ひびき高校

ひびき高校についての詳細情報を以下の順にまとめています。

  1. 偏差値・内申点
  2. 定員・実質倍率
  3. 学校情報
  4. 進路実績

偏差値・内申点

偏差値が40以上あれば合格の可能性が十分あると思ってかまいません。

内申点も10台前半で合格している人もいます。

Ⅰ期入試は通常の公立高校と同じように作文と面接だけで合否がきまるので作文対策を必ずしてください。作文で最低限のことが書ければ、後は面接で「じぶんがなぜひびき高校で学びたいのか」を伝えられれば合格できるはずです。

ボーダー

Ⅱ期入試は5教科の学力試験が課せられますが特定の科目に的を絞って勉強をし100点以上を最低目標に頑張ってください。そうすれば合格の可能性はあるはずです。

参考:北九州地区の公立高校偏差値一覧
参考:福岡県公立高校入試情報
参考:通知表・内申点の仕組み

定員・実質倍率

定員・実質倍率を書いています。「難易度」は同高前年比です。

H29年度Ⅰ期入試

作文と面接で合否が決まります。試験日は通常の公立高校の推薦入試と同じ時期です。

定員を超えて合格者を出すことはないので、受験者数を定員数で割った数が実質倍率になります。

午前・午後の部は倍率がものすごく高いのでしっかりと対策を取ってください。

午前の部

  • 普通科定員:50人
  • 受験者数 :145人
  • 倍率   :2.90倍

午後の部

  • 普通科定員:30人
  • 受験者数 :113人
  • 倍率   :3.77倍

夜間の部

  • 普通科定員:30人
  • 受験者数 :29人
  • 倍率   :0.97倍

H29年度Ⅱ期入試

英語・数学・理科・社会・国語の5教科と面接で合否が決まります。試験日は通常の公立高校の一般入試と同じ時期です。

午前の部

  • 普通科定員:50人
  • 受験者数 :78人
  • 倍率   :1.56倍

変更前の受験者数81人、倍率1.62倍

午後の部

  • 普通科定員:30人
  • 受験者数 :69人
  • 倍率   :2.30倍

変更前の受験者数70人、倍率2.33倍

夜間の部

  • 普通科定員:30人
  • 受験者数 :43人
  • 倍率   :1.43倍

変更後の受験者数に変わりはありませんでした。

参考:公立高校志願倍率の仕組み

学校情報

単位制の学校で学年のくくりがありません。

普通にイメージしている高校とは違うので入学希望者はひびき高校がどのような高校なのかを理解したうえで受験をしてください。

人とのかかわりが苦手な人

人とかかわるのが苦手な人はひびき以上に合う高校はないはずです。

学年の枠がなく、ルールの範囲内で自分の好きなようにできます。

他の生徒とかかわりを持ちたくないというのであれば、それも可能なはずです。

校則

ないと思ってかまわないです。

高大等連携

高大等連携事業を行っているので、受講できるものに限りはありますが、大学・専門学校の単位が高校を卒業するための単位として認定されます。

ひびき高校は九州工業大学・福岡教育大学・西南女学院大学・麻生医療福祉&観光カレッジ北九州校、福岡美容専門学校北九州校で学ぶことができます。

在校生数

H29年5月現在の在籍生徒数(左男子・右女子)は以下の通りです。

  • 新入年次:88名・151名
  • 在校年次:140名・178名
  • 卒業年次:108名・115名
  • 合計  :336名・444

所在場所

ひびき高校」は福岡県北九州市戸畑区天籟寺1丁目2-1にあります。JR「戸畑駅」から徒歩15分だそうです。

進路実績

学校のフォローがあるとしても、就職も進学ができるかどうかは完全に個人の努力になります。

大学進学を考えている人の中で、私のように学校の授業を聞くよりも独学でする方が効率的に勉強ができるタイプの人は、管理教育で無理やりわけのわからに勉強をさせられるよりも上位の大学に進学ができると思います。