自由ヶ丘高校

自由ヶ丘高校に関連する内容を簡単にまとめました。

目次

  • 偏差値・合否結果
  • 入試情報(所在場所)
  • 英語
  • 行事(オープンスクールなど)
  • 納入金・授業料
  • 特待制度
  • 合格実績
  • その他情報

他の私立高校については以下のページを参考にしてください。

参考:福岡県私立高校入試情報

偏差値・合否結果

偏差値・合否結果を箇条書きでまとめています(参考程度に利用してください)。

スーパー特進

合格者数は非公開なのであくまでも推測ですが、受験者数の半数近くが合格しているはずです。とはいっても合格している人のほぼ全員が偏差値60以上ですし、60台前半でも大量に不合格者がいるので、簡単に合格できるというわけではありません。

スーパー特進に合格しても、九国の難関・S特進に合格している人は少ないので、レベルは九国の特進くらいだと思います。

トップレベルで合格している人の私立併願先は九国の難関かS特進、公立は東筑です。

入学者は合格者の10分の1もいないと思います。

特進1類

スーパー特進と比べたら格段に簡単になります。偏差値55あれば合格できる可能性が高いです。場合によっては50台前半でも合格できると思います。

受験者の3分の1くらいが不合格になっていると思います。

特進2類

不合格になる方が難しくなります。

偏差値40台前半でもよほどのことがない限り不合格になることはないはずです。

30台になるとさすがに合格は難しいみたいです。

不合格者一定数がアドバンスコースで合格しているみたいです。

公立高校併願先は八幡中央・八幡工業・若松・玄界高校を受験して合格しています。

アドバンス

受験者の大半が偏差値40台です。偏差値30台でも合格している人が多くいますが、確実に合格できるわけではないみたいです。

私立併願先として星琳高校・慶成・折尾信愛などを受けたほうがいいと思います。

偏差値30台の人の中には倍率が1倍以下の公立高校を受験して合格している人が多くいます。

入試情報

入試関連の情報をまとめています。

受験料

12,000円

学科・定員

学年定員は480名です。

  • スーパー特進:60
  • 特進Ⅰ類    :160
  • 特進Ⅱ類    :160
  • アドバンス :100

スーパー特進は20名程度が推薦合格者の枠になっています。他のクラスは総定員の20%が推薦合格者の枠になっています。

受験者数

一般入試と推薦入試の受験者数を書いておきます。( )内が推薦入試で受験した人数です。合格者数は非公開なのでわかりません。

  • スーパー特進:1720(17)
  • 特進Ⅰ類    :639(12)
  • 特進Ⅱ類    :261(23)
  • アドバンス :91(48)

入試科目

特別推薦入学試験(学力特待生入学試験)

スーパー特進は、学力試験(国語・数学・英語)・面接・調査書による総合判定で合否が決まります。

一般推薦

特進Ⅰ類は内申点34以上、特進Ⅱ類は内申点27以上、アドバンスは内申点24以上で、且つ、3年間の欠席日数が30日以内(原則)であることが推薦条件です。

試験内容は作文(50分・600字)・面接・調査書による総合判定で行われ、学力試験はありません。

なお、推薦入試で合格した人は必ず入学をする必要があります。

一般入試

入試科目は国語・英語・数学・社会・理科です。

所在場所

自由ヶ丘高校」は北九州市八幡西区自由ケ丘1−3にあります。

英語

リスニングはありませんが、発音問題が出されます。

文法問題も比較的多く出されます。公立の対策を中心にしている中学生にとっては意外と解きにくい問われ方がされていると思います。

読解問題は会話文と英文読解がそれぞれ1題出されます。会話文は公立レベルとほぼ同じと考えて大丈夫です。

英文読解は記号選択問題が多いですが、公立高校よりも若干文章が読みにくいので、解きにくいと感じるとかもしれません。

和文英訳問題が出されますが、英語が得意だと思っている人でも悩むような問題が出されることもあります。苦手な人にが正解できる可能性は低いでしょう。

対策

難問は出ないので、基本、公立高校の対策をしておけば大丈夫です。

高得点を取る必要がある人は直前1か月にしっかりと過去問を解いて、どのような問題が出題されるか必ず確認しておいてください。高得点を狙っていない人は、1回くらい過去問を見ておけばいいと思います。

発音問題は、教科書に載っている単語を暗記するついでに発音も覚えれば十分です。

「ほぼ同じ意味になるように英文を書き換える」という問題に対応できるように演習をしてください。

並び替え問題は比較・分詞・関係詞・熟語などを問うものが出されるので暗記と理解をしっかりとしてください。

納入金・授業料

学校に支払う納入金について簡単にまとめています。

入学時納入金

  • 入学申込金:90,000
  • 施設費  :120,000

月謝

  • 授業料:26,000円
  • 維持費:6,000円
  • 合計 :32,000円

初年度学費は入学時納入金を含め、最低でも594,000円になります。

これ以外に、制服や積立金などもあります。詳細は各自確認ください

特待制度

特待制度について簡単にまとめています。

学力特待

入学金・施設設備費・授業料・維持費が全額給付され、且つ、入学助成金として20万円の給付を受けられる学力特待制度などがあります。

スポーツ特待

学校が指定する部活動の競技種目において顕著な活躍をした人は、入学金・施設設備費・授業料・維持費全額給付される学力特待制度などがあります。

特別奨学金制度

自由ヶ丘高校から現役で九州大学・東京大学・京都大学・国立大学の医学部(医学科)に合格した人は一律50万円の奨学金が給付されます。

合格実績

H29年上位国立大学と早慶上智・MARCH・関関同立・西南・福大・中村学園・九産大・福岡工業大学・久留米大学の合格実績と国公立合格合計数(浪人含む)を掲載します。

国公立

  • 九州  :3名
  • 九工大 :4名
  • 熊本  :4名
  • 国公立計:66名

国公立大学の合格者の20人以上が北九州市立大学の合格者です。

私立

  • 西南 :13名
  • 福大 :52名
  • 中村 :3名
  • 九産 :40名
  • 久留米:13名
  • APU:4名
  • 早稲田:0名
  • 慶應 :0名
  • 明治 :1名
  • 立教 :0名
  • 青学 :4名
  • 中央 :2名
  • 法政 :5名
  • 関西 :3名
  • 関学 :0名
  • 同志社:0名
  • 立命館:15名

その他情報

適時更新していきます。

九国との比較

自由ヶ丘は九国と比較されることが多いです。どちらのほうが楽しい高校生活を送ることができるかで悩んでいるなら、オープンキャンパスに参加し、直感で選べばいいと思います。

大学進学を考えてどちらにするか悩んでいる人は、自分の性格で決めてください。常に上位にいなければ気が済まない人は自由ヶ丘のほうがトップになりやすいので自由ヶ丘、上に人がいる方が目指すものがありやる気が出るというのであれば九国がよいと思います。