけではありません。

中学時代偏差値60以上あった子でも高校でさぼってしまえば福大にすら合格できません。

中学時代に学年上位で頭がいいと思われていた子であってもです。

大学入試というのはそういうものです。

 

大学入試を甘く見ている子というのは

高校入試のように簡単な問題を少しの努力でできるようになってしまったせいで自分ができると勘違いしていたり

高校入試の時にもたいした勉強をしなかったせいで受験というものを全く理解していなかったりします。

自分の現在の実力が福大に合格できものではないと自覚しているなら

早く中学レベル、高校基礎レベルを終わらせ

大学を受験できる実力になってください。

ちんたらちんたら勉強をしていては絶対に間に合わないということを早い段階で気づいてください。

自分の現在の実力を基準にちんたら勉強していては決して福大には合格できません。

 

中学の偏差値60なんて本当にたいしたことがないんです。

極端に勉強が苦手でない限り普通にやるべきことをやればだれでも偏差値60に達します。

達さないということは

  1. 勉強量が足りない
  2. 集中して勉強が出来ていない
  3. 間違ったやり方で勉強をしている
  4. ミスがあまりにも多すぎる

などが原因だと思います。

 

偏差値60は平均から見ればすごいと思われますが

中学のときの偏差値60は高校での偏差値50くらいなので

中学のときに

自分は勉強ができる

と勘違いしてしまい高校進学後勉強をさぼってしまえば

すぐに偏差値40台になってしまいますよ。